HGUC Zガンダム(ver.2017)完成しました。


お待たせしました。HGUC Zガンダム(2017年版)完成しました。
今回ちょっと画像デカめ多めかも。
各センテンスごとに関連How toリンクを貼りましたので、気になるHow toがありましたら時間のあるときにでも。
ガンプラのオススメHow to インデックス>>

■ヤフオク >> 終了しました。たくさんのアクセス感謝です。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t548884415

DSC_0139-01-small.jpg

MGに続き、HGUC Zガンダムもいよいよ2週目に入りましたね。可動域の拡大や変形前後のプロポーションの改善などなど売りが多いキットですが、今回はウエーブライダーへの変形機構はオミット。肩関節、腰間接の動きは旧HGUCレベルに退行。そのかわりといってはなんですが、プロポーションとディテールにこだわって仕上げました(冒頭からのネガかポジかわからない話ではありますが、mat modeling serviceに可動領域や変形を期待している方はいらっしゃらないと思いつつ、念のため。)
ではどうぞー。

今回の完成品のポイントは2点。ズバリ、「カラー」と「メガランチャー」です。
ではポイントを追って説明しますね。

■ポイント1:カラー
今回の売りの1つ目、売りと言いながら15年前のMGZガンダムの完成品以降何の進歩も感じられない、青基調、グラデ有のカラーリングです。
Sガンダムに対するEx-Sのカラーリングと言えばわかりやすいかもですね。
今回のZはいつもガンダム系で使っている青よりほんのちょっとだけ紫に振ってます。そのままいつもの赤で塗ると、きつい印象になってしまうので、赤色もちょっとだけオレンジに振っています。(白、黄色はそのまま)
その所作で変わったのは印象、変わらないのは隣り合う色によって受ける発色の印象。
シールドのグラデはmat modeling serviceのガンダムチームの標準グラフィックです
ちなみにこちらが15年前のMGZガンダムです

mg-zeta-04.jpg
MG Zガンダム、懐かしいなあ、、。

で、これが今回のカラーリングです。あとで詳しく紹介するメガランチャーがグレーなのも特徴です
DSC_0092-s.jpg

色に関するおすすめHow toリンクです
いつも使っている色>>
グラデの一工夫>>

■ポイント2:ゴシック様式メガランチャー
今回の売りの2つ目はプロタタイプ感満載のメガランチャー。アナハイム社の開発チームの心意気を想像したディテールを盛り込みました。そのココロは(ずーーっと下に続く)

DSC_0080-s.jpg

DSC_0142-s.jpg

DSC_0134-s.jpg

DSC_0111-s.jpg

DSC_0099-s.jpg

DSC_0165_20180108203815ce6.jpg
全てのアンテナを前方に向け、開発者の何が何でも前に進む姿勢を表したプロジェクトX(古)仕様です。
その一方向への造形の集中がゴシック様式の建築に似てるとか似てないとか。
そして各部のパイピングはまだ1コしかない(たぶん)試作品であるメガランチャーを表すアイコンです。パイピングを躊躇なく外に出すジオン系に対し、何が何でも外装内に収めてしまう連邦系がごっちゃになったアナハイム系の表現としても機能してます(←してない)
前述のカラーもブルーではなくグレーってのも試作品の印象づけに一役買っているのかいないのか?
脳内陶酔設定はこちらから(時間があるときにでも、、)
組織風土を考えてモデリングした話>>

■その他のポイント(ディテールやプロポーション)
全身のスジ彫りやディテールは滝川虚子氏の画稿を大参考にしました。肩やふくらはぎのスジ彫りなんか顕著だと思いますが、頭部側面のブレードアンテナは作っていてもワクワクしたポイントです。

DSC_0070-s.jpg

DSC_0026-sのコピー

DSC_0035-s.jpg

DSC_0031-sのコピー

DSC_0045_201801082046092d5.jpg

DSC_0041-s.jpg

DSC_0059-s.jpg

DSC_0156-s.jpg

DSC_0120-s.jpg

DSC_0113-s.jpg

DSC_0194-s.jpg


■改修前後比較

DSC_0066-s-comp_20180108205708d72.jpg
本体のプロポーションはいつものように首、胴、足首を延長し、寸詰まり感を解消しております。
他に肩アーマーの大型化、、コクピットブロックの大型化、腰のフロントアーマーの横幅ましなど

DSC_0045-comp-s_201801082057075a5.jpg

DSC_0032_20180108205704906.jpg
脚のバランスどりは特に気をつかったポイントで、実はすねを2-3mm接着面で削ってスリム化しています。
工作は複雑になりますが、身長を増さずに足を長く見せることができたと思います。
丸部分は改修箇所です。(膝のフレーム新造やアンクルアーマーの縮小などなど)

