プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

GWも終わるよ

兵庫県、灘にある兵庫県立美術館に「超・大河原邦男展」を見にいってきましたよ

IMG_0818.jpg
このかえるが目印の安藤忠雄建築の美術館に大河原邦男展ですよ

IMG_0822.jpg
ガンダムは言うまでもなく、ボトムズ、ダグラム、レイズナー、ドラグナーと80年代リアルロボットアニメに大きく人生を傾ける事になってしまったこのブログの読者(きめつけ)にとっての楽園ですよ

IMG_0821.jpg
ということでエントランスのこのキューブ状の看板にあるスコープドックやダグラムがガンダムと並んで描かれている事にジーンと、、。

IMG_0823.jpg
チケットのもぎり付近のマニュピレーターでテンションを上げ

IMG_0824.jpg
上の手と合わせてスケール感を見て下さい、的な感じで、さらにアップ!。
安藤忠雄こだわりの打ちっぱなしコンクリート壁に、、、、、ザク!

IMG_0828.jpg
そしてあっという間に見終わって物販コーナーに。
いやいや、中は撮影不可ですもん。

簡単ですが、レビューなどを、、。
例のフルスケール、リアルマテリアルのスコープドッグや、各スケッチはため息もので、隣のいい年した(僕と同年代の)兄ちゃんなんかガンダムの劇場版のポスターの原画見ながらガンダムのBGM口ずさんでました。
個人的には安彦氏のガンダムのデザインを決める決定的一打、ボトムズ関係のイラスト原画(デュアルマガジンの表紙とか)や、前述のフルスケールスコープドッグ、フリーダムガンダムをデザインするにあたって福田監督から大河原氏へのラフスケッチありの要望書(仕事柄とても興味深い)や永野護のエルガイムの設定画稿の原画(少しそれますが)が良かったなあ。
一つ思ったんですが、こういった仕事が展示会として成立するのもこれらの画稿がCGではなく手書きだったからということはあるんでしょうか?昨年行った特撮美術館も「特撮」という手仕事にこだわったもので、非常にパワフルだった記憶があります。今回の画稿も印刷物では感じる事ができなかった鉛筆やペンのタッチが非常に印象的でした。
これは大きな発見でした
もう5/19のクローズまで残り少ないですが、見に行くべきですよ。

IMG_0827.jpg
今回の展示会限定のMGガンダムver2.0、、。
これはない。

IMG_0829.jpg
物販コーナー内のコンテスト上位作品。
すごいですよ。同時期に開催されていたボークスの展示は息子の体力的に回れなかった、、残念。

IMG_0831.jpg
この美術館は海沿いといういいロケーションにあるんですよね

IMG_0819.jpg
で、エントランスのトヨタの新車の展示に人だかりが。
(入場時は早く中の展示が見たくてあまり意識しなかったです)

IMG_0837.jpg
ああ、、まじですか。
ベース車両のデザインはおいといて、この企画とできばえがなんか悲しい、、。
こういうベースの製品ありきのノベルティーみたいなデザインの仕事って降ってわいたように来ることがあるんですが、適任者がアサインされる事は少なく、ましてや、その職場にあるレベルを超えるこだわりと能力(この場合シャア専用プロダクトという表現の引き出し)をもった表現者がいる事もほとんどない、結果、このような残念な結果になる事が多いです。さらにこのように発表される事で、見た人に低レベルでフィックスされてしまうおまけ付き。今回はこんな目立つ物なのでちゃんと愛情とこだわりと表現力がある人にやって欲しかった、、。迫力のある大河原氏のザクのカラーイラストを見た後ではどうしてもそう感じてしまいます、、。
的はずれてたらごめん。

IMG_0838.jpg
こっちがノーマル。
今後のトヨタはこのような悪魔的な顔つきになっていくのかなあ(デビルマンