エターナルの工作は一旦終了

そうそう、からぱたさんとフミテシさんの新しく立ち上げた模型サイトnippper(ニッパー)は体験しましたか?あえて「体験」と書きましたが、「読む」でも「見る」でも印象としては不足している気がするくらい、模型の素晴らしさを伝えるべくあの手この手で新しいアプローチを試みている刺激的なサイトなのです。
ぜひ訪れて模型にまつわる多面的な楽しみを体験してみてください。きっと模型が趣味でよかったと思えると思いますよ。

nippper_logo_2020052408234821e.png

nippper >> https://nippper.com/
恥ずかしながら僕もテキストと写真を載せてもらっています。>> 模型を吊るし、揺れたのは心。

さてさて、PGエターナルチャレンジもついに工作の目処が立ちました。

DSC_0016_2020052408034282a.jpg

ステイホームの状況を追い風に、工作をちまちま進め、だいぶディテールが揃い、表面の処理もレベルが上がってきて、気持ちいい部分が広がってきました。
こんな恐怖の正面画像を撮って、ユニット間の角度調整などで今後のシンメトリー具合を調整する算段を立てつつ、バランス的に今できることをチェックしつつ、。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200524070420060_COVER.jpg

このエターナルはあくまでディスプレイスタンドの役割なので、ディテールも目立つところは主役のPGストフリの方に目がいくようなものを、目にいくような位置に置くようにしています。
例えばPGストフリを中心に集中線を描くように貼り付けた短冊状の連続ディテールなどはその際たるものですし、そんな感じで全体を見てもらうと、他のディテールもそんな意志で作られていることがわかるのではないでしょうか?
今後の塗装、仕上げ工程を経て、全ての視線誘導の工夫がうまくいき、ストフリ最大の見せ場である体の中心線上(お腹のビーム砲から頭部あたり)の終着点まで、そのコースをしっかり案内できれば今回の制作は大成功、となるのですが、、。かなり難しいですよ、これは。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200524070600413_COVER.jpg

ゆるい凹みや歪みや、荒いところもまだまだあるけど、一旦工作終了。MGエターナル(そんなのない)くらいにはなってきたのではないかと思います。おいおいPGストフリと合わせてきっちり仕上げます。でも表面のゆるーいうねりはこのサイズの艦船のスケールを考えるとむしろリアルか?甘えか?
しかし、ブリッジ内はずっと見てられるなー。模型っていいなー。




ブリッジ内のシートを量産します

いよいよエターナルのブリッジ内のディテールに着手。シートをガンガン量産したお話です。

ここまでの製作工程を通しで見たい方はこちらから >> PGストライクフリーダム

IMG_20200123_212803_20200229074332249_20200507105639eef.jpg

エターナルのブリッジですが、こんなラフな図面を書いてスタートしたことは以前お話ししました。

エターナルも作る >>

ポイントはフィギュアを採寸して、イトーキのオフィスチェアの図面からシートの寸法を決め、ブリッジ内のサイズを決定したこと。人間中心設計ですね。

IMG_20200118_083514.jpg

余談ですが、手元にある、EXモデルのエターナルにもブリッジ内がモールドされています
エグい。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200229081951108_COVER_20200507105540f36.jpg

で、そのラフ図面をもとにシートを作ります、、というところまでが、以前書いた記事のおさらい。
今回は完成させたシートの原型をもとに、量産するというお話です。
ちなみに、今回複製するのは11脚。内キャプテンシートが1脚です。
キャプテンシートと他のシートの主な差は肘掛です。

EXKcI1PUYAEiecx.jpg

実は複製って、15年ぶりくらいです。で、手元にあるシリコーンとレジンは10年前に友人にもらったもの。
まず、使用できるか確認です。
このように大型プラモの箱を下に敷くと、大事故が防げます(経験あり)
手前をハサミで切って、低くするのが一手間ですが、作業が断然やりやすくなります。
主に混錬や注型作業は換気を考え、ネロブース内で行います(便利!)