DSC_0035_20180108205705288.jpg
スネ幅を縮小すると、ふくらはぎのカバーや、アンクルアーマー(前後)も当然縮小。
他にも爪先の延長や、ふくらはぎ部分の端面の薄肉化などなど

DSC_0026-s.jpg
頭部のアンテナ追加、首を延長、胴の延長、フンドシの側面ディテール追加、サイドアーマーの形状変更などなど。

DSC_0031-s.jpg
脇腹、腰部分のディテール新造などなど

DSC_0161_20180108205714328.jpg
シールド裏面のディテール新造

DSC_0162_20180108205716ffa.jpg
サブセンサーやアンテナ新造など

DSC_0154-s.jpg
先端のダクト(白い部分)の新造などなど

DSC_0007のコピー-s
そうそう、各所のレッドポイントは今回のZからアップデートしています。
これまでのレッドポイントは手に入るプラの線材の関係で1/144ノスケールで使うには若干太かったんですが、新たに購入した線材はこれまでより細いため、より精密感が増し、その航空機的なZガンダムとのマッチングも良好です。
レッドポイントの関連オススメHow toリンク
レッドポイント>>
新しいレッドポイント>>

■今回のディテールについて
新世代HGUCZガンダムの売りである可動領域をオミットしてまでディテールのこだわったわけは
今回の可動領域が増したのは肩のフレーム構造によるところが大きいのですが、結構丸軸丸見えでカッコいいかと聞かれたらどうでしょうか、、と疑問に思った末の選択です。
Zガンダム時代はムーバルフレームを代表とされるように、外装から垣間見えるフレームの格好よさが命、と焼き付けられておりますので、可動領域とフレームの格好よさを天秤にかけ、後者を取ってしまいました(両立できないのは自分の腕のせい)
しかしその成果としてはこの通り。

DSC_008901-sのコピー

変形構造をオミットするとこんなことができた(←あ、割り切った。)
実際可動領域をオミットしたらウエーブライダーへの変形はできなくなってしまうわけですが、むしろポジティブに考え、変形できなくなってできたディテールを紹介します

DSC_0159-s.jpg
背面ユニットの裏面ディテール
メカが入り込む前提の構成なのでぽっかり空間が空いていてケアできていない印象だったので、フレーム状ディテールを追加するなど。

DSC_0163_20180108210552b77.jpg
シールド裏もディテールぎっちり

DSC_0151.jpg
胸の黄色いインテークの下にダクトを追加
Zガンダムのキャラクターを考えると、飛行機に変形するための吸気へのこだわり、露骨なハイパワー感を感じさせないスマートさ、があると思うんですが(強引!)その2つをダクトの増設を一見してもわからない軒下でというソリューションで解決しました。
私自身、一見わからない「覗き込み系ディテール」は模型が盛り上がりますし、大好物なので。
その他の「覗き込み系ディテール」としてはこんな感じ

DSC_0020-s.jpg
特にサイドアーマーはビームサーベルが入ってるのかも、と物語らせるには程遠いですが、目指したと。

detail-01.jpg
ディスプレースタンドでポージングした場合は意外と目立つ足裏も仕上げたり

DSC_0152.jpg
ふんどし部分裏のメカディテールも覗かないと見えません

覗き込み系ディテールのススメ>>

DSC_0149-s.jpg
ビームサーベルはさっと蛍光塗料吹きが効果的(だと思う)
LEDとか使わずに発光して見えるビームサーベルの塗装仕上げの話>>

■その他の付属品

DSC_0046-s.jpg
ディスプレースタンドは高級感とモダンの融合した印象の厚アクリル製ディスプレースタンドが付属します
上記画像のクリア樹脂製のスタンドではないのでご注意を
ディスプレースタンドについて>>

■制作過程

DSC_0010_20180108211418f42.jpg
サフ直前画像です

Z_比較_front
プロポーションはこんな感じに変更

■頭
アンテナをシャープに整形
バルカンは精密金属部品に換装
フェースの小顔化
頭部右側面にアンテナ新造
額のセンサー縁の薄肉化
各センサー部にホログラムシート

DSC_0006_20180108211416402.jpg

DSC_0003のコピー

■胴
首を延長しあごが引けるように可動域変更
首の前後にディテール新造
肩フレーム新造
胸のダクトをシャープに整形
胸のダクト下にサブダクト新造
胸表面のアンテナ3か所追加
コクピットカバー(赤部分)の形状変更
胴の白い部分延長
へその部分にフレーム状ディテール新造
脇腹4か所にフレーム状ディテール新造
■腕
肩の白い八角形ユニット裏肉抜き穴埋めディテール新造
肩アーマー拡大
肩アーマーノズルフチ薄肉化
下腕外側にハードポイントディテール追加
グレネードランチャー開閉ギミックはオミット
握り手、ビームライフル握り手はMSハンド(スモール)使用
■腰
フンドシ部分側面にプラ板でディテール変更
フンドシ裏面にシリンダー状ディテール追加
フロントアーマー延長拡大、裏面ディテール追加
サイドアーマー形状変更、上部にフレーム状ディテール追加、裏面ディテール追加
リアアーマーのノズル縁を薄肉化、内部に金属部品セット

