MGバルバトス完成しました

MG 1/100 ガンダム バルバトス完成しました。

■ヤフオク>>> 終了しました。今回も多くのアクセスありがとうございました
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h490238120

TV放送はずっと見てたんですが、一時期東京に住んでおり制作環境も整っていなかったため、放送時に発売されたバルバトスのキットにはいまいち手が伸びませんでした。
しかし、ずっと気にはなっていましたし、「もし作ったらこうしよう」という構想だけは頭の中にしっかりあって、今回のMG化の機会に実施してみようと思い立ちました。
僕のよくやるディテールに、パイピングがありますが、オルフェンズの世界観とパイピングの相性が良すぎて、それ以外にないと、太めのパイピングを6本、中パイピング4本、細パイピング8本施しております。
あと、全体のカラーリングも地味ですが工夫をしましたのでそのあたりが見どころかと。
それにしてもMGバルバトス、、すごく格好いい。

MG-BARBATOS-01.jpg
今回の工作(ディテールの)のコンセプトは「鬼」の表現です。
表現としては、新造のブレードアンテナ、脇腹のパイピング、背面に増設されたタンク、、がそれにあたります。なぜ「鬼」か?鬼っぽいガンダムだから?。

鬼施策その1 → ブレードアンテナを胸に3か所、額に1か所追加しました。このとげとげ感が鬼イメージを増加

MG-BARBATOS-02.jpg
鬼施策その2 → 脇腹にパイピングを施しました。肋骨が浮き出たような感じになるのが鬼っぽい。
特にパイピング付け根にはライン状のデカールを貼って肋骨感を強調!

MG-BARBATOS-04.jpg
鬼施策その3 → 背面にタンク増設 単に鬼が良く持っている棒のようなものをイメージしました。(こじつけやん!)

MG-BARBATOS-06.jpg
足首はバルバトスのぺったんこのデカ靴もキャラクターなのですが、好みで結構変えました。
ハイヒールっぷりはだいたい10mm程度ですが、かかと周辺の白い外装も下にずらしたので
それほど高くは見えないのがミソ。
ハイヒール化に合わせ、足の甲も高めに変更しました。
スリッパ部分(赤い部分)をソール部分(グレーの部分)から上にずらして接着しました。
足首から前の屈伸ギミックはオミットしました。

MG-BARBATOS-05_20200718094359ab8.jpg
塗装と仕上げですが、バルバトスといいますか鉄血のオルフェンズのMSはウエザリングが似合うと評判ですね。
しかし、残念ながらウチにMSのウエザリング仕上げはほとんど期待されていません。しかし、、という逡巡があったのですが、狙いが「道具感」「現場感」ということであれば、その手段はウエザリングに限ったことではないと思いました。
うちが得意とするきれいな仕上げでもできるのではないか?と。(続く)

MG-BARBATOS-03.jpg
トリコロールに塗りたいという欲望はストレートに実行(ハイレゾWガンダム以来1年半ぶりです)
これで「道具感」「現場感」達成のハードルはさらに高いものになりました。
白、赤、青、黄のレシピもいつも通り 関連How to >> いつも使っている色は
フレームもいつものグレーバイオレットと特色の333(追加タンクなどは今回は少し黒を足しました)
中間グレーもいつものガルグレー+白ですが、今回は少しだけ暗めに調合。(続く)

MG-BARBATOS-07.jpg
この中間グレーが今回のポイントです
中間グレーの配色ですが、今回はダクトや、関節やフレームの近くに置くことを意識しました。
これが今回ウエザリングなしで、劇中の道具感、現場感が表現できないか?というトライアルの手法その①です。
中間グレーをダクトや関節周りの複雑造形のそばに置くことで、密度が増さないか、そして中間グレーは、使い込まれて変色した部分というのはどうか?いくらきれいに清掃してもそのパーツはオイルや薬品の浸透や高応力負荷、または高熱で変色してしまっているというイメージです。でも改善の余地大ですね。(続く)

