MGエクリプスガンダム完成です

長らくお待たせいたしましたMGエクリプスガンダム、
別売りプレミアムバンダイのマニューバストライカーパックもセットでの完成です。

MGEclipse_00toptytle.jpg
トップ画面は勇気を持って正面フカン接写画像で!中心線こそそこそこですが、マニューバストライカーパックは左右上下対称に至らず!さらにタイトル文字が補助線になって非対称性が露わに!

MGEclipse_1.jpg
完成品全景です。(見切れてますが、、)
MGエクリプスガンダム、バンダイプレミアムMGマニューバストライカーパックの組み合わせ、およびMGマニューバストライカーパック付属のディスプレイスタンド、さらにMGフリーダムガンダム(Ver1.0)のビームライフルもつけちゃう、コッテリ気味の完成品に仕上がりました。
MGエクリプスガンダムは飛行形態に変形するのが大きな特徴なんですが、変形機構は勇気を持ってオミット!

MGEclipse_2.jpg
本体の大きな改修点として、カラースキームを変えてみました。
白ベースに青フチが大きなエクリプスガンダムのカラーテーマだと思ったので、その考えを肩アーマーや腰アーマーにも展開してみました。
よーくみてると、実は設定がこのカラーで、キットはパーツの構成状、このカラーが再現できなかった、、くらい自然に見えてきませんか?、、、と言いつつも元ネタはセンチネル2からなんですが >> これ
設定上、フリーダムガンダムがベースということらしいので、MGフリーダムガンダム(Ver1.0)のビームライフルの塗装済み完成品もセットしてみましたが、白ベースに青フチのカラースキームがハマりまくり、全く違和感なし(ないよね?)

MGEclipse_4-1.jpg
さらに勇気を持って、頭部周辺の俯瞰カット!
首前や、肩の上面や、肩のフロントパネルのヒンジ部分などなどの目につきやすい超見せ場的エリアはしっかりディテールアップ。同時にプラモっぽいヒンジや3mm穴を隠します。(この記事の後半でbefore after比較画像を用意したのでそちらでご確認を)
そして頭頂部や胸上面には全体に見られるブレード状の小さなアンテナ(?)を新造。

MGEclipse_4.jpg
腰のリアアーマーのC面もしっかりマスキングして青塗装。
各部アーマーの鋭角の先端はトゲットゲ・ピンピンに整形しました。

■マニューバストライカーパック装備
MGEclipse_6.jpg
ここからマニューバストライカーパック装備型としての解説です。
そもそもエクリプスガンダム自体が、珍しいフォルムということもあるのですが、さらにこの見たことのないフォルムのパックと組み合わせると、かつて見たことのないシルエットのガンダムに変貌します
その空間を占めるボリュームは、、、ご想像にお任せいたします(ニヤリ)

MGEclipse_7.jpg
後からのビューはこんな感じ。マニューバストライカーパックは最小単位のパーツですら複雑な形なのに、それらが組み合わさり、連続することで、その情報量はなかなかのものになります。今回はさらに白ー赤のグラデ塗装をしてますので、見る側の立体把握は相当困難なものになると思われます!。

MGEclipse_14.jpg
マニューバストライカーパックのマーキングは赤をメインに使ってますが、グラデの境目にあえて集中させ、赤い飛沫が飛んでいるように見えないか?その結果全体的にスピード感が表現できないか?と思ったり思わなかったり。

MGEclipse_8.jpg
なので、エクリプスガンダム本体のデカールは、背面のマニューバストライカーパックとの共通性を持たせるため、赤コーション中心に貼り込んだと。

MGEclipse_9.jpg
ビームシールドなどの透明グリーンのエフェクトパーツは、いつものように先端から発光器部に向かって透明が不透明に変化するよう仕上げてます

MGEclipse_10.jpg
ロングライフルを持ったアクションポージング
左腰から抜いて、右手で構える謎画像。(右腰が寂しいと画像が決まらないから?)
ライフルのセンサー部、頭部のセンサー部にはホログラムシートをセット

MGEclipse_11.jpg
マニューバストライカーパックを180°回転させ、ショルダーキャノンのように(やってみた)
腰のロングビームライフルと合わせてフリーダムっぽい攻撃を(させてみた)

MGEclipse_12.jpg
肩前後のパネルを前後に広げたようにセットするとハサウェイの乗機のようなイメージに

MGEclipse_13.jpg
一方、ますますセンチネル2っぽいポージングで >> これ
違和感がない、、。

MGEclipse_15.jpg
マニューバストライカーパック、MA(飛行)形態 
機首の先端にもほんのりグラデ塗装

■Before After パチ組み比較画像
MGEclipse_comp_01.jpg
首を延長し、後方へオフセット
肩口にパイピング追加
腰のフロントアーマーは外側に向けて大型化
フンドシ部分は大型化して前方にオフセット

MGEclipse_comp_2.jpg
肩アーマー上面の穴を塞ぎつつディテールアップ
首前方にディテール追加
肩前方のパネルのジョイント部分のディテールアップ
肩後方のパネルの裏側の肉抜き穴を塞いで、ダクト状ディテール追加
腹部にフレーム状ディテール追加
モモとヒザアーマー部間の隙間を埋め、少しでも鳥脚に見えるように加工

MGEclipse_comp_03.jpg
各アーマーのC面にオリジナルカラースキームとして青色をペイント
各アーマーの先端をトゲトゲ加工
各アーマー裏面に影色(ジャーマングレー)塗装

MGEclipse_18.jpg
腕の大型アーマー裏面ものっぺりしていたので、メカやパイピングを詰め込みました

■ディスプレースタンド
MGEclipse_19.jpg
ディスプレースタンドはMGマニューバストライカーパック付属のものを改修・塗装しました。

MGEclipse_スタンド
他キットからの流用パーツを中心にパイピングもレイアウトし、何かのプラント感を出しつつ作成

■制作プロセス
DSC_0026のコピー
フンドシ部分を大型化し、前方にオフセット

MGEclipse_process01.jpg
モモとヒザアーマー部間の隙間を埋め、少しでも鳥脚に見えるように加工

制作プロセスについて詳しくはこちらから>> http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-1119.html


いつも最後まで見ていただき感謝です。>> mat




MGフリーダムガンダムVer.2.0も製作してる


MGエクリプスガンダムとあわせて、MGフリーダムガンダムVer.2.0も製作してます。
しかも結構工作は進んでいて、塗装ちょい前といったところなので、エクリプスに続き、こちらも遅ればせながらここまでの制作をまとめます。

free-comp-01.jpg
実はこのMGフリーダムガンダムVer.2.0のキットですが、、製作したことがあるモデラーさんも口を揃えてコメントされるんですが、実はなかなか難しいキットです。
人気主役機のしかも完全リニューアルキットという期待の高さもあるんですが、キットを組んでみて「かっこいいような気がするんだけど、ん?ん?」となるのです。
確かにディテールは最近のSeed系のMSのように細かいのですが、肝心のプロポーションが「ん?ん?」なのです。
しかもどこをどうすれば変わるのかいまいち掴みきれないという。

DSC_0006-comp_20211114071925dc2.jpg
そこで、今回の改修ポイントをざっくり、首の長さ位置の変更、鳥脚化、ハイヒール化、に絞り込んで製作しました。
詳細は以下のように手書きで解説です。

E57SlquVUAgzdDq_20211114070851c20.jpeg

E57S3_eVUAE6qhW_20211114070905a6a.jpg
肩や脇腹、腰側面にはエポパテでフレーム状のディテールを新造しました。
このディテールはメカニカル感が向上するほかに、見る角度によって、全体のプロポーションががっしりに見えたりスリムに見えたり、非常に面白い効果があります。
作り方は簡単で、本体のフレーム状のディテールを付けたい部分にメンタムを塗って、エポパテを押し付けます。その時にスパチュラ(ヘラ)などでそこそこ形状を整えておくのがポイントで、硬化後はメンタム効果でぽろっと取れるので、ヤスリで整形して出来上がりです。取り付け部分の形状はしっかり転写されており、取り付け部分には超密着しますので、周囲に溝を掘ってやれば、ポン付感もなく、装甲の隙間から生えて出てきた感も出せます。

