プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

【更新】ガンプラのオススメHow to インデックス


いつのまにか「ガンプラのオススメHow to」も59エントリーですよ。
定期的にバックナンバーをまとめてますので、どうぞー。

IMG_0278_20170115194822a0b.jpg 
【近況】今は東京のマンション住まいなのでドムトグフは洗面台で塗装と仕上げを行いました。工夫次第でプラモはどこでもできる、はず。

最近の更新分 new!

[その他]ディスプレースタンド 旧キット選手権の場合
[改修]装甲の厚みを感じさせる部分C面処理
[工具]こじ開けはパチ組み必需品です 
[改修]ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ
[工具]いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話



バックナンバー

[もう一度初心者] 模型ライフリスタート
[塗装] スミ入れ色の話  
[塗装] ブルーグラデ塗装のちょっとしたコツ
[塗装] 色味のコントロールの話
[塗装] いつも使っている色は
[素材] 溶きパテの話
[素材] 夏休みっぽく今回は虫ピンのお話です
[素材] パイピングについての話
[仕上げ] 極薄シールで作るディテール表現
[仕上げ] リカバリーはカラを破るチャンス(かも)
[仕上げ]妄想を刺激する、覗き込まなきゃわからないディテール
[仕上げ]最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話
[仕上げ] 影部分の処理の話 
[仕上げ]影部分処理の話 その2 穴の表現
[仕上げ] プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム
[仕上げ] アクセントの手段としての光沢
[仕上げ] デカールの段差処理のひと手間
[仕上げ] 伏線の回収 デカールの段差
[仕上げ] レッドポイントの作り方と貼り方の話 
[改修] ミキシングで旧キットをアップデート
[改修]C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすい
[改修]楽しいミキシングを強く勧めるよ 
[撮影] 画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ
[撮影]ガンプラのオススメ撮影 How to まとめ
[撮影] なぜ白背景なのか?その作り方は?
[撮影]カメラ周辺の機材や小道具の話
[撮影]レフ板を使って目を光らせよう 
[撮影] 自作のグラペでコンバージを撮ろう
[撮影] 撮影環境についてー
[撮影] 新・撮影環境についてー
[撮影] ポージングと画像についてちょっとしたこと
[撮影] PGストフリをどう撮るか?
[構想] PCでプロポーション検討の話
[構想]カラーリングの変更は急がば回れ
[工具] 精度なディテールが簡単に スプリングコンパス ディバイダー 
[工具] マスク使ってる?
[工具] タガネの切れ味を復活
[工具] 新しいツールを手にいれた 最近のヤスリの話
[工具] 研げるのはタガネだけじゃない
[工具] ドレン&ダストキャッチャーII 使ってみた
[工具] 塗装の水対策
[工具] エアブラシから水がー!
[工具] 工具購入
[工具] 新兵器到着 塗装環境
[工具] 製作環境ーよく使う道具は
[工具] 製作環境ー小物入れ
[改修] FW GUNDAM CONVERGEの改修の話
[改修] 手は口ほどにモノを言うの話
[改修] 異次元の精密さ エッチングパーツを使おう
[その他] iPadでモデグラ150冊 iPadのモデラー的活用
[その他] 完成癖の話
[その他] 作業スペース
[その他] モデグラを150冊自炊した
[その他] 椅子が来た

MG ガンダム THE ORIGIN改修フルウェポン仕様アップ


お待たせしました。
MG ガンダム THE ORIGIN版 フルウェポン仕様改修完成品アップです。

■ヤフオク >> 出品中 1/8(日)まで
http://page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o168590001

MGガンダムTHE ORIGIN版はかっこいいのですが、デザインに若干のアレンジがあります。
今回はTHE ORIGIN版をベースにMGガンダムVer.2.0の肩やシールドを流用してノーマルなガンダムが再現できるように改修しました。
THE ORIGIN版にはないMGガンダムVer.2.0のビームジャベリン、コアファイターも付属します
さらにTHE ORIGIN版のバズーカをもう一個用意し、最終決戦仕様も再現できます。
各武器はシールド他にマウントできますので、「全部のせ」のフルウエポンにすることも可能です
そのあまりの迫力にフルウェポン仕様が今回のメインビジュアルになっています。
ではどうぞー。(今回はちょっと長目ですよ)

top-image-02.png


■MGガンダムTHE ORIGIN版
まずは MG ガンダムTHE ORIGIN版のご紹介から

DSC_0261.png

THE ORIGIN版の本体は肩アーマーと前腕側面袖口のバルカンに特徴があります
両肩のガトリングガンとミサイルランチャーはクセが強いのでオミットしています。個人的に肩には何もない方が好み。
このようにTHE ORIGIN版のデザインの再現度が低めなのは、今回の制作の狙いが「ノーマルのRX-78表現をTHE ORIGIN版をベースに行う」ことにあるからなのでどうかご理解を、、、、。

