サントリー白州蒸溜所

サントリーのウイスキーというと、山崎とこの白州が双璧、、と言われておりますが、
山崎周辺はかつてのニワだった私たちにとって、白州の環境は圧倒的。こんなところの水を使った「白州」はさぞかし美味かろう、ということで白州蒸溜所ツアーへ。
はじめに言っとくけど、コース最後に教えてもらう正しい作り方で作る「白州」のハイボールは最高。

DSC01612.jpg
DSC01597_20180813124204574.jpg
DSC01606_20180813124205892.jpg
DSC01611_2018081312420643c.jpg
DSC01613_2018081312420956b.jpg
DSC01622.jpg
DSC01625.jpg
かんぱーい!本当に美味しい。

そうそう、ここの売店にも「白州」は売ってなかったよ。
原種不足で販売休止中ではしょうがない。
これだけツアーで盛り上げといて、販売できない売店のスタッフも辛いよね。

でもウイスキー好きにはたまらない、まだ白州も飲める(注:訪問したのは7/E)、撮影好きにも撮影スポット満載の白州蒸溜所ツアー。
オススメですよ。(要予約ですよ。)

白州蒸溜所ツアー>>

サフ画像好きによるサフ画像ギャラリー

昨日は4年ぶりに静岡ホビーショーへ行き、多くの作品や凄腕モデラーさんに触れ、自分もなんとかしないとなー、、と帰路車の中で頭をパンパンにしておりました。
今回は静岡ホビーショーの合同展示会と同時期開催のテケフェスも行くことができ、過去のホビーショー比較で言っても頭のパンパン具合が恐ろしいです。多くの作品を見ながら、「早く帰って製作したい」欲がすごかったですもん。
主催の皆様、作品を展示されている皆様、会場であった皆様、ありがとうございます。
(帰ってから、合同展示会が会場の2箇所に分けれていたことを知りました。西側いけませんでした、、泣。)

さて現在、完成品のアップとPGストフリ製作の同時進行中なのですが、完成品画像の編集中にサフ画像をついつい見てしまったり、昨日の展示会でもうちのサフ画像がお気に入りとのコメントをいただいたり、改めて最近のサフ画像を集めてみようと思ったわけです。

サフ画像って、完成品画像とは違う良さがありますね。
色が統一されているので彫刻作品的に立体を楽しむことができます。
また、実際撮影するときは立体感が強調できるように、被写体をライティングボックスの前の方において、中心部分の逆光気味の影を強調した画像と、奥に行くに従って、明るさを増すような対比から醸し出される西洋絵画的な絵作りを心がけています。
彫刻的な楽しみと絵画的な楽しみができるので、もうたまらんわけです。

ライティングボックスと被写体の位置による考察は以下参照
ガンプラのオススメHow to
画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ>>

そんなテイストは置いといて、、サフ画像好きとしては、模型誌で完成品と同じレベルでサフ画像が楽し見たいというのがずっと思っていること。模型誌では製作に取れる時間が厳しく、ライターさんと編集との物品の受け渡しが一回増えてしまいますし、致し方ないですね。
ウチは製作者と編集者の距離がゼロですし、時間の制約もないので、今後もサフ画像にはこだわって自分の見たい絵をどう撮影するか、機材、環境を工夫しながらやって行きます。

ではどぞー。

Pasted Graphic 8

Pasted Graphic 10

DSC_0032のコピー

DSC_0120_20180513080759b49.jpg

DSC_0039 のコピー

DSC_0302_20180513080800bd4.jpg


Pasted Graphic 7

DSC_0007_20120417212600_201805130755297ab.jpg

DSC_00072_20180513074323f29.jpg

2014092817494288b_20180513074035092.jpg

DSC_0017_20180513074321cd4.png

DSC_0016_20180513074038272.png

DSC_0006_20141013211901bf5_20180513074037689.jpg

DSC_0002_20151025224816f79_20180513074035515.png

20151025225407c5d_20180513074033b89.png

Pasted Graphic 11

DSC_0034_20171029141541109_20180513075531048.jpg



 

パチ組みしたキットの撮影 その2


前回のエントリでパチ組したキットの撮影の楽しさに気がつきました。
そこで家の中のパチ組済キットをかき集めて撮影をしてみました(でもまともに画像が撮れるのはこの3つくらいしかないなー)。
いつもパチ組の画像は改修前後の比較用に撮るくらいなので、ポージングがゆるめなのですが、前回のケルディムガンダムサーガ同様できる範囲で完成品並みに気を使ってみました(あくまで自分比なので、基本的にゆるいのですが。)

しっかし、撮ってみて改めて思ったのですが、パチ組なのでアラがアラとして感じないのが実に気持ちいい!
アンテナの先がだるくても、ゲート跡が残っていても、いい。
エッジのだるさは仕様だもの。
やすりがけの甘さを発見することもない(だってヤスリかけてないもん)、スジ彫りのよれに気がつくことも(スジ彫ってないし)、色ぬりのはみ出しに気がつくこともない(以下同じ)。完成品撮影にありがちな画像を拡大してびっくり!が一切ない。
そんで、目が光ってればそれなりに生き生きと見えるのです。
これは楽しい。

今回はHGやSDといった小スケールのキットだったのですが、撮影の際に穴の空いた握りこぶしに気をつけたほうが良さそうです。なるべく角度を振って、握りこぶしの穴が見えないようにすると、1/144でも1/100に見える可能性がぐんと増して、おもちゃっぽさも軽減できるような気がしました。

さて、楽しんだので、製作に戻りますー。

■ガンプラのおすすめHow toより関連リンク
画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ >> 
ガンプラのオススメ撮影 How to まとめ >> 
撮影環境 なぜ白背景なのか?その作り方は? >> 
撮影環境 カメラ周辺の機材や小道具の話 >> 
撮影環境 目を光らせよう >> 

DSC_0069のコピー

DSC_0080_20171123091156075.jpg

DSC_0084_20171123091157920.jpg

DSC_0090_20171123091200930.jpg

DSC_0092_20171123091200ce7.jpg