プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

効果的なメタリック塗装仕上げについての話


今回も前回に続き、小ネタのHow toを、
メタリックカラーの使い方ですが、自分も皆様もこの数年で随分変わってきたなと感じます。かつては「金属質感をアピールする」ギラギラ仕上げが多かったのですが現在は「形状をより際立たせる」などメタリック塗装の効果に多様性が出てきたように感じます。
メタリック塗装仕上げは光を反射する特性から曲面の立体感や角度のついた面の立体感をより強調する効果があります
そんな例ですぐに思いつくのがバーニアなどのメタリック塗装ですね

MG_Tallgeese_Backpack_12_20170205202912aed.jpg
こんな感じバーニアにメタリック塗装は本当によく似合う、欠かせない。

今回はその他にメタリックの塗装仕上げをこんな効果を出すのに使っているという例をいくつかご紹介します

1.奥まったディテールの存在感UP
奥まった部分でもちらっと、でも存在感を伝えるメタリック仕上げの例です
こんなに↓鈍いメタリック仕上げですが、曲面に塗装することで、そのハイライト部分が暗い部分でも主張します

MG_Delta-004_20170205202909f85.jpg
デルタガンダムの脇腹のシリンダー状ディテールも

Bya_02_201702052028315a7.jpg
バイアランの足の付け根の球状の関節部分も

MG-n_verKa_3_20170205203642010.jpg
バイアラン同様のνガンダムの球状パーツや手首のリング状の部品など、影になってしまう部分でも部品の存在感を伝えることができます。

2.シャープな形状をより強調
ゾゴックの頭部のブレードなど
Zo-04_2017020520290633d.jpg
浅い角度のついた面で構成された部品の立体感を、その立体だけで表現するのは難しいのですが、メタリック塗装をすることでシャープに見せたいディテールの立体感を強調することができます。シャープな造形をよりシャープに見せることができます

バズーカなどの筒部分
DSC_0171.jpg
綺麗に成形された筒の製造精度感を強調することができます。この精度感表現を積み重ねることでプラで構成されているように見えなくなってくるのではないかと期待しているのですが、まだまだですねー、、w。

3.一体成型品の立体感UP
動力パイプの立体感
F2_05_20170205202835051.jpg

gz-norm-3_201702052029083d3.jpg
パイプが別部品ではなく一体成型のため、一般的な塗装だと立体感が乏しくなってしまいがちです
こんな時にメタリック仕上げは立体感を強調し、パイプ部分がマスターグレードのように別部品で構成されているかのような効果が期待できます
また、最低限のスミ入れ以外汚してないのに汚れた感が感じられたのは収穫。

4.擦れる部分に
部品同士が大きなエネルギーで擦れる部分
DSC_0245_2017020520283460d.png
こんなカタパルトデッキのレール部分などにメタリック仕上げを施すと、自然な感じに仕上がりますね。下地はあえてカタパルトデッキが射出される方向にヤスリ目を残したヘアライン仕上げにしたのですが、いまいち伝わらなかった、、(アイデアとしては面白いんですが改善の余地大アリです)

5.ツヤ感のコントロールは効果大
最近はメタリックカラーの使い方も多様で、特に作品全体のバランスを考えて、メッキ調のギラッとした仕上げは減ってきているように感じます。フラットコートで金属光沢のギラつきをコントロールすることが一般的でしょうか。そのコントロール加減でも面白い表現ができるという例を紹介します。

メタリック塗装の艶違い仕上げ
MG_Tallgeese_Action-1-08_20170205202912db1.jpg
フラットコートを軽く吹くとメタリックの粒子感が少なくなり、若干シルキーな印象になります
メタリック吹きっぱなし部分とフラットコート仕上げ部分のコントラストを意図的につけてみると、立体的な仕上がりになり、高級感が出ます(腕時計などの金属部品の表面仕上げによく使う手法です)。トールギスのような高級感のあるキャラクターなどに効果的ですね。

6.いつも使っている色は

メタリック系でいつも使っている色は大体決まっています
もうこの↓組み合わせばっかり

メタリックグレー:クレオス スーパーアイアン
フラットコート:フィニッシャーズ スパーフラットコート
*ギラズールの動力パイプのみクレオス スーパーアイアントスーパーゴールドの混色です

 

その他のいつも使ってるカラーはこちらから
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-826.html