DSC_0259.png

DSC_0267.png

DSC_0266.png

MGガンダムTHE ORIGIN版での武装面の特徴は背面のショルダーキャノンと前期型ビームライフルです
シールドもデザインは若干Ver.2.0とは異なり、設定上は上下逆さにマウントするようですが、ここも好みで正位置で。
(もちろん上下逆さにマウントすることもできます)

DSC_0273.png

DSC_0268.png

注:THE ORIGIN版キットの肩と袖口のバルカンのエフェクトパーツは付属しません


■MGガンダムTHE ORIGIN版+Ver.2.0
続いて【本命】Ver.2.0を使ったノーマル版ガンダムのご紹介

DSC_0254.png

肩アーマーをVer.2.0に腕の袖口のバルカンをノーマルパーツに、ショルダーキャノンをビームサーベルに換装し、
ノーマルなガンダムにすることができます(むしろ今回はこっちがメイン)
過去マスターグレードで、数多くのRX-78が発表されましたが、私はこの組み合わせが最もかっこいいと思います

DSC_0137.png

ビームライフルはTHE ORIGIN版の後期型ビームライフルです。非常に造形がかっこいい。

DSC_0150.png

画像のシールドはVer.2.0のもの。THE ORIGIN版のシールドよりデザインに癖がなく、腕へマウントした時に腕への距離が短く密着感があります


■THE ORIGIN版+Ver.2.0 最終決戦仕様
【大本命】ハイパーバズーカを2本持っての有名な最終決戦仕様です

DSC_0171.png

最終決戦仕様の2本バズーカはともにTHE ORIGIN版のもの。グリップの角度を変えることができ、造形がかっこいいです。
あ、右手もちのハイパーバスーカ後部のフックが回っている、、。(これ動きますので、元に戻せます)
DSC_0177.png



■THE ORIGIN版+Ver.2.0 フルウェポン仕様
【大本命その2】武装を全部マウントしたらどうなるのか?と制作途中で試してみたら、これが、、少々ミーハーですが、かっこいいものはかっこいい。

DSC_0219.png

武装と武装に挟まれた頭部前方周辺の空間感が好きなんです(←何言っとるん?W)

DSC_0231.png

DSC_0221.png

フルアーマーユニコーンガンダム体験を経た後ですと、これでも大人しく見えますが、もはや、RX-78の最終決戦仕様では満足できない、、w

DSC_0200.png

DSC_0186.png

間違い探しのようですが、ビームライフルのマウントの向きが上の画像2枚で異なります。いろんなマウントのやり方が可能なようです。

DSC_0178.png



■ディテール説明
付属品や今回改修したディテールの説明です

MGgundamOrigin-up.png

ツインアイはキット付属のメタリックシートを切り出したもの
実はこのキット、マスク部分の両サイドの縦ラインのミゾが入っていないので、コリコリと。ついでに小顔化も。
今回多用した黒ベースに白いテキストが入ったマーキング(腹の赤い部分)、黒い部分はハセガワの極薄シート(つや消し黒 フィニッシュ)を切り出したもので、その上から白文字のデカールを貼りました。今回のように白地にはグレーのコーション、青地とフレーム色には白のコーションにした場合、赤地にも白を使うと全体的にぼやけた印象になってしまいがちなので、そんな時にグラフィックのバランス的にこのような変化球が効く(のではないか)と思います。

DSC_0209.png

パイロットフィギュアも仕上げました
まずはアムロ(ノーマルスーツ仕様)。
ここに立たせ、この角度から撮影するためのフィギュアのポージングなのでは?と感じた個人的今回のベストショット。

DSC_0212.png

続いてアムロ(私服立ちポーズ)
(コクピット奥に座ってる2人目のアムロもちらっと見えますが、気になさらず、、)

DSC_0213.png

最後にアムロ(私服座りポーズ)コクピット内も仕上げたのですが、見えない、、。これを覗き込む系ディテールと(勝手に)呼んでおります

Cd5KW9qUUAE1M18.jpg

覗き込む系ディテールで言いますと、この矢印部分も、、

Cd5KW37UkAA9SkA.jpg

このようにダクト奥にハニカムメッシュをセットしました。
覗き込まないと見えない。

1DSC_0004_20170104204231753.png

覗き込む系ディテールもう一丁。

1DSC_0004-02_201701042042300c3.png

これに至っては覗き込んでも見えないかもしれない
ハードポイントの奥に貼られたマーキングなど誰得?なディテールですが、製作者と手に取った方が盛り上がれればいいと思うのです。
「覗き込み系ディテール」はこちらに詳しく説明しているので、ご参考まで >> http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-877.html

DSC_0269.png

今回のディテールで最も決まった(、、と個人的に思い込んでいる)のが、膝裏のライトグレーの配色と、レッドポイントの入り具合。なぜそう思うかよくわかりませんが、心地よく感じるのです。

DSC_0279.png

足裏の仕上げとふくらはぎ部分のバーニアを展開したショット。


■武器や付属品など
DSC_0249.png

ビームジャベリンはVer.2.0のもの。
先端のクリアパーツはうすーく蛍光ピンクでペイント

DSC_0252.png

ビームサーベルのブレードも2本(ペイント済み)付属します

DSC_0244.png

コアファイターとディスプレースタンドはVer.2.0から。
変形構造はオミットしました(多分、、)。
キャノピーはスモーク仕上げ、キャノピー前方には偏光シートセット

DSC_0243.png

DSC_0265.png

ディスプレースタンドはMG ZガンダムVer.2.0付属のカタパルトデッキを改修したものです
アーガマっぽいディテールを削除して、ホワイトベースのカタパルトデッキに見えるよう改修しました
このように付属のコアファイターなど並べることができます

deck-normal.jpg

改修前のディスプレースタンド。緑丸部分などのアーガマを連想させるディテールを削除しました
あと表面の引けの処理がすごく大変だった(小声)

DSC_0286.png

このようにディスプレースタンドのアームを展開して、浮かせた状態でディスプレーすることも可能です。カタパルトはポジションの変更可能です
今回唯一のアクションポーズ(弱っ)

DSC_0245.png

ディスプレースタンドはのっぺりした仕上げを避けるため、清潔感を損なわない程度にのグラデーション塗装や、コーションデカールの上から軽くオーバーコートを施しました。

DSC_0284.png

各部のメタリック仕上げも金属光沢を調整してかなりベースの塗装になじませています
カタパルトデッキ全面に施された丸凹ディテールはガンダムセンチネルのゼータプラスのあれ。(←それアーガマ時代に戻ってる??)

DSC_0281.png

シールド裏面は塗装で仕上げ分けしました。これはTHE ORIGIN版

DSC_0282.png

このシールドはVer.2.0版です

DSC_0290.png

DSC_0028_201701042049100b0.png

前期型ビームライフル
肉抜き穴処理、ライフル上面にフレーム状ディテールを追加、ライフル先端にアンテナ追加、センサー部分にホログラムシートセット

DSC_0297.png

後期型ビームライフル
肉抜き穴処理、ライフル上面にフレーム状ディテールを追加
塗装仕上げ分けで密度感アップ

DSC_0292.png

DSC_0024 (1)

ハイパーバズーカ
グリップ部分の肉抜き穴処理、スコープ部分にインナーフレームとレンズを追加、

DSC_0299.png

バズーカマガジンラック上面にフレーム状ディテールを追加
弾倉後端に精密金属部品セット



■ノーマル改修比較画像 Before ↔︎ After

normal comp front

各部のディテール追加がメイン工作で、大きなプロポーションの変更は行なっていません(、、なのにこのかっこよさ!キットの出来の素晴らしさ所以です)

normal comp back

いつも通りのBefore↔︎Afterの比較画像ですが、キットを2個並べて撮っているわけではないので、微妙に(画像によっては大きく)アングルが違う、または兵装など仕様が違うことはご容赦を、、。