■脚

DSC_0001のコピー

DSC_0016 2
ふくらはぎユニット幅縮小し、スリム化
ひざ部分にフレーム状ディテール新造
アーマー各縁を薄肉化
アンクルアーマー短縮
足首間接延長
つま先延長
ふくらはぎノズル縁を薄肉化、内部に金属部品セット

■武器、その他

・背面ユニット
DSC_0004のコピー
翼の展開ギミックはオミット
上部の白いダクト部分はプラ板で新造
背面ユニット裏面にディテール追加
本体と背面ユニットをつなぐフレームの肉抜き穴埋め、ディテール追加

・シールド
DSC_0005のコピー

側面にアンテナディテール追加
腕との接続部分近辺にメカ状ディテール追加
腕との接続フレームにシリンダー状ディテール追加

・メガランチャー
DSC_0008_2018010821141676b.jpg

各部パイピング追加
アンテナディテール追加
伸縮ギミックはオミット(伸ばした状態でフィックス)
・ビームライフル
伸縮ギミックはオミット(伸ばした状態でフィックス)
ライフル握り手をグリップに固定
・ビームサーベル
先端にアンテナディテール追加

■最後に

DSC_0022のコピー
肩のアムロのパーソナルマークについては、普通に受け入れることができる時代ですよね。
久々のZガンダムの制作、堪能いたしました。
今回も最後まで見ていただいてありがと。
ではではー。



 




工作のやめどきはいつ?


アンテナ系の繊細なディテールが加わって、だんだんラフには扱えないようになって来ました。予定を2週間オーバーして工作が大体終了、、と言いたいんだけど、まだやりたいことが残ってる、というかどんどん出てくる。もともと締め切りのない製作スタイルなので、「やりきった」っと思ったところがやめどき。もう少しいうと、塗装、マーキング、仕上げでどれだけ見所アップするさせるのか、模型を盛り上げるのか、ここで見積もっておかないと、1/144という小さいスケールということもあり、すぐに飽和してしまいます。
例えば、ここで本当に「やりきっちゃう」と塗装もマーキングも仕上げも控えめにしないと、ぐちゃぐちゃになって、どこが見どころかわからない、何がやりたいのかわからない完成品になってしまうリスク大です。そこの塩梅がうちみたいな「キレイ系」完成品スタイルの少ない味だしの手札なんですね。
でもWebベースで活動しているmat modeling serviceには画像で見せたい箇所にフォーカスする最後の手段が残っているので、まだまだ工程が残っている工作フェーズではまだまだラフな見積もりでもいいんですね。(←どっち1?)
DSC_00072.jpg

DSC_0010のコピー

DSC_0001のコピー


土曜の成果は上のとおり、先週末に比べてどこが変わったのかだんわかんなくなって来ましたね。
雨の週末は家の中でしか自転車に乗れないので作業がはかどります。



今週末の製作進行を


モデグラは結局、相変わらずテンションを下げまくるダサい表紙デザインは極力見ないようにして購入。そのまま近所の温泉に出向き、サウナと露天を満喫し、温泉上がりにマッサージチェアに座り、ビールを飲みながら、おおよそ考えられる最高の状況で読みましたが「お?いいですね〜。」(←結局、、)。えーっと、、そろそろ表紙のデザインlコンセプトも変わってもいい頃では??

恒例(?)の今週末の進捗ですが、HGUC Zはほぼ工作が終わった状態です。

DSC_0001_201706252126324e8.jpg

変形優先の若干おもちゃっぽかった背面のウエイブライダーと本体を接続するアーム状のパーツのメカニカル感を向上させたり

DSC_0003_201706252126352d4.jpg

好みで胸の黄色いダクトの下方にもう一個サブダクトを新造してハイパワー感を増す記号を盛り込んだり、

DSC_0004_20170625212635f2e.jpg

背面ウエイブライダー部分やスタビライザー側面のキットのスジ彫りを埋め、新規にスジ彫りなどのディテールを追加したりしました。

DSC_0005_20170625212636a87.jpg

腰部スカート裏面や、シールド裏面のスカスカ感を解消すべくあの手この手で盛り上げたりもしましたが、

DSC_0008_2017062521263837e.jpg

Zガンダムのデザインのキモはゴシック様式建築のような天を突くような、ひたすら先に向かってゆくディテールなのではないかと!このハイパーメガバズーカを工作しながら、気がついたわけです。ああ、そうだったのかと。

今回あちこちに見られる段付きのプラ板切り出しのディテールの簡単な作り方はこちらから
プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム>>