Ver.Ka遍歴を語ろうか

いきなりですが、Ver.Kaのキットをいくつ作ったことがありますか?
いうまでもなく、Ver.KaとはMGガンダムVer.Kaから始まった、カトキハジメ氏徹底監修のキットのことであり、シリーズ開始当初はカトキ氏デザインのMS中心のラインナップでしたが、近年は他デザイナーのMSのカトキ氏アレンジ+徹底監修といったものも多く、相変わらず私にとっては次は何?といった興味を最も掻き立てられるシリーズな訳です。
店頭での特徴としてはタミヤのMMシリーズを彷彿とさせる白バックで格好いい素立ちポージングのパッケージが挙げられます。

さて、冒頭の質問ですが、今年の夏休みに作成するキットとして、久しぶりにVer.Kaのキットを購入したこともあり、これまでいくつか作成したVer.Kaを振り返ってみました。
以下、パッケージ、完成品の順で紹介します。


■MGガンダムVer.ka
56669454_B.jpg
記念すべきVer.Kaの第一弾。発売された時は夢かと思いました。
ネットの浸透も現在ほどではなく、店頭で初めてこのホワイトパッケージを見た時はしびれました。

mg-proto-004.jpg
で、制作したのがなぜかプロトタイプ。胴は定番のMGジムカスタムの流用です。設定上白いところをシルバーで塗装したのがポイント。
脚も延長してるなー。画像小さいなー。


■MGウイングガンダムVer.Ka
mg_wingka_000.jpg
これも発売された時は夢かと、、(そんなシリーズなんです)
今でも通じそうなプロポーションと、豊富なウエポン類が付属しており、お得感がものすごい。
実はプラの成型色も非常に美しく、甘美。

DSC_0020_20200802160751401.jpg
ストレート組みに見えて、結構手を入れていて(特に胸の黄色いところとか、両肩のバルカンポッドが入っている部分とか)、実はまだ完成していないという。
もう、十数年この状態ですが、そんなことをしていると、現代の自分のディテールと全然合わなくなってしまい、どうしようか迷ってるところ。
肩の白い部分だけツヤッツヤにしているのがポイント。甘美さ倍増。


■MGVガンダムVer.Ka
vverka.jpg
これも発売した(略)
小ぶりなMSなのに、変形するし、コアファイターも入ってるし、凝縮感がものすごい。
もともとディテールの少ないデザインをベースに、ガツンと効かせたディテールの疎密加減がさらに凝縮感を加速させている。え?何をいってるかわからない?そんなはずはない。

20100213223247319_20200802160742beb.jpg
、、のせいか、手が縮こまって、全くディテールを追加することができなかった。でも満足。、、な変な印象を制作後に感じた、もう一回作んなきゃいけない模型。
詳細はこちら >> MGVガンダムVer.Ka


■MGユニコーンガンダムVer.Ka
603059720.jpg
数年の海外赴任から帰国後真っ先に買った模型。
その直後くらいにフルアーマーの設定が公開され、2個追加で購入。シールドが3個必要だから。(←おかしい)
でも Ver.Kaのキットはどれもパーツのディテールが格好いいから、流用パーツとしても超優秀。
本体が余っても使い道はあるある。

DSC_140095_20200802160741468.jpg
完成までこぎつけたのが、自分でも信じられない。いくつかの兵装はフルスクラッチだし、複製もしてるし、実はプロポーションも脚を短くしたり結構変更している。
そうそう、サイコフレームの色は青信号の色を目指したんですが、割と気に入っています。
詳細はこちら >> MGユニコーンガンダムVer.Ka


■MGνガンダムVer.Ka
10197156p.jpg
この辺りから、主要なガンダム系MSのカトキ氏によるリファインが始まったのか?それはそれで嬉しいぞ、なνガンダムVer.Ka。緑のサイコフレームの処理も全然受け入れます。

MG-n_verKa_5-01_20200802160749552.jpg
ダブルフィンファンネル仕様で制作しました。
めちゃくちゃ格好いいんですが、撮影がうまくいった、という印象しかないのはなぜ?
詳細はこちら >> MGνガンダムVer.Ka


■MGクロスボーンガンダムX2Ver.Ka
IMG_8089.jpg
プレミアムバンダイ限定のVer.Ka
実は当時制作していた別のMSのパーツ取り用に購入しました。その対象は、、

DSC_0057-s_202008021607380c8.jpg
RE100のビギナギナです。ベラロナの駆るMSとして、そしてクロスボーンガンダムとの関わりを感じるような改修を試みたのですが、そうなるとショットランサーやクロスボーンガンダムの武装一式はもたせたいし、胸左右のフックなどの共通性も、、ということでクロスボーンガンダムX2からいろいろいただきました。でもその他の部品も今制作中のエターナルなどに使われていて、十分以上に元は取っていると思われます。
詳細はこちら >> RE100のビギナギナ
詳細はこちら >> PGエターナル

、、ということで、結構これまで制作してきたVer.Kaですが、今夏制作するのは!?
早く到着しないかなー。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200802181851931_COVER.jpg

来た。でけー。



今朝もビルドダイバーズRe.RISEにハマる

日曜朝も早く起きて、昨夜の撮影の続きなど。
サタニクスガンダム状態だったのを、アーマーを外して、また素のコアガンダムIIに戻して、サタニクスユニットをフレームにセットして(マメ、、)、ウラヌスアーマーを分解してユーラヴェンガンダムに換装(名前が覚えられない、、)
一回脱着を経験すると、スルスルとできてしまうものです。ホントよくできてる。そして楽しい。
しかし、この換装システムを活かすと、いつものように塗装まで仕上げることはこのプレイバリューを損ねてしまうことにもなるなとも感じました。
特に肩の換装はコアガンダムIIの肩の凹ミゾにスライドして差し込む方式なので、なんらかの非接触系の対策を取らないと、塗膜剥離のリスクがありますね。
もしくはいづれかの形態限定で仕上げるとか、、。
一方で足の換装構造はホント見事ですね。コアガンダムIIの足裏のディテールが効きまくりでうっとりします。ここも皆にもぜひ体験してほしい。
、、ということで、サタニクスガンダムとユーラヴェンガンダムはここまでで、今後発売される換装パーツを見守って楽しむバンダイ推奨(?)の楽しみ方で行きますよ。

今朝は昨日に加えて、コアガンダムIIとゼルトザーム、ユーラヴェンガンダムとゼルトザームを何枚か撮りました。

DSC_0022_202008020630219b5.jpg

DSC_0025_20200802063023403.jpg
このガンダムウェポンズ感

さてさて、いよいよ来週から夏期休暇に突入しますが、その間作成する模型のアレンジも抜かりなし。
大型キットが今日届きます。休暇中にどこまでできるか、できれば初日にくみあげるところまで行きたい。そしてできれば、この休み中で工作までは終わらせたいところ。GWに続き、今回もどこかに行く、もしくは誰かが遊びに来る計画もないので、ネット環境を活用しつつも制作はそこそこ進むのではと思っています。
あ、PGストフリはまだBGWCの締め切りまで一年以上あるから大丈夫(←おい!)