normal comp front-01-maru

■頭
・頭頂センサーの穴が小さすぎと感じたので拡張
・フェースを小顔化
・各センサー部にホログラムシート

normal comp back-01-maru

■バックパック
・バーニア内にインナーパーツと精密金属部品をセット
・バーニア基部に赤いパイピング
■背面
・背面腰付近にフレームディテール追加
・わき腹にフレーム状ディテール追加

normal comp top-maru

・肩アーマー上部にフレーム状ディテール追加
 画像はTHE ORIGIN版ですが、Ver.2.0の方アーマーも同様の処理をしています
・胸上面にスジ彫りなど追加
・コクピットブロック上下にフレーム状ディテールを追加

normal comp weapon

・シールド裏面は一体成形なので塗装で仕上げ分けしました。

■制作途中
今回まずは複数のキットから今最もかっこいいと感じるRX-78の組み合わせを模索しました
詳しくはこちらから ブログ内エントリー「理想のMG RX-78を巡る旅」
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html

DSC_0006-510_2017010420575570a.png

左から、THE ORIGIN版、肩とシールドをVer.2.0、胴と肩とシールドをVer.2.0、今回最終的に選んだのは真ん中。
バランスが非常に良かったです。個人的には過去キット中最強。

process-01.jpeg

今回初めて赤、黄色部分の下地はピンクサフを使ったのですが、非常に簡単に発色します。特に黄色部分には全力でオススメ。

process-02.png

こんな感じで、特にC面の整面を念入りに行いました。
詳しくはこちらから 
ブログ内エントリー「C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすいという話」
>> http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-869.html


以上です。長々とした説明をいつも最後まで見ていただき感謝です!
mat modeling service >>

2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの その8(年も越えたし最終回)


鬼斬シリーズ

IMG_0232_20160703081012fda_20170101110359b9d.jpg

詳しくは以下のエントリーを見ていただきたいのですが、
2016年はヤスリ環境を一新し、ある程度その使い分けが確立しました
曲面は神ヤス、一般面は面だしヤスリ、そしてシャッキリ平面や細部はこの鬼斬シリーズです

新しいツールを手にいれた 最近のヤスリの話
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-842.html

いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-890.html

キットのパーツには平面に見えても微妙に大きなRがついている面が多いのですが、それらを全てシャキシャキにしてしまうとポリゴンぽくなってしまい、立体の豊かさが失われてしまう場合があります。
この鬼斬シリーズで整面すると、削れすぎてしまうため、のの大きな面の情報が失われてしまうのに注意が必要。それだけ切削しやすく、逆にフラットな面を作るには最強です。

IMG_0248_201701011109142bf.jpg

武器などの側面の幅の狭い細かい部分は微美鬼斬、狭い平面は薄刃鬼斬、大きな面には鬼斬というように使い分けると吉、ですよ。

「2016年模型とその周辺で使ってよかったもの」シリーズ「その10」まで2016年内にアップする予定でしたが、一旦その8で終了ー。今年の一発目は久々の完成品のアップです。

2017年今年もよろしくー。

  



2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの その7


面出しヤスリ

DSC_0029_201512060910011b1_20161229091201381.jpg

薄い木の板の両面に貼り付けたヤスリですが、これが整面には最高なんです。

DSC_0019_20161229091203558.jpg

買ったそのまま使ってもいいのですが、このヤスリのいいところはハサミで切って好きなようにカスタマイズできるところだと思っています。
ベースが薄い木の板なので、木目に沿って切った場合(A)と、木目に対して垂直に切った場合(B)では使い勝手が変わるところも面白い。具体的にいうと、、

DSC_0022_20161229091204b19.jpg

Aの方向で切った時はコシがあり硬いまま。細かい部分のC面処理もOK。さらに細かく切って、ピンセエットに挟んでやすることもできます。そんな使い方の時でも紙やすりを折り重ねてピンセットで挟んで使うより、精度が必要な部分では全然アドバンテージがあります。

DSC_0023_201612290912062bf.jpg

Bの方向で切った場合は、これ、びっくりするくらいフワフワの柔らかい使い心地になります。ちょっと前回のエントリーのスポンジタイプの神ヤスの使い心地に近づいた感じです。でもこっちの方向で切って使うことってほとんどないんですよねw

