プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

仕上げ後の必須アイテム・指サック 


最終トップコートの後も様々な仕上げの工程や撮影があり、塗面を触る機会が結構あります。特に最終トップコートががフラットクリアの場合、感覚的な話ですが表面が柔らかくなり、指の汚れを簡単に拾ってしまい、いつのまにか表面が汚れてしまうことがちょいちょいあります。大抵の軽い汚れはエナメル系溶剤を含ませた綿棒で軽くこすれば取れますが、汚れがつかないにこしたことはありません。特に撮影中に指の汚れがついてしまうと、結構ショックですよね。
今回はトップコート後は必須の指サックの紹介です。

DSC_0210.jpg

僕はトップコート後にはこのようなラテックス製の指サックを親指、人差し指、中指につけて模型に触るようにしています。特に白塗装後の表面は汚れが目立ってしまいますので指サックは重宝しています。部品を組み立てたりするとにき力をかけてしまったり、二次部品を取りつけたり、結構トップコート後の塗膜を触ってしまうものです。

DSC_0059_20180414165252e51.jpg

撮影中もポージングの変更や、部品の付け替えで塗装面を触るので、指サックをつけるようにしています。
このウイングガンダムでは試しにトップコートにクレオスのスーパースムースクリアーを使ってみたのですが、素晴らしい表面のフラット加減が得られる一方で、汚れを拾いやすいような気がしますので指サックは必須かと。

DSC_0060_20180414165254ff6.jpg

手全体を覆うラテックスの手袋タイプは夏場ちょっときついので、指サックタイプに行き着きました。ガンプラは三本指で大体事足りると思います。
同じ目的で薄手の布手袋を使っていた時もありましたが、ラテックス製のものに比べると皮膚感覚が薄まることと、布なので鋭利で繊細な部品を繊維に引っ掛けて破損してしまったことがあり、この指サックに落ち着いています。コスト的にも安いので、一回購入すれば都度使い捨てても相当持ちます。
仕上げ後の模型を持つ以外にも、エポパテを練って、造形するときなどにも使っています。
もし興味があれば使ってみてください。転ばぬ先の杖的アイテムです。





 



【更新】ガンプラのオススメHow to インデックス


初心者向けとは言えないけど、これまでの制作の中で発見したオススメのHow toを紹介する「ガンプラのオススメHow to」、定期的にバックナンバーをまとめてますので、おひまな時にでもどうぞー。

DSC_0004_201803170816336ac.jpg

最近の更新分 new!

[仕上げ]レッドポイントの精緻感が別世界に突入した話
[塗装]LEDとか使わずに発光して見えるビームサーベルの塗装仕上げの話
[撮影]ポージング、このわずかな空間にこだわる
[その他]模型のお守りの本



バックナンバー

[もう一度初心者] 模型ライフリスタート

[塗装] スミ入れ色の話  
[塗装] ブルーグラデ塗装のちょっとしたコツ
[塗装] 色味のコントロールの話
[塗装] いつも使っている色は

[素材] 溶きパテの話
[素材] 夏休みっぽく今回は虫ピンのお話です
[素材] パイピングについての話

[仕上げ] 効果的なメタリック塗装仕上げについての話
[仕上げ] 効空気感が出現する、マーキングへのオーバーコート
[仕上げ] 極薄シールで作るディテール表現
[仕上げ] リカバリーはカラを破るチャンス(かも)
[仕上げ]妄想を刺激する、覗き込まなきゃわからないディテール
[仕上げ]最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話
[仕上げ] 影部分の処理の話 
[仕上げ]影部分処理の話 その2 穴の表現
[仕上げ] プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム
[仕上げ] アクセントの手段としての光沢
[仕上げ] デカールの段差処理のひと手間
[仕上げ] 伏線の回収 デカールの段差
[仕上げ] レッドポイントの作り方と貼り方の話 

[改修]ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ
[改修]装甲の厚みを感じさせる部分C面処理
[改修] ミキシングで旧キットをアップデート
[改修]C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすい
[改修]楽しいミキシングを強く勧めるよ 
[改修] FW GUNDAM CONVERGEの改修の話
[改修] 手は口ほどにモノを言うの話
[改修] 異次元の精密さ エッチングパーツを使おう

[撮影] 画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ
[撮影]ガンプラのオススメ撮影 How to まとめ
[撮影] なぜ白背景なのか?その作り方は?
[撮影]カメラ周辺の機材や小道具の話
[撮影]レフ板を使って目を光らせよう 
[撮影] 自作のグラペでコンバージを撮ろう
[撮影] 撮影環境についてー
[撮影] 新・撮影環境についてー
[撮影] ポージングと画像についてちょっとしたこと
[撮影] PGストフリをどう撮るか?