00000IMG_00000_BURST20200504182512959_COVER.jpg

テストで注型して見ました。10年前のレジンもシリコーンも使えるぞ。
いつも上のシリコーン型に余ったレジンを流して、レジン板を作ります。今回も大量に作れました。
表面は内壁に沿ってせり上げってしまうので、平滑にはならないものの、底面は水平垂直が割と出てるので工作の素材として重宝します。
このシリコーン型はこちらから購入できます。(僕はハンズで大昔に購入しました)
画材販売.jp >> リンク

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200505174206716_COVER.jpg

一般クルーの肘掛は片面型です
塗装の皿に接着してシリコーン型を作ります。離型剤は持っていないので、メンタムを薄く筆で表面に塗布しました。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200505171703477_COVER.jpg

シートはこんな感じ。型を加工したりして、5個目トライ品からなんとなくまともに上がり始めました。

00000IMG_00000_BURST20200505171736852_COVER.jpg


ウソです。全然まともじゃないけど、これでいい。一個一個製作することに比べれば、、の心境。(←この思考、今回何度も登場しました)

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200505175816115_COVER.jpg

歩留まりが悪い。良品がなかなかできない、、。途方にくれる経営者、もしくは生産管理責任者の図

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200505160105341_COVER.jpg

しかし、生産され続けるの図。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200505180109214_COVER.jpg

パーティングラインといい、色々問題あるけど前に進もう。次工程にかけよう。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200506113849426_COVER.jpg

パーティングラインの処理をして、気泡や欠けをパテで埋めて、本体と肘掛を接着します。
肘掛は水平かつ、床からの高さを揃えたいので、プラ板で簡単なジグを作って位置決め。さらに接着するときにはノギスで、仮押さえして、左右の揃いを確認して、、、、固定!(はあ、、、。を、11回)

EXTgYM0VAAIVsod.jpg

で、11脚揃いましたよ!並べましたよ!気分はブリッジシートの納入業者ですよ。
「どうですか、座り心地は?」「ええ、、(略)」
しかしシートの傾きと、肘掛高さが揃ってて気持ちいいなー。

EXTiWyMU4AIT8cU.jpg

嬉しくって並べちゃいましたよ。ブリッジに納品完了ですよ。三密ですよ。

EXTkam0UMAMKu0K.jpg

そのまま光らせちゃいました。
ここで一気に艦船模型感が出てきたような気がします。やった、、。
Twitterでシドミードっぽいとコメントもらっちゃいました。シードでミードですよ(パクリ)

IMG_20200506_140158.jpg

そして今、複製で手を抜いたツケを払っております。表面処理が大変。戻入率100%です、、。
よって、今回はいつもより小さめの画像で投稿しています。
しかし複製は楽しいのー。
次の複製はフィギュアかのー?

ここまでの製作工程を通しで見たい方はこちらから >> PGストライクフリーダム



エターナルの外装ディテールができてきたよ


3月の頭から製作をスタートした1/60エターナル艦橋モデルですが、久々の進捗報告です

ここまでの製作工程を通しで見たい方はこちらから >> PGストライクフリーダム

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200329190436054_COVER.jpg

前回の進捗報告はここ↑まででしたが、これが3月末だったので、だいたい1ヶ月経ちましたね。
この時はちょうど全体の形状ができて、外装のディテールというか大まかな凸凹をつけ始めた状態ですが、だいたい1/144エターナルのキットがそんな感じ(そんなのない)。
そこから、、(続く)

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200405074444585_COVER.jpg

(これは4月上旬の状態)ディテールの疎密の検討に入ります。PGストフリをセットした状態を考えると、中央に視線をなんとか集めたいところ。なので、前方先端から、ブリッジ前方を経て、艦橋トップのブレードアンテナ(?)に至る中央線は門前通りと言いますか、シャンゼリゼ通りと言いますか、華やかにしたいところ。
で、もう一つのサブ的な見せ場としてブリッジ窓の左右端あたりを考えたいなと。(続く)