使っているうちに目が詰まったりもしますが、スポンジでひと撫ですると結構復活します。さらに使っていると本来の番手の削り具合には及ばなくなってきますが、そのまま使っています。240番で買ったものを340番として使うように、持ってる面出しやすりの番手が全体的にシフトしてゆく感じです

最近は歳のせいか製作中眼がきつくなることがあって、立体の変化が掴みにくいガンダム系の白いプラ材の整面がやりにくくなってきました。そんな時には一回サフを吹いて、削った面の仕上がる具合を確認しながら作業するといい感じですよという話は以下のリンクからどうぞ

DSC_0028-1_20161229091505894.png

C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすいという話
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-869.html


  


2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの その6


神ヤス

DSC_0026_20161228232658672.jpg

去年のTgTの忘年会でTgTのARUEさんに「使ってみ?」といくつかの番手を小さく切り取ったものをいただいたのですが、手放せなくなてしまい、刻んで何度も使って、使用後は小袋に入れてまた使って、いい加減ボロボロになって、「あ、製品を買えばいいんだと(←アホか)」。
ホント凄腕のモデラーさんに勧められると購入欲に抗えない、、

こんなスポンジやすりが短冊状になったのものなのですが、3mm厚と5mm厚が用意されてまして、
思うような大きさに切って使っています

IMG_0044_201612180641355b7.jpg

特に曲面の多いジオン系MSの制作に便利です。というかこれがないと!レベルの商品です。
上の旧ザクは5mm厚で面出しもやりました、、が面出しなら次のエントリーの商品がオススメですね。

 

2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの その5


ゴッドハンド アルティメットニッパー

31t3uFqGUL_20161228230828e88.jpg

これまでタミヤの薄刃二ッパーヒトスジで三代使い続けてきましたが、ここでリニューアルしました。
というのも模型レビューサイトなどを見ていて気がついたのですが、パチ組した見本完成品のランナーから切った後が非常にシャープで変色もしていない、、調べてみるとこのミッパーを使うと同じ効果が得られるということ。
もう一つはTgTのアゲハさんに勧められたこと。(凄腕のモデラーさんに勧められると購入欲に抗えない、、)

使ってみると、タミヤは「パチッ」(でも極めて精密な触感)ですがこっちは「ニュ」(無音)って感じ。少しランナーが残し気味になった部分も静かに切り取ることができ、パチ組時にデザインナイフを使う機会が減りました。
まだ使い始めてまもないので耐久性は不明ですが、(タミヤの薄刃ミッパーの耐久性はものすごかったんです)大切に使っていこう。ランナーの太い部分を切らないように気をつけよう。

Cz2mL3WVEAEySMr_20161228230939c5f.jpg

先日の模型制作会でのYumoさん愛用ツールとの2ショット。愛用ツールは自分の分身とも言えるもの。このニッパーもそのような存在になればと願って。



2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの その4


ボビーワゴン

ちょっと話が傍にそれる感はあるものの、重要なモノなんです。
この春から東京に来て、長野の自宅の作業場を離れ、転居先はマンションです。自分の模型の作業場は確保できず、リビングのテーブルで作業をしています。そんな状況ではカッターマットや、細々しているツールをさっと取り出せないと、製作しない日々がどんどん過ぎてしまします。そうそう、普段は収納されているけれど、極力すぐに製作に取りかかれる環境が必要だったんです。
リビングに置けるデザイン、たっぷりとした収納性、自分のそばに寄せることができる可搬性を備えた収納家具ってそうそうないですよ。

414vMyPt4QL_201612282256266b5.jpg
このボビーワゴンは、実はずーーっと以前から狙っており、コンランショップのセールで買いました。むしろ手狭なマンションに引っ越したら買えるくらいの勢いで。

プラ製ですが360°全て収納という感じで、様々な種類のものをいろんな場所に収納できます。(美容師さんが愛用していることが多いので、よく見かける方もいらっしゃるかと)

IMG_0476_20161218113342493.jpg
カッターマットなどの長ものは右側面に
ツールなどが入ったポーチは左側のポケットに

IMG_0475.jpg
ツールは回転式の引き出しに
模型誌なんかはこの画像の最下段に収納します。

念願のワゴンなので、買えた時はほんと嬉しかった。
好みがあるので誰にでもオススメすることができるわけではないですが、自分の中では堂々のランクインです。