MG-BARBATOS-08.jpg

MG-BARBATOS-09.jpg
ウエザリングなしで、劇中の道具感、現場感が表現できないか?というトライアルの手法その②ですが、
脇腹から背面に向けてのメカ露出部分にさらにパイピングやタンクが増設され、迷宮化したごちゃメカ部分の造形と、ごちゃメカ部分の仕上げにあります。ごちゃメカって塗分けた場合、うまい人ほど程よく整理され、「何が何だかよくわからない」風にはならない印象があります。
今回はあえて単色で仕上げて立体から醸し出される複雑な感じをドストレートにお届けしています。
しかもマーキングがさらにごちゃごちゃ感をアクセラレート!
中に分け入ってしまうと何が飛び出すかわからない、そんな雰囲気がないでしょうか?道具感、現場感でてないでしょうか?(続く)

MG-BARBATOS-10.jpg
例えるとラリーカーやレーシングバイクのイメージが近いかなと思います。
ケプラーなど塗装部分と素材部分との差や、そこを高熱から保護する金属シートなどの部分ごとのちぐはぐ感。
パイピングなどの増設部分は現場対応感がいくら隠そうとしても醸し出されてきます。それらはどれだけ洗浄してきれいにしてても目に飛び込んできます。(続く)

MG-BARBATOS-11.jpg
さらにこれらの表現も、1/12スケールや1/20スケールならそれぞれ素材や変色具合もリアルに表現できますが、そこは1/100ですので、むしろ割り切りが必要とも言えます(よね)。
、、と説明はいいかもしれないですが、実際の表現がどうなのよ?できてるの?というのが、模型制作の厳しさです。とほほ。

MG-BARBATOS-12.jpg
滑腔砲もセンサーを増設したり、パイピングを加えたり、現場対応感を出してみましたよ。

MG-BARBATOS-13.jpg

MG-BARBATOS-14.jpg
目にイナズマ風のエフェクトをつけたくなる、、。

MG-BARBATOS-15.jpg
腕パーツを外した状態です。脇腹の複雑なパイピングと背面のプロペラントタンクはこのように処理されてます。

MG-BARBATOS-16_2020071816204998f.jpg
見所は後頭部から伸びる細いパイピング

MG-BARBATOS-17.jpg
首パーツを外すとこんな感じ。しごいごちゃごちゃ。

MG-BARBATOS-18.jpg
背面のディテールアップ。膝裏付近のディテールもメカ感を強調しました。

MG-BARBATOS-19.jpg
背面別アングルから。

MG-BARBATOS-20.jpg
スカート内部。リアアーマーにはハニカムエッチングシートをセットしました。エッチングシート越しに見える赤いマーキングがポイント。関連How to >> 異次元の精密さ エッチングパーツを使おう
アンテナ先端の赤いポイントもポイント(?)関連How to >> レッドポイントの作り方と貼り方の話

MG-BARBATOS-21.jpg
足裏も仕上げてます

MG-BARBATOS-22.jpg

MG-BARBATOS-23.jpg

■フィギュアについて
MG-BARBATOS-24.jpg
そうそう、ディスプレースタンドですが、厚さ20mmの白アクリルで、タイトルシートを貼ったものです。気が付かれた方は鋭い!オラザクに応募したThe GUNDAMと同じ仕様です。

IMG_20200718_093331.jpg

MG-BARBATOS-25.jpg
フィギュア背面には鉄華団のマーキングつき。
フィギュアはセメダイン社の貼ってはがせる接着剤でディスプレースタンドに止めています。

MG-BARBATOS-26.jpg

MG-BARBATOS-27-1.jpg
フィギュアはポージングを変更しました。左手を上にあげて「やあ」って感じのポージングを、両手をポケットに突っ込んだポージングにパテで変更。

■比較画像
MGバルバトス比較1
パチ組との比較画像です
プロポーションは首の延長とかかとのハイヒール化のみ。かっこいいキットですよ。
ハイヒール加減と、それに伴う足の甲高化加減もチェック。