[構想] PCでプロポーション検討の話
[構想]カラーリングの変更は急がば回れ

[工具] 2016年 模型とその周辺で使ってよかったもの8アイテム
[工具]こじ開けはパチ組み必需品です 
[工具]いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話
[工具] 精度なディテールが簡単に スプリングコンパス ディバイダー 
[工具] マスク使ってる?
[工具] タガネの切れ味を復活
[工具] 新しいツールを手にいれた 最近のヤスリの話
[工具] 研げるのはタガネだけじゃない
[工具] ドレン&ダストキャッチャーII 使ってみた
[工具] 塗装の水対策
[工具] エアブラシから水がー!
[工具] 工具購入
[工具] 新兵器到着 塗装環境
[工具] 製作環境ーよく使う道具は
[工具] 製作環境ー小物入れ

[その他]ディスプレースタンド 旧キット選手権の場合
[その他] 巨大感を演出する工夫のお話 -製作編-
[その他] iPadでモデグラ150冊 iPadのモデラー的活用
[その他] 完成癖の話
[その他] 作業スペース
[その他] モデグラを150冊自炊した
[その他] 椅子が来た


レッドポイントの精緻感が別世界に突入した話

夏休みといえば「ガンプラのオススメHow to」(んん?)の第二弾。
今回は「ガンプラのオススメHow to」のエントリー中でもトップ10の閲覧数の「レッドポイントの作り方と貼り方の話」の第二弾です。

レッドポイントの作り方と貼り方の話 >>

■前回紹介したレッドポイントの不満点
前回紹介したレッドポイントは細いプラの線材(断面四角)に赤塗装して切って好みの箇所に貼りつけるものでしたが、当時自分のリサーチ不足で、最も細い線材が一片0.5mmのものだったため、1/100のスケールでは問題ないものの、1/144では少し大きいと感じていました。使いどころを考えれば効果的ですが、繊細な部分には向いていないと感じていました。

HGUCV2-2_2015081313105648f−02
0.5mmの線材を使ったVガンダム。溝にして、同じ方向に切った線材を貼ることで、線材が太く見えすぎないように配慮しています。肘側面のハードポイントのみ自分で切り出した極細線材を使用しました。溝に対して横断するような使い方ではこれくらい細くないと浮いてしまう感覚がわかるでしょうか?

DSC_0003_20170814160605560.jpg
これまで使っていたのはこのエバーグリーンの角断面プラ線材(0.4x0.5mm)です。
今作っているHGUCZガンダムはVガンダムより少々繊細なイメージで仕上げているので、今回はちょっと太くて使えないなー、と思っていた時に出会いが!

■今回紹介したいもの
DSC_0005-01_201708141606011ce.jpg
今回紹介するのは0.3x0.3mmの超極細線材です。
上の画像はともにいつもの赤塗料を塗装したものですが、0.5mmとの差がわかると思います。指と比べてもこの細さ!

■モノはプラストラクトの四角棒
DSC_0001_20170814160603a40.jpg
モノはプラストラクトの四角棒MS-10 0.3角。0.3x0.3mmですよ。
先日新潟の凄腕モデラーさんの展示会NIPCOMに行った時に、僕のお手本モデラーのKen16wさんに教えてもらった会場近くの模型店ホビーロードさんに行った時に見つけました(余談ですが、僕は旅行先で模型店を探報するのが大好物なんですがこの模型店、すごいいいですよー。ウラヤマ指数振り切ってしまいました。)
長さ250mm、10本入りで500〜600円くらいですので、こんな使い方だとかなり使えますね。

■制作中のZではこんな使い方をした
DSC_0014-01_20170814160600ea8.jpg
今回のHGUC Zガンダムの作成でも大活躍しました。
このメガランチャーの上面部分に3箇所貼っていますが、溝に対して横断して貼っても全然違和感なし。比較用に1本0.5mmを置いてみましたが、どっちがスケールや、Zというキャラクターにふさわしいかは一目瞭然ではないかと。

DSC_0007-01.jpg
同じくHGUCZのバックの画像ですがこのように使っています。精緻感向上に非常に効果的なアイテムで、模型を大いに盛り上げてくれました!

■使用上の注意点
元が白いプラ材なので当然切断面は白くなります。前回のエントリーで紹介した赤塗装→切断→貼りつけ→切断面をリタッチの行程ですと、断面積の小ささからリタッチが困難になってしまいます。(目がきついのもその一因)よって貼りつけ前に切断面の処理をしてしまった方が良さそうですね。
また、あまりにも細く繊細なパーツのため、切り出したポイントの紛失が続出してしまいました。作業台のカッティングマットの色を補色の緑色にしても、なかなか、、。赤い線材状態で机に置かれていても、ぼんやり何かが存在する、くらいの存在感です。なんか0.5mmとは全然違う世界に突入、、という感じでなんか対策しないといけないなと。

レッドポイントの貼り方などのHow toは前回のエントリー参照
レッドポイントの作り方と貼り方の話 >>

■総括としては
もしレッドポイントのディテールにポジティブでしたら必ず手に入れるべきアイテムです。0.5から0.3mmへの変化は想像以上ですよ。まさに別世界の精緻感です。

そんなこんなでHGUC Z完成です。
How toにかこつけて本アップまで繋いでるんだね?バレバレw。
でも0.3mmはほんとおすすめ。
DSC_0022のコピー

1/144にはこちらの0.3mmがおすすめ


1/100だったらこっち。0.3と組み合わせも面白いかと