E5h9TlkUYAAcIS3.jpeg

DSC_0001のコピー
さらにちょっと細かいですが、このような穴の中に、、

PXL_20210812_073858373.jpg
細いプラ棒を裏から貼り付けるなどなど、さまざまな解像度でディテール追加を楽しみました

DSC_0020_2021111407085493a.jpg
さらにモモのフロントパーツを上部に延長し、「見た目」足の長さを延長してプロポーションは大体決定。
今は、過剰とも感じるキットのディテールは削除するなり全体のバランスを整え中です。

head_comp.jpg
そうそう、どうしてもアンテナ間の幅の狭さが気になったので、MGフリーダムガンダム(Ver.1.0)から流用してます。もちろんそのままでは使えないので、取り付け部分と、赤い部分の形状を大幅に見直してなんとか、、。

全体的に何度も見直して、いろいろ過不足ないか確認して、塗装工程に入ります。



MGエクリプスガンダム塗装直前

そのこれまでのガンダムとは違うシルエットで俄然興味を保ちつつ、ふわっと作り始めたMGエクリプスガンダムですが、いつの間にか改修も終了し、塗装直前まで工程が進んだので、ここら辺で遅ればせながら記事化します。

DSC_0007_20211106063720926.jpg
組んでみてもやっぱりこれまでのガンダムとは違う、、鋭角基調のガンダムで格好いいですね。
改修の方向としては、整形の都合で緩くなったエッジを際立たせ、さらにトゲットゲにする感じです。
変形機構はいつものようにオミットの方向で。

DSC_0013_20211106063718725.jpg
SEED系のガンダムですが、背負いモノがない。その分腰の細さと上半身と脚の力強さがよくわかって、背面も格好いいですね。
腕のアーマー類も肩のシルエットも、肩の前後についたΞガンダムのようなアーマー(翼?)も、、あれれ、、思ったより格好いいぞ、、。

DSC_0015_20211106063318879.jpg
SEED系のガンダムといえばアクションポーズですが、やっぱりキマるわ、、。
ここで、んん?と感じたのが、1枚目の正面画像より2枚目の背面画像が、2枚目より3枚目のアクション画像が格好良く見えるのは何故?

DSC_0022_20211106061942e14.jpg
それは膝の角度設定にあるのではなかろうかと、いつも膝が曲がっているように見えるのが、デフォだとすると手を入れざるを得ない。鳥脚気味大好きなので、、。
ただ、デザイン上鳥脚にはならないので、膝上の隙間をエポパテで埋めることにしました。こんな感じで。

DSC_0023のコピー
あとは股間ブロックを前方に突き出しました。ガンダム系のこの部分のバランスとしては、胸先より股間ブロックの方が若干前方に、、がウチのバランスなんですが、このエクリプスは胸先が常に突出しているので、こんなものかと、、
あと首を若干延長すれば、大体プロポーション的には収まるかと思います。。

DSC_0021_202111060655245fc.jpg
首を延長して、これくらい顎が引ければOKでしょう。
この画像、全体的に整面済で、アンテナなどはすでに痛いくらいに尖らせています。

DSC_0039_20211106061945524.jpg
そうそう、肩アーマーにくっつく羽アーマーですが、裏側はこんな感じで処理しました。広く浅い肉抜き穴をエポパテで埋めつつ、飛行形態に変形することをちょっとイメージするようなフィンをつけました。(今回は変形オミットモデルですが)
組み立て完成後、この部分がチラッと見えた時に模型映えするはず、しなさそうだったら、こう言うところこそマーキングして、目立たせる!
そうそう、翼断面にもディテールを掘ったので注目!



エポパテはいつもこれ。
切削感が最高です。模型で軽量は正義!

DSC_0026のコピー
あと矢印部分にはパイピングをしました。ここもチラッと見えた時に模型映えする、、(以下略)
パイピングはこちらで詳細に説明してますのでよければ見てください
ガンプラのオススメHow to パイピングについての話 >>

DSC_0034のコピー
その後、さらに各部を尖らせ、もうどこを持ってもイタタですよ。小さなアンテナを各部につけたり、腰のフロントアーマーをプラ板で大型化したり(これはHJのkeitaさんの作例記事を参考に)、MGフリーダムVer.1.0のライフルを持たせたり、

DSC_0035のコピー2

DSC_0032のコピー

付属のディスプレイスタンドも整面して、ディテールを追加したりして工作を楽しみつつ、いよいよ塗装工程に入ります。