今回はここまで。ではではー。

空気感が出現する、マーキングへのオーバーコート。


いきなり一般的ではない書き出しであれなんですが、mat modeling service の画像は曇り空の屋外で撮ったような空気感が目標なので、大抵のキット付属のマーキングではコントラストが強過ぎます。
例えば下のMGνガンダムVer.Kaのフロントアーマーの特徴的なRAの文字ですが、キット付属のマーキングはダークグレーなので、下地の白(ガイアのホワイト)とはグレースケールの濃淡の差が激しく、そこがどうしても曇り空下の環境に見えず、ここはピーカンのカリフォルニア?となってしまいます。
ですのでそのような感じた時はもう一度ハンドピースを手に取り、ベース色でふわっとマーキングの上からオーバーコートをします、、と言うか今回のHow to はそれだけなんですが、、。

DSC_0021-01.png
ただ、このようなパーツはオーバーコートにちょっと工夫が必要です。RAマークの上のインテーク部分や、赤マーキングや、その他スミ入れ部分はオーバーコートしたくないのですが、ベース塗装後にRAマークだけ貼って、オーバーコートをするとなれば手間が大変です。
ですのでちょっとしたマスキングが必要になってきますが、そんな際マスキングテープでもいいのですが、僕は「指マスキング」で乗り越えちゃいますね。
塗装をかけたくないところを指(親指)でおさえて、ふわっとオーバーコートします。指の厚みと断面の丸形状で境目のないいい感じのマスキングになってくれます(指は多少汚れますけど)。みなやりますよね?指マスキング。

DSC_0076-01.png
同じくMGνガンダムVer.Kaのふくらはぎ部分のRAマークも白文字でコントラストが高すぎると感じたので、ベース色の紺色でふわっとオーバーコートしました。
曇り空下の空気感を出したいのが、大きな目的ですが、Ver.Kaということで特徴的な赤コーションマーキングを引き立てるという狙いもあります。
ただでさえカラーが多く使われているガンダム系のMSで今回は緑のサイコフレームもあり、Ver.Kaの赤マーキングもあり、引き立てる優先順位をつけないと全体的にカラーリングが喧嘩して大変なことになってしまうと感じたため、比較的大きなデカールには今回は引いてもらったというわけです。

Bya_09.pngバイアランの肩部分のマーキングも白デカールだったのですが、ベース色でオーバーコートしました。これは前述の「曇り空下の環境」と「多配色」に加え、1/144という小スケールという理由があり処理しました。

GFF以降、特にVer.Ka系MSにはくっきりコントラストのマーキングという一つの流れがありますが、この辺りはmat modeling service
ではこう考えているという一例として紹介します。

DSC_0284-01.png
一方でこのディスプレースタンドのように明らかに本体を引き立てるアイテムには、ベース色をオーバーコートしマーキングをなじませて本体周囲の空気感を乱さない処理をすることをお勧めします。

DSC_0083-01.png
その他にこのようなオンフレームのマーキングもその範疇かなと感じます。この部分は上に装甲をかぶせると全く見えなくなるけど、この無駄な手間が楽しいんですよね。

今回のHow toは作品完成後に全体的にまとまりがないなー、と感じた時にコントロールできる手法としても使えますよ。興味がありましたらぜひ!

ではではー!

【更新】ガンプラのオススメHow to インデックス


いつのまにか「ガンプラのオススメHow to」も59エントリーですよ。
定期的にバックナンバーをまとめてますので、どうぞー。

IMG_0278_20170115194822a0b.jpg 
【近況】今は東京のマンション住まいなのでドムトグフは洗面台で塗装と仕上げを行いました。工夫次第でプラモはどこでもできる、はず。

最近の更新分 new!

[その他]ディスプレースタンド 旧キット選手権の場合
[改修]装甲の厚みを感じさせる部分C面処理
[工具]こじ開けはパチ組み必需品です 
[改修]ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ
[工具]いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話



