プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

RGエールストライクガンダム+I.W.S.P UPしました

バンダイ RGエールストライクガンダム+I.W.S.P 完成しました
 
I.W.S.P関係のユニットはすべてHGストライクルージュ+I.W.P.Sのキットから改修したものです
今回もRGザク同様フレームもしっかり作製しております

Yahoo! Auctions >> 終了しました。今回も多数のアクセスありがとうございました

■I.W.S.P
まずは今回の目玉のI.W.S.Pからご紹介

RG_Strike-2.jpg
圧倒的な火力を誇る第4のストライカーパック”I.W.S.P”

RG_Strike-5.jpg
右手ビームサーベル持ち、って、、そういえばこのサーベルはどこに収納??(笑

RG_Strike-1.jpg
■頭部 

アンテナを鋭く整形 
バルカン砲口を金属パーツに換装 
首を若干延長 
頭頂部センサー、後頭部センサーにホログラムシート 
ツインアイにはキット付属のリアリスティックデカールを形状を使用

RG_Strike-3.jpg
ももの動きなど、1/144ではないような、、。

RG_Strike-4.jpg
コンバインシールドのグリップもしっかり握れます
RGシリーズの可動指のおかげですね

RG_Strike-6.jpg

RG_Strike-7.jpg
後ろ向きのノズルの数が、、迫力です。

RG_Strike-8.jpg
I.W.S.Pにはあちこちに細かなブレードアンテナがセットされてます。

RG_Strike-9.jpg

RG_Strike-10.jpg

RG_Strike-11.jpg



■エールストライクガンダム
ここからエールストライクガンダム編スタート
キットを素直につくると(若干プロポーション変更してますが)だいたいこんな感じになるという、、
良いキットだなあ。

RG_Strike-13.jpg

RG_Strike-14.jpg

RG_Strike-15.jpg
足裏ノズルに金属パーツをセット

RG_Strike-16.jpg
ノズル部に金属パーツをセット
覗き込まなきゃ分からない系ディティール
白いテールスタビライザー(?)下面数カ所に細かーくホログラムシートをセット

RG_Strike-17.jpg
翼を全体的にシャープに成型
翼上面に細かーくホログラムシートをセット
ビームサーベル先端にアンテナ追加

RG_Strike-18.jpg
アウトライカーパックを外すとこんな感じ
エールストライカーパックもI.W.S.Pも同じ接続部品になってるので換装可能です



■ノーマルとの比較画像

DSC_0098_20110923143449.jpg
まずは本体
首、股関節、足首を延長しています。
同時に股間接部足付位置を外側に変更
腰のフロントアーマー内側、上部を延長し大型化
あと、握り手軸が外にずれているように感じたのでオフセット
ひざアーマー上部のマルイチディティールを市販パーツに換装

RG_Strike-19.jpg
I.W.S.P ユニットは 
HGストライクルージュ+I.W.S.Pのキットから改修 

本体への接続部分はRGのエールストライカーパックから流用
主翼もRGのエールストライカーパックから流用取り付け角度を変更 

その他翼も全体的にシャープに成型しディティール追加
各部スラスター新造、 後部四角ノズルは市販パーツを加工して使用、内部にディティール追加

RG_Strike-20.jpg


RG_Strike-21.jpg
主翼基部のダクト部新造、内部にエッチングメッシュセット
115mmレールガンの砲口、センサー部新造、
各部アンテナ新造 
115mmレールガンサイドのセンサー部(?)にホログラムシート 

105m単装砲の砲口部分新造+金属部品セット 

対艦刀のグリップ部分にディティール追加

RG_Strike-22.jpg
主翼のノズル4個内部に金属パーツをセット
対艦刀の刃はシャープに成型

RG_Strike-23.jpg
コンバインシールドの裏面は埋めてディティール追加 

コンバインシールドの腕へのジョイント部はRGエールストライクガンダムのキットの同部分流用

注:対艦刀とビームブーメランはそれぞれ基部に固定したため取り外すことはできません

RG_Strike-24.jpg
ラーフルのセンサーはホログラムシートをセット
その他金属パーツや、クロームシートでディティールアップ

■その他武器 

アーマーシュナイダーの刃はシャープに成型 
(あ、、撮り忘れた、、)
シールド先端裏面の肉抜き穴埋め

DSC_0156_20110923132351.jpg
こんな感じでハニカムエッチングメッシュを今回も使用してみました



■フレーム
、、で、今回もRGザク同様フレームもしっかり作製しております
外装をかぶせると見えないマーキングや塗り分け箇所多数なわけですが、
コレはコレで奥ゆかしいといいますか、、。

DSC_0015_20110923134959.jpg

DSC_0004_20110923134323.jpg

DSC_0019_20110718234537.jpg

DSC_0016_20110718234011.jpg

DSC_0002_20110718232639.jpg

DSC_0007_20110718232638.jpg

以上、いつも最後まで見ていただき感謝!です 

ホントにRGシリーズって完成したときの模型の凝縮感が、、凄いです。
過去のRGシリーズの完成品画像はこちらから、もし興味がありましたらどうぞー。

-RGガンダム>>
-RGザク>>


RGストライク


お待たせしましたー。現在編集中です。
ただもうちょっと撮っときたい画像があるので、
今晩追加で撮影します(夜じゃないと光が統一できないので、、)。
も、ちょい。


DSC_0051-01.jpg



百式パーツ投入

百式パーツが届いたのでセットしてみる
だいたいコレで全体的にイメージしやすくなった
だんだんと派手になってきていい感じ
後は各部の作り込みですね。
頭部のアンテナも前回のエントリーの時にやったスタディにしたがって上方に延長、、、が、長すぎか?

DSC_00018.jpg

こうしてみるとやはり胸ダクトの下の隙間になんかしら見せ場をもっていきたくなるなあ

DSC_0025_20110917195631.jpg

DSC_0029.jpg

やっぱりアンテナ長いなあ、、というか広げるべき?
それにしてもプラモは楽しいなあ。

今日のデルタ

手持ちの百式のメッキ剥がしに失敗して、
肩やフロントアーマーの制作ができませんでした。
もはやリカバリー不可能状態で、もう一個キットを買うハメに、、。
やっぱりブランクが、、(←そういう問題?)。

DSC_0004_20110911165616.jpg

もういつも上半身画像ですが、ちょっとずつ変化してます。
今回は胸のダクトと、コクピット周りがちょこっと進みました。
後は頭部のアンテナ。くの字に曲がってるところからまっすぐに伸ばすかどうするか?
↓こんな感じのアンテナになるわけですか。
(画像処理で様子見です。ついでに額も伸ばしてみました)

DSC_0004-02.jpg

悪くないじゃないですか?アンテナはもう少し長いほうがいいかな?
だんだんガンダムになってきた!

DSC_0008_20110911165615.jpg

ライフルはデルタガンダム意匠をリアエンドに、デルタプラス(しかも小説版)意匠を側面のパイピングやセンサー類でという、節操なしモデリング。
シールドもだいたい出来てる。
あとは百式のキットが届いたら全体バランスをチェックします

デルタとストライク

この期に及んでデルタ改修スタート。モデサミに向けて!(←言いたいだけ)
だって、グレーじゃなくて派手な色で塗りたいんだもの!
デルタはデルタでも別のデルタになりつつあります
Z-plus、Z、百式、Sガン、ユニコーン、ちょっぴり力を貸してくれ。

DSC_0003_20110910195039.jpg

そんでRGストライク
長い間フレーム状態だったのですが、外装をかぶせてみると、、俄然やる気アップ
やっぱりRG、密度感がいい感じ。で、撮影スタート!
フレーム状態はこんな感じ>>■

DSC_0006_20110910195039.jpg

GUNDAM CONVERGE νガンダム

MGデルタプラスの進捗に続き本日2回目のアップ。
MGデルタプラスの息抜きに(そもそもMGデルタプラスもサラミスやRGストライクの撮影の息抜き、、)GUNDAM CONVERGEのνガンダムの表面処理などをする。
このGUNDAM CONVERGEのνガンダムは2種買わないとファンネル、バズーカ、ライフル、シールドのフル装備にならないのですが、このように全部載せは確かに迫力があるな
アンテナやシールド、ファンネルが樹脂なので整面は比較的し易いんですが、その他の部分とのバランスが少し気になるか。

DSC_0026.jpg

DSC_0022_20110904222049.jpg

今だからできる不必要な拡大画像2発。今後画像はだんだん小さくなっていきます、、。
さてさて、いったんバックパックやふくらはぎのバーニアは置き換えるためモールドは削除。
その他のユニットも比較的細かく分割して、金属線で接続できるようにしておいた。
このνはちょっと塗装に凝ってみたいなと

DSC_0015_20110904224451.jpg

サフ前まできた

デルタプラスもいよいよサフ前まできたかなあと。

DSC_0003_20110904222032.jpg
バックパックは正式採用。
接続はマグネットで。ハードポイントが背中にはないので、いつでもノーマルデルタプラスに戻せる。
そんな辺りってどうなの?自信がないの?という自問自答仕様。
その他、首前にフレーム状ディティール追加。その他スジ彫りなどなど

DSC_0008_20110904222031.jpg
腕の内側にもディティール追加

DSC_0009_20110904222030.jpg
腰のサイドアーマーにはノズルやディティールを追加。
鉛筆の下書きが紛らわしいなあ

DSC_0011_20110904222029.jpg
足首もちょこちょこと。
足首軸を延長してるので、軸隠しなど

DSC_0012_20110904222027.jpg
しばらく1/144の製作が多かったから、肉抜き部分を埋める作業は少なめに感じる。
これから脱脂洗浄してサフ行きます