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200410183840881_COVER.jpg

上の画像から少し進んで、全体にサフを吹いて現状をチェックします。
このような長丁場かつ、手を入れまくる製作では、僕はちょいちょいサフを吹いて一区切りを入れるタイプです。本当なら、模型誌のように、塗装直前まで、サフを拭かずに様々な改修跡を様々なマテリアルとともに美しく見せたいのですが、せっかちなので待てません。すぐに吹いちゃいます。
しかし、前回のオラザクの1/60フルハッチオープンガンダムで懲りたのですが、改修跡のチェックのための最小限のサフ吹きでも積もり積もって、思わぬところに粒子が舞い込んでザラザラになってしまい、それが塗装工程でわかり、リカバーが本当に大変でした。今回は気をつけます。

そうそう、上で「もう一つのサブ的な見せ場としてブリッジ窓の左右端あたりを考えたいなと。」と書きましたが、なぜかというと、(続く)

DSC_0002のコピー

ブリッジ窓の左右からはブリッジ内部が最も覗き込みすいからです。それも艦長席がよく見える箇所でもあります。ちょうどフィギュアが立ってるあたりですね。
艦橋側面のディテールは、ブリッジ内部に誘う役割を担ってもらおうと思います。

DSC_0002のコピー3

この画像だとよりわかりやすいと思います。
艦長と目が合いそうなアングルですね。あれ、艦長はバルトフェルド?ラクス?(後者のつもりで言ってます)
あー、早く椅子を複製して9つみっちり並べたい。
早くブリッジを完成させて、仕込んだLEDを光らせたい!

DSC_0005_20200503190212063.jpg

勇気を出して、正面画像を撮って見ました。シンメトリーを恐る恐る見ると、、厳しいものはありますが、意外と「出てる」印象です。ラフすぎる図面、スタイロのて削り、対照は目合わせ、みたいなことをやってる割に、、ですが、、。このエターナルはトップ、ブリッジ、ベースの3ユニット構成でできていますが、ユニット間はまだまだ遊びがあるので、最終的にはユニット間で調整できないかと考えてます(なんか仕事っぽい表現)。
右はHGのゼルトザーム。格好よさに惹かれて購入し、各処理は済ませ、今は塗装直前状態です。

EWlIXvhVcAAQsaP.jpg

この画像は10日くらい前の状態。だいぶ表面が賑やかになってきました。
ここで考えたのが、各エッジの処理。C面処理するのか、ピン角でいくのか、そのミックスでいい感じにするのか、それは今も検討中。そんなことを考えながら、各部に貼ったプラ板の端面が切りっぱなしというアンバランスさが、、。

EW7uQviUcAAOeeA_202005031906381d2.jpg

で、これが3日前、スジ彫りが入り始め、さらに中央線のディテールを詰めた状態です。しかしこの画像の格好よさといったら、表面のサフが剥がれて、ポリパテ層(黄色部分)が見え、さらにその下の構造体(短冊状のプラ板層)が露出している表面感、さらに各部書き込まれた鉛筆ディテール案ラフ、、くーー!(酔ってんのか?)
ライティングも応募本番はこんな感じの強め一方向ライティングで撮った画像も忍ばせたいと思います。

EW7uQviUcAAOeeA-01.jpg

画像を着色しました。こんな感じになればいいなと!

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200504084340431_COVER.jpg

これが今朝の状態です。実物は1/100HGエターナル(そんなのない)くらいになってきてます。
今ちょっと考えてるんですが、なんか今造っているものが大きな艦船のその一部だっていまいち感じられない。これまでも前や側面のディテールは、その面で完結させずに、その先にも続いてるけど都合でバッサリカットしてます感を出してきたつもりなんですが、まだまだ、、。下や前や後ろへの存在のつながりを感じさせるにはどうすれば、、まだ手はあるはず。

DSC_0007_20200504121545cb3.jpg
ここ()やからね。

IMG_20200229_160329_20200504102643806.jpg

2ヶ月前はこんな感じ(毎回やってる)製作を続けて入れば必ず完成するのが模型です。フルスクラッチの大海に漕ぎ出しても、こうして振り返れば不安も勇気に変わるはず。
デビューシングル「フルスクラッチの大海に漕ぎ出しても、こうして振り返れば不安も勇気に変わるはず。」

ここまでの製作工程を通しで見たい方はこちらから >> PGストライクフリーダム