2018/03/04

ハイレゾウイング撮影中


こんにちはー。今日は暖かかったですねー。
海外出張あり、そこでインフルエンザをいただき、、なんかしていてちょっと前回のエントリーから間が空いてしまいましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
HiRM ウイングガンダム ZERO EWは完成し、今ざっくり撮影中です。
今のタイミングで、画各部を拡大して最終チェックをします。
毎度のことですが、荒い部分を発見することも結構ありますので、この後本体に最終修正をかけます。
そしてまだ手を入れることができる部分を見つけることもあり、その後追加工することもありまして、正確には今回の画像=最終完成品画像ではないですね。
このような仕上がりのチェックの他に、今回の完成品の画像映えもチェックできます。もっと立体感を強調して撮影した方が、キャラに合ってるとか、ちょっと眼光きつめに感じるので角度を変えよう、とかそんな感じで。

今回の完成品も最終的に手元に残るのは画像だけなので、できるだけ納得のいく画像を残したいです、、と言いつつも納得いく画像って、なかなか、、。
ということで最終画像のアップはもう少し待ってね。
本当に今日暖かいなー。

DSC_0033_20180304154820984.jpg

DSC_0039_20180304154823894.jpg

DSC_0044_20180304154822883.jpg




 



2018/01/21

ハイレゾWガンダム仕上げ終盤


ハイレゾWガンダムもいよいよ製作終盤です。

今週末はデカール中心に仕上げ工程を楽しんだのですが、今回は梵字デカールで有名な仕上げ屋さんのシステムマーキングを中心に使っています。
いつも一通り貼って、全体のバランスを見て、剥がしてまた貼る、気のすむまでやる、みたいなことをやっているのですが、このデカールは貼りやすく、貼るときにタミヤのデカールのりと併用すれば、乾燥後もデカールを貼った上からデカールのりを塗布し、しばらくすれば簡単に剥がせて、自分の制作スタイルにもしっかりあっています。
ちょっと見かけないデザインのマーキングも入っているので新鮮に製作できました。
今回使ったのはシステムマーキングN1s(1/144向き?)とシステムマーキングN1(1/100向き?)です

興味のある方は以下リンクから仕上げ屋さんへGO
https://poohsmodeling.shop-pro.jp

DSC_0010_201801212019457e7.jpg
羽の部分はグラデ塗装で羽の立体感やレイヤー感を強調しつつ、デカールも羽の流れを意識して貼っていきました
これは外側に放射状に拡がってゆくイメージで。

DSC_0001_20180121202116d23.jpg
本体の方も胸など特徴的な部分へ集まってゆくようにデカールを貼っていきました。こちらは羽と逆に中央に集中していくイメージで。
そんなこんなでこちらもうっかりすると製作が完了してしまいそうなので、今週末はこの辺で。
1週間経って、新鮮な目で改めて仕上がり具合を見て、デカールやその他ディテールに違和感を感じなければ、デカール上にクリアをオーバーコートして、段差を消して、いよいよフラットコートでツヤの調整ですね。




 


2017/10/29

ハイレゾWガンダムにチャレンジ


ハイレゾリューションモデル1/100 ウイングガンダムゼロEWにチャレンジしています。
バルバトスからスタートしたハイレゾリューションモデルですが、メタルダイキャスト部品込みの組み立て済みフレームに、メタリック塗装済み部品や鏡面を多用した美しく整形された樹脂部品を組み付けてゆく構成は変わらず。今回気になったのはこれまで見たことがない造形アレンジが定番人気MSである ウイングガンダムゼロに施されていた点です。ハイレゾリューションモデルと ウイングガンダムゼロのマッチングはいかに。
結論を言うと「非常にかっこいい」でした。

パチ組はこの際すっ飛ばして、今うちのウイングガンダムゼロはどうなっているかと言いますと、表面処理はほぼ終了して、整面でカッキリ、エッッジや鋭角の先端部分はトゲトゲ、ディテールの谷部分やスジ彫り部分は彫り直し、と言う感じでハイレゾ感をより高めた状態です(まだまだ処理は甘いですが、、)。
では以下その状況をば。

DSC_0034_20171029141541109.jpg

DSC_0030_201710291415415fe.jpg

DSC_0028_201710291415392f1.jpg

DSC_0031_2017102911425745a.jpg

DSC_0039_201710291142599a5.jpg

DSC_0008_20171029104341b7f.jpg
表面処理のポイントとしては、これだけハイディテールなモデルなので、今後好みのディテールを入れたり、マーキングすることを考えると全体的に何%かのディテールの削除をしていく必要があると感じ、シンプル化しました。これはmat modeling service のさじ加減なので、一般的な話ではないですね。
いいわゆるバンダイエッジの削除もディテールや情報量の削除と捉えています。

DSC_0009_201710291043432b4.jpg

DSC_0014_20171029104356b12.jpg

DSC_0016_201710291043576b7.jpg

DSC_0023_2017102910435935b.jpg

DSC_0008-comp.jpg
本体のパチ組との比較です。
プロポーションは脚を数ミリかかと部分をハイヒール化することで延長しました。足の付け根部分でもちょっと延長しようか検討中です。

DSC_0005_201710291043403ac.jpg
その他に目立つ部分に肉抜き箇所があるので、埋めたりしています

DSC_0004_20171029104340c6d.jpg

DSC_0003_20171029104337f38.jpg

それにしてもかっこいい。自分が作ったプラモじゃないみたい。
撮影中部品がポロッポロとれてストレスが溜まりましたが、動きに関係ない部品はかっちり固定して完成すれば問題なし。関節は組み立て済みのネジ止め関節のフレームなので、非常に保持力はいいみたいです。高価なキットですが、チャレンジしてよかった。サフ吹いてテンションがさらに上がりましたよ。