プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

HGUC Z ちまちまやってる


このキットが非常にいい感じのキットであることは前回、前々回とお話ししましたが、このキットは手を入れると、どんどん良くなる中毒性も持っているようで、いまだにちまちま手を入れ続けています。
(GWが終わって息子が寮に帰ってしまい、またiphone撮影環境に戻ってしまいました、、見辛い画像になってしまったのはご勘弁、、)
IMG_0678.jpg
どうしても肩口に回転軸モロ出しの構造が見えてしまうのが気になったので、関節ユニットごとエポバテ漬けの荒技投入。ここでこのシリーズの売りの一つの肩関節の自由度オミット、格好よければ固定もOKのスタンスです。(WRへの変形は言うもさらなり)
あと、Zのキットは前々から肩口の8角形の部品は上下逆につけて上方向に伸びた状態に見えるようにすると調子いいですよね。

Z_比較_UP
胸中央上部(青部分)の首よりの縁を延長したり、肩アーマーの外側にプラ板貼って、肩を大型化したり、腰のフロントアーマーの外側にプラ板貼って大型化したりしてます

IMG_0682.jpg
プロポーション系では足のつま先延長と足首の可動アーマーを短縮化した件は前回までの進捗ですが、どうにもこうにも気になっていたのが、スネ部分の幅の広さと言うかゴツさ。なのでちょっと内部の加工箇所は増えてしまいますが、1-2mm幅詰めしてスリム化しました。

Z_比較_front
その効果はこんな感じ。
膝からつま先までスーッと流れた造形になったのではないかと。
だいたいプロポーションに関わる部分の工作は終了かと思ったんですが、こうしてみると、ちょっと腕が長い??
時週末まで寝かして手を入れるかどうか決めようっと。

ではではー!





HGUC Z 改修中


意外と多いフレームやアーマー裏の肉抜き部分をパテで埋めた後は、表面処理、エッジの薄々処理などをやる。そしてももとスネを除く表面処理を終えた今、各所のバランス修正を行なっている、そんなところ。

DSC_0179.jpg

首、胴、足首、つま先延長、足の甲アーマー短縮といった定番の工作を終え、コクピット部分の形状修正、腰のフロントアーマーの幅増し、脇腹のフレームなど「ここからは各モデラーのお好みで、」的工作に突入です。
こういった工作は大抵エポパテでやっちゃいますが、今の時点では泥人形になりかけっぽい雰囲気がプンプンしていますね、(ちょっと不安になってきましたが、、)ラフなエポパテ部分を含め、全体のプロポーションに関わりそうなボリュームの塩梅をここで確認します。

DSC_0171_20170502092822bde.jpg

ま、何とかなるでしょ。キットかっこいいし、武器類も仕上がってるし。
それにしてもさっすが信頼のNIKON D40。↓のiphone6sの画像より綺麗に撮れてます。 D40は写真を撮り始めた息子(寮生活中)に譲ったんですが、久々に使うと楽しいなあ、、。



傑作キット HGUC Z

少なめに見積もっても傑作キット
完全新規でリニューアルされたHGUCゼータガンダムを発売日に購入して、早速組み立てました
発売日に購入したガンプラって、いつ以来だろう、、RGガンダム以来??
パチ組の印象はとにかくかっこいい。でもクセがない印象です。(つまり最高)
このキット、肩などの可動領域の広さがクローズアップされているような気がしますが、プロポーションが非常にいい感じなのです。そのバランスは、時代性を感じて(古く感じない)しかし、作り手の押し付けも感じない。カトキ氏が旧キットのリニューアルを一巡させた後に来る新世代としては、絶妙なバランスです。ここまでHGUCの二巡目のラインナップの完成度に不安を感じていましたが、その不安はこのキットで一掃された感があります。


組み立てたら早速整面スタート
(組み立て中に肘膝のメカ部は当然整面済み。)
画像にはないですが、武器類の合わせ目消しと整面は本体より先に済ませておくのもウチのやり方。

IMG_0667.jpg

最近整面がしたくて仕方がなかったのですが、このキットはそれにぴったりですね。
胸の青い部分なんて、胸上面のセンサーのような突起は削除して、面をしゃっきり出します。後からもっとかっこいいディテールを追加するので大丈夫。
途中、ああ、これが噂の軟プラか、とヤスリをかけながら思ったのですが、別に印象は悪くないかな?ポリキャップの整形より全然まし。(←基準そこ?)ヤスリをかけて毛羽立った部分は流し込み接着剤で消していきます。

整面やって、組み立てての繰り返しの中で、プロポーションの改修ポイントを探すのが、いつものやり方です。
このZも首、胴、足首はちょっと延長かな?

IMG_0668.png

つま先の形状もアニメっぽいのでちょっと改修したいかな?
頭部は顔の小型化、アンテナのシャープ化は終わっています。
あと、このキットのメカ部分、特に肩から脇腹にかけては複雑なギミックが集中していますが、丸軸が丸見えなのでなんとかしたいところ。
整面が一通り終わって、サフ吹いたら、ガレキに近い雰囲気が立ち上がって来るんじゃないかと予感します。
パチ組でも相当満足しましたが、この先もグングン魅力が増していきそうな、作り終えた時の満足度は相当高そうなキットです。おすすめ。

ここしばらく完成品の作成からは遠ざかっていたので、このZで感を取り戻すつもりです。完成まで一通りのプロセスをこなす、これ以上のリハビリはないのです。
とにかく楽しい!

こうやって画像をアップして、やっぱりiphoneじゃきついなあ、、カメラ買お。