プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

工作のやめどきはいつ?


アンテナ系の繊細なディテールが加わって、だんだんラフには扱えないようになって来ました。予定を2週間オーバーして工作が大体終了、、と言いたいんだけど、まだやりたいことが残ってる、というかどんどん出てくる。もともと締め切りのない製作スタイルなので、「やりきった」っと思ったところがやめどき。もう少しいうと、塗装、マーキング、仕上げでどれだけ見所アップするさせるのか、模型を盛り上げるのか、ここで見積もっておかないと、1/144という小さいスケールということもあり、すぐに飽和してしまいます。
例えば、ここで本当に「やりきっちゃう」と塗装もマーキングも仕上げも控えめにしないと、ぐちゃぐちゃになって、どこが見どころかわからない、何がやりたいのかわからない完成品になってしまうリスク大です。そこの塩梅がうちみたいな「キレイ系」完成品スタイルの少ない味だしの手札なんですね。
でもWebベースで活動しているmat modeling serviceには画像で見せたい箇所にフォーカスする最後の手段が残っているので、まだまだ工程が残っている工作フェーズではまだまだラフな見積もりでもいいんですね。(←どっち1?)
DSC_00072.jpg

DSC_0010のコピー

DSC_0001のコピー


土曜の成果は上のとおり、先週末に比べてどこが変わったのかだんわかんなくなって来ましたね。
雨の週末は家の中でしか自転車に乗れないので作業がはかどります。



今週末の製作進行を


モデグラは結局、相変わらずテンションを下げまくるダサい表紙デザインは極力見ないようにして購入。そのまま近所の温泉に出向き、サウナと露天を満喫し、温泉上がりにマッサージチェアに座り、ビールを飲みながら、おおよそ考えられる最高の状況で読みましたが「お?いいですね〜。」(←結局、、)。えーっと、、そろそろ表紙のデザインlコンセプトも変わってもいい頃では??

恒例(?)の今週末の進捗ですが、HGUC Zはほぼ工作が終わった状態です。

DSC_0001_201706252126324e8.jpg

変形優先の若干おもちゃっぽかった背面のウエイブライダーと本体を接続するアーム状のパーツのメカニカル感を向上させたり

DSC_0003_201706252126352d4.jpg

好みで胸の黄色いダクトの下方にもう一個サブダクトを新造してハイパワー感を増す記号を盛り込んだり、

DSC_0004_20170625212635f2e.jpg

背面ウエイブライダー部分やスタビライザー側面のキットのスジ彫りを埋め、新規にスジ彫りなどのディテールを追加したりしました。

DSC_0005_20170625212636a87.jpg

腰部スカート裏面や、シールド裏面のスカスカ感を解消すべくあの手この手で盛り上げたりもしましたが、

DSC_0008_2017062521263837e.jpg

Zガンダムのデザインのキモはゴシック様式建築のような天を突くような、ひたすら先に向かってゆくディテールなのではないかと!このハイパーメガバズーカを工作しながら、気がついたわけです。ああ、そうだったのかと。

今回あちこちに見られる段付きのプラ板切り出しのディテールの簡単な作り方はこちらから
プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム>>


HGUC Z塗装に至らずも前へ進む


今週末は塗装直前状態まで持ってゆくのが目標だったのですが、ご覧の通りまだ途上感満載ですね。

DSC_0006_2017061821530855f.jpg

今週末は主にスジ彫りやシールド裏のディテールなどなど。そこをそこまでやるならここももう少しという感じでどんどんやるところが見つかって、塗装の目処はつかなくとも大充実の週末モデリングでした。

DSC_0015_20170618215308407.jpg

ハイパーメガランチャーは工作終了。設定にはないパイピングも施してみました。
それにしても彫った彫った。だいぶカンが戻ってきた気がします。ディテール過多にはならないように気をつけていますが、ディテールの置き場所というかテンポが心地よいものになってるかどうかが心配。その辺はマーキングでも、仕上げでも補えるので前へ進もう!