MGバルバトス比較2
背面はパイピングやプロペラントタンクの追加で、大きく印象を変えています。

MGバルバトス比較3
細かな塗り分けも見所のつもりです

MGバルバトス比較4
滑腔砲のディテールも結構色々と部品をつけているので、シルエットも変わった印象です。

MGバルバトス比較5
腹部のメカが露出しているのがバルバトスの大きな特徴ですが、それをさらに強調するべくディテールを追加しました。

■途中工作画像
MG_Barbatos_工作1JPG
脇腹のパイピングはこんな感じで流れています。

MG_Barbatos_工作2
ハイヒールの処理はこんな感じです。
頭部アンテナ、メイス先端、爪先端もピンピンです。

MG_Barbatos_工作3
今回はディテール類はごちゃごちゃ感を強調するためあえて単色で塗装していますが、このように素材状態だと、どこがどんな感じになっているかわかりやすいかと。

MG_Barbatos_工作4
金色の精密金属パーツはアンテナの基部になる部品。その先に金属線を接続し、アンテナにしています。

オラザク大将受賞作品「The GUNDAM」以来の久々の完成品のご報告で、感覚を取り戻すのが大変でしたが、いかがだったでしょうか?
いつも最後まで見ていただいて感謝です。 >> mat





MGバルバトス工作終了

年末に発売されて、「年末には最新のMGを作って過ごしたい」と取り組み始めたMGバルバトスですが、工作的にはだいたいできてきたのでアップします。

DSC_0008のコピー3

作業を進めては画像を撮ってTwitterにアップするのが、最近のうちのスタイルなんですが、このバルバトスはかっこよく撮影できる確率が非常に高い。そんなMSは非常に製作するのも楽しくなってきます。立体映えするデザインと格好良い立体構成に仕上げたバンダイに感謝しつつ製作を進めることができました。
逆に(自分の撮影技術を思いっきり棚上げして言っちゃうと)撮っても撮っても決まった画像が撮れずに、大苦戦したのがバイアランカスタム(きつかった、、)なんでだったんだろう??

DSC_0010のコピー

本体のデザインといい、武器といい、何か「鬼」を感じさせるMSなので、今回は少しその辺を強調する方向で工作を進めました。

DSC_0001のコピー

胸や額にアンテナ調のツノを生やしてみました。脇腹のパイピング調のアバラ骨と相まって「鬼」感が強調されてきました。
脇腹のパイピングのはたるんとした若干重力や内側の物質感を感じるようなカーブではなく、シェルブリット的にカクカクした軌跡で取り回しました。

DSC_0004のコピー

背面に阿頼耶識システムの阿頼耶識システム的にタンクのようなものも試作しました。それらが釘を打ち付けまくったバットにしか見えなくてどうしようと思ったんですが、物語の世界観や「鬼」デザインに超ハマってるのでは??と考え直し、それでいいのかと、、。現在3本目も工作済みです。

ここまで書いてバルバトスが画像映えすることについて気がついたことがあります。
白バックの撮影をしばらく続けてますが、最近特徴的なディテールは、シルエットに出てくるようにアングルを決めています。例えば表情つきまくりでできのいいピンピンの指をシルエットになるべく絡まり、影絵のように白バックに強調され、目立つように撮影していることに「くどい」と感じてる方もいらっしゃるかと、、。
今回のバルバトスは全体的に鋭利なディテールが多く、それらがうまい具合に影絵的に画像化できてるのも要因かと、、(鬼と影絵って相性良さそうだし)
これは少し掘れるテーマかも。





最新のMGをきっちり作る

ここで新たにカテゴリーを追加して、GBWCにエントリーするPGストフリを一時中断して、MGバルバトスを製作します。
最新のMGを比較的短期で集中的に製作するのって独特の楽しさがありますよね。しかも年末の模型ですよ!

DSC_0003_20191222184029128.jpg
1年単位の製作を2年連続でとなると、スジ彫りを集中的にするのも年に1回(だいたい5月くらい)になってしまいます。それは結構厳しい。
実際このバルバトスの整面でスジ彫りも彫り直すのですが、5月以来なので正直なかなかのものがあります、、。

DSC_0011_2019122218402759e.jpg
ホントはもっと書きたいことがあるんですが、、

DSC_0013_20191222184025f51.jpg
和牛がM1で敗者復活するので残念ですがここまで!

DSC_0020_20191222184026d4b.jpg
でもMGバルバトスはめちゃくちゃかっこいいし、組んでて楽しいので年末にオススメです!