プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

ケルディムガンダムサーガ仕上げ中


冬休みにオススメ!HGBF ケルディムガンダムサーガ!
年末のパチ組に、と言いながらズルズルとディテールを追加して、今や仕上げに突入しております。うっかりするともうすぐ完成しそうです。
今は具体的には部分塗装を終えて、極小のレッドポイントを貼り込み終わって(目が、、)、胸にこれまた極細のパイピングを施した状態です。
今回はカラーリングにこだわって特に塗装は装甲とフレーム合わせて6色のグレーを使いましたが、なんか画像を見る限り報われてねー。
そして、肉眼ではよくわからなかった各部の仕上がりの荒さを改めて目の当たりにしてとほほです。
これからは衰え始めた肉眼に代わってカメラのレンズと高精細ディスプレーで補うことをこれまで以上に積極的に行っていかねばなるまいと思いました。iPadを息子に返してもらおうかなあ。

DSC_0009_201801152150585dd.jpg
ここからは各部にデカールを貼り付けたり、センサー部分の処理など、それほど工程は残ってないですが、楽しめればなと。

DSC_0001_20180115215055107.jpg
そうそう、画像を撮ってて思ったんですが、ケルディムガンダムサーガって脚の幅がなく細いのですが、銃を膝にマウントしているので奥行きがすごい。脚を立体で見ているときはボリュームがあるように見えて、いざ撮り始めると正面から撮ってしまって、ひょろっとした印象になってしまう。完成後しっかり画像を撮るときは、そこんところに注意して、側面と正面が撮れるアングルにするか、手持ちの武器か何かで被して撮ろうと思いました。あ、これ、自分へのメモです。

DSC_0005_20180115215058927.jpg

おまけに塗装直前の↑と同アングルのサフ画像です。
このダークなカラーリングですと、いろいろ彫っても報われないなー。
ではでは。
DSC_0125_201801152155544d1.jpg



 


年末の模型を楽しむ

ちょっと久々になりましたが、その間、札幌モデラーの方々、函館モデラーの方々との楽しい食事、いつものTgTの忘年会、と話したいことが山盛りの近況なのです。その中でもっとブログを更新すべしとの強いリクエストがありまして、もうちょいなんとかしないとなあと考える年末でございます。
さてさて前々回のエントリーで、年末年始の休暇中に組むと満足度が相当高いのでは?と提案したケルディムサーガですが、なんとなくディテールをいじっててここまできましたというご報告。(なになに??)
デザインナイフやタガネやエッチングソーを使って、コリコリやりましたが、相変わらず彫り込み彫刻系のディテールはなかなか難しいという印象です。しかしそれも当然と言えば当然で、いつもぶっつけ本番なので、ちょいちょい失敗してリカバーするも致し方なしですね。練習してないんだもの。
僕を含め、スジ彫りなど彫刻系のディテールが苦手な方は練習するといいような気がします。掘りまくってもいいようなパーツはいっぱいあると思いますので、本番前に10分間ディテール彫刻の練習をするといいと思います、というか良かったです。先回のタガネ作業が3ヶ月前なのでこの練習は効果的でした。ほんとやって良かったのですが、サフを吹けば粗だらけというのはいつも通りですね。

DSC_0117_20171217194220f87.jpg

DSC_0125.jpg

DSC_0113_201712171942179f8.jpg

DSC_0120.jpg

ケルディムの他にもハイレゾWも進めています。この二つは一緒に塗装できますね。
DSC_0132_201712171942246fa.jpg
ウイングはさらにトゲットゲにしてますのでお楽しみにー