バックナンバー

[もう一度初心者] 模型ライフリスタート
[塗装] スミ入れ色の話  
[塗装] ブルーグラデ塗装のちょっとしたコツ
[塗装] 色味のコントロールの話
[塗装] いつも使っている色は
[素材] 溶きパテの話
[素材] 夏休みっぽく今回は虫ピンのお話です
[素材] パイピングについての話
[仕上げ] 極薄シールで作るディテール表現
[仕上げ] リカバリーはカラを破るチャンス(かも)
[仕上げ]妄想を刺激する、覗き込まなきゃわからないディテール
[仕上げ]最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話
[仕上げ] 影部分の処理の話 
[仕上げ]影部分処理の話 その2 穴の表現
[仕上げ] プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム
[仕上げ] アクセントの手段としての光沢
[仕上げ] デカールの段差処理のひと手間
[仕上げ] 伏線の回収 デカールの段差
[仕上げ] レッドポイントの作り方と貼り方の話 
[改修] ミキシングで旧キットをアップデート
[改修]C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすい
[改修]楽しいミキシングを強く勧めるよ 
[撮影] 画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ
[撮影]ガンプラのオススメ撮影 How to まとめ
[撮影] なぜ白背景なのか?その作り方は?
[撮影]カメラ周辺の機材や小道具の話
[撮影]レフ板を使って目を光らせよう 
[撮影] 自作のグラペでコンバージを撮ろう
[撮影] 撮影環境についてー
[撮影] 新・撮影環境についてー
[撮影] ポージングと画像についてちょっとしたこと
[撮影] PGストフリをどう撮るか?
[構想] PCでプロポーション検討の話
[構想]カラーリングの変更は急がば回れ
[工具] 精度なディテールが簡単に スプリングコンパス ディバイダー 
[工具] マスク使ってる?
[工具] タガネの切れ味を復活
[工具] 新しいツールを手にいれた 最近のヤスリの話
[工具] 研げるのはタガネだけじゃない
[工具] ドレン&ダストキャッチャーII 使ってみた
[工具] 塗装の水対策
[工具] エアブラシから水がー!
[工具] 工具購入
[工具] 新兵器到着 塗装環境
[工具] 製作環境ーよく使う道具は
[工具] 製作環境ー小物入れ
[改修] FW GUNDAM CONVERGEの改修の話
[改修] 手は口ほどにモノを言うの話
[改修] 異次元の精密さ エッチングパーツを使おう
[その他] iPadでモデグラ150冊 iPadのモデラー的活用
[その他] 完成癖の話
[その他] 作業スペース
[その他] モデグラを150冊自炊した
[その他] 椅子が来た

ディスプレースタンド 旧キット選手権の場合


先日の旧キット選手権で展示に使ったディスプレースタンドについて、展示会当日いくつかの問い合わせがありましたのでここで紹介します。

以前から展示会に出品するときはディスプレースタンドが重要と聞いていたので、今回初めての展示に臨む僕にとっては最重要検討事項でした。結果的にはこのディスプレイスタンドでは立体方向のアピールが全然足りないことがわかったのですが、展示会にこだわらなければ非常に美しく、高級感が作品を引き上げ、かつ作品を引き立てるいいスタンドだと思います。

Cw0SPjbUAAA8FAv-001.jpg

CwlMAROUAAEUwih.jpg

正体はフォトスタンド
そんなことはわかってるわ!的な正体ですが、これはフォトスタンドとして販売されているものを使っています。

IMG_0480_20161218113345828.jpg

このスタンドを見つけたのはarflexなんですが、プライス表示としてテーブルトップに置かれていたのが非常に綺麗で記憶に残っていたんですが、ネットで調べるとフォトスタンドらしいと、、。

構成
厚いアクリル板の上下二枚の構成ですが中の写真などの紙を挟むため小さい磁石がそれぞれのアクリル板の合わせ面の端に2個付いています。
IMG_0481.jpg

今回は中に挟み込むグラフィックは自作ですが、どんなグラフィックを作成するにしても、フチなしで印刷、もしくはトリミングしたほうがシャープでかっこいいのでそこだけ注意です。

ちなみに今回のディスプレイスタンドにはさんだグラフィックのグラデはHow to build GUNDAM2誌の作例のバックグラウンド(緑丸部分)をモチーフにしてるんですよ〜
もう些細過ぎて誰も気がつかない、、

CwlMAROUAAEUwih-01.jpg

サイズですが旧キット展示会には1/100と1/144のMSを展示するので2つのサイズを検討し、以下の2サイズをオーダーしました
それぞれ1/144 F2ザクの比較は以下の通りです

IMG_0483_2016121811361986c.jpg
1/144用ならこちら。1/144 F2ザクにジャストフィット
171×123×T24mm

IMG_0485.jpg
1/100だとこちらかな。1/144 F2ザクだとちょっと余裕がある感じ。ドムトグフはこれを使いました
147×109×T24mm

表面はキズがつきやすいので、梱包されていたボックスに入れて保管してます(普段から完成品をディスプレイしてないので)

IMG_0479.jpg

サイズ、価格など詳細はこちらから

ACS-0325 [アクリルマグネットフォトフレーム]
171×123×T24mm
ヨドバシ.com>>

ACS-0324 [アクリルマグネットフォトフレーム]
147×109×T24mm
ヨドバシ.com>>

以上、肉厚なアクリル製のフォトフレームを利用した高級感のあるディスプレースタンド、オススメですよー。

装甲の厚みを感じさせる部分C面処理


ガンプラはプラでできているので、製造上一定のプラの厚みが発生します。ただパチパチと組んだガンプラからはあちこちからそのプラの厚みが垣間見え、感覚的にプラっぽい=おもちゃっぽいと感じてしまいます。我々モデラーにとってはプラっぽさをいかになくすか、が大きなテーマであり、本来合金(?)でできている(はず)のMSを表現するためにいくつかの手法が編み出されています。端面の薄々処理もその一つですね。逆に厚みを感じさせたい場合は端面が厚くなっていれば装甲の厚さを感じさせることができます。共にプラ厚をそのまま見せずに厚みをコントロールし、さらにおもちゃっぽく見える課題も解決することができます。
しかし、端面がない立体の途中でその装甲の厚みを、堅牢さを表現したいときはどうすればいいのでしょうか?というのが今回のお話です。

バンダイエッジと言われるC面(エッジにできる小さな平面)ですが、モデラーの間ではシャープさを損なう、プラっぽく見えてしまうということからC面を削除しエッジをピンピンにした方が良いとされています。しかしポリゴンのようにピンピンなエッジで構成された立体より、C面でつながれた立体の方が堅牢に見える場合もありますが、実はこれ、結構曲者です。薄い装甲にも見えるし、分厚い装甲にも見えます。
どういうことか?
装甲におけるC面の内部構造を2通り想像して見ましょう

その1
zukai-02.jpg

これはプレスか、もっと薄い場合は板金の折り曲げ加工を想像したパターンです。非常に薄く、重厚さは感じられません

その2
zukai-01.jpg

これの場合は鋳造か、厚板の溶接で大きな2面が構成されており、角を削った結果のC面であることが想像できます。非常に堅牢に見えますね。

というわけでただのC面からはなかなか内部の状況までははっきりと想像するのは難しく、状況や思い込みでいかようにも取ることができてしまいます。

そこで装甲の厚みや堅牢さを感じさせるC面処理を部分に入れる手法をちょいちょい試していますが、結構うまくいってそうなので、紹介します
以下3つの画像の緑のサークルに囲まれた部分がその処理です

Zo-02.png

gz-07.png

DSC_0002_20140608182732380.png

プラ感をなくすためにエッジをピンピンにシャープにし、その一部分にC面を施すことで、上に説明したプレスや板金折り曲げ加工は想像しにくくなり、結果、薄さは感じさせず、「これは厚い装甲のエッジの一部を削って作られたものなのだ」と想像しやすい状況を作り、狙った重厚感、堅牢感がそこそこ表現できたと思うのですがどうでしょうか?

下の画像の↓この段付きの穴の周囲をさらう処理も装甲の厚さを感じさせる有効な処理なんですが、実際はプレスなどの処理で作られているのかも?という疑惑はちょっと残るような気もします

gz-weapons-1-01_20161211223053682.jpg
最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話>>

このように本物のMSがあったらどんな製法でこの部品は製造されているのだろうか?と考え、その製法を生かすようなディテールを入れることができると、ホント楽しいですし、模型が盛り上がるよという話でした。

こじ開けはパチ組み必需品です 


ここ数年来ガンプラは仮組みにマスキングテープを必要としません。
(何のこと?と思う方はなるべく古い旧キットを組んでみてください。すぐにはがせるテープなしでは組めないですよ)

それは言うまでもなくスナップフィットという構造によるものなのです。
こうパチパチと組んでいけば、ひとつの完成状態に至ります。(いわゆるパチ組というやつですね。)バンダイはエンターテイメントをこの段階でひとつ用意しているわけです。
しかしその先の改修や塗装といったエンターテイメントに進むためには何度も組んでばらさないといけません。

結構固くてダボを折ったり、関節軸を折ったり、すき間に突っ込んだアートナイフの歯を折ったりしてませんか?
 僕はかつてさんざんやらかしました。
そして15年前から「こじあけ」という腕時計の裏ぶたを開ける工具を使っています。

こじ開けはこんな工具

DSC_0002_20160731163906188.jpg 

DSC_0004_20160731163909ee6.jpg 
こじ開けの先端に薄い刃がついていて(でも厚みのテーパがグリップ方向についているので丈夫)パーツのどんなすき間にも差し込めます。そして軽くひねると部品同士を離すことができます。
これは裏技でもなんでもなく極小の隙間を広げる専門工具ですが、楽にできて破損も減るのでオススメです。
今は模型用の工具としてパーツセパレーターやパーツオープナーという名前でも流通していますね。
今僕は東京の新居ではパチ組みメインですが、やはりこの工具は必要です。
何せ組み間違いが多いので、重宝しています、、。

  

ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ

今回はミキシング編第3弾、始めるなら◯◯メカがオススメというお話です

その1>>楽しいミキシングを強く勧めるよ

CbJJgO0UMAAOBqw-1.jpg
ディナイアルガンダムにHG-Gガンダムをかぶせたミキシング

その2>>ミキシングで旧キットをアップデート

20160611175225092_20160718101305a4b.jpg
様々なキットを使ってアップデートした旧キットエルメス


で、今回は3回目ですが
実際キットを購入して、手を動かして検討してみるプロセスの中で、今回はいくつか気づきや発見がありましたのでそのお話を。

今回のベースはHGバルバトスです
このキットをベースに2つのキットをかぶせていこうと思います
なぜバルバトスにしたかと言いますと、今時の等身、プロポーションだということと、みなさまご存知の通りこのキットはフレームが全身にわたって存在するためパーツの換装がやりやすそうだからです
それより、ARUEさんから頂いたキット、このような感じで使っていいのか、、?

CmawMWGUcAAB-6y_201607180835078c9.jpg

じゃ、ミキシング検討1つ目
ガンダムローズ(!!)です。

先日相模原のTamTamに初訪問した時に積んでありました。
そこでバルバトスと組み合わせたら、ひょっとしてひょっとするぞ、、と売り場で一人興奮。その場でシミュレーションすることしばし、、腕や顔はGガン、脚はGP01、、などと妄想は膨らみますが、その日はローズのみ購入。(危ない危ない、、)
CmaBLbZUcAATwjk_20160718083505599.jpg組んでみると、いやいやなかなか、かっこいいんですよ、本当に!実物は!。正直、変なデザインのガンダムですが、ミキシングの力でぐいっと、、

CmaBKbZUEAAtzT3_201607180835228bb.jpg
古く、低価格なキットのため一体成型の部品が多く、頭とマント状のアーマーしか軽作業でつけることはできませんでしたが、どうでしょう、、ほら、なんとなくガンダムローズに見えませんか?等身も上がって、さらにあそことあそこをこうすれば、、、うん、いけそう。と感じてもらえれば成功。
そうなんです、今回はたまたまですが、頭とマントのようなキットの特徴的な部分を数カ所抑えれば、なんとなくそれっぽく見えてしまうんです。バルバトスとガンダムローズなんて一見混じり合わなく見えるキャラクタ−でもそう感じるからミキシングって面白い。


続いてミキシング検討2つ目
フォビドゥンガンダムです。


最近再販されたのか手に入りやすくなりましたね
ガンダムSEEDが最も熱かった時期のキットです

CmavVGLUsAE8w9f_20160718083506937.jpg
パッケージから画像を拝借しましたが、このようにこのキットも非常にいい感じです。
ではバルバトスにかぶせてみましょう。

CmawTjjUcAEQNQW_201607180835096d6.jpg
ガンダムローズに比べ部品分割が細かいので、ちょっとの加工でこれくらいのパーツは被せることができます、、がどうでしょう?こっちもなかなか、、というかかなり格好いいのではないでしょうか?

CmavUFPVMAERKeO_2016071808351069a.jpgこのフォビドゥンを組みながら、この格好よさはなんなのだろうと考えたのですが、バルバトスとフォビドゥンともに悪魔的な印象のMSなので、相性がすごくいいんですね。特にバルバトスのデザインの特徴でもある脇腹のシリンダーむき出しの部分なんて、フォビドゥンでもこのまま採用!って感じです。デザインが多少異なっていても、元のデザインのテーマ(この場合悪魔的など)が合ってると多少のデザインの違いは問題ない、むしろアレンジの幅が広がると捉えることができる、、ということがわかりました

あ、ちなみにTwitterでアップした時の感じですと、ガンダムローズよりフォビドゥンの方が評価してもらえたようです
で、ここまでやってみて、さらに大きな発見が!


大河原メカはミキシング向き!

今回の2つのMSは(遡るとG-ガンダムも!)デザイナーが大河原邦男氏だったことに今、気がつきました(遅)。
大河原氏のデザインの大きな特徴は「キャラクターをはっきりデザインで表現する」ということだと感じていますが、MSのデザインの特徴が強く明確だから今回のような荒技ができたのではないかと思います。


今回の発見ですが、、
・特徴がはっきりしているので、少ないパーツの換装でイメージできる
・キャラクターのテーマがデザインに出ているので、同じイメージのMSならよりミキシングしやすい

、、という感じですね。ミキシングをやってみようという方がいらっしゃったら、大河原メカからスタートするといいかもよ、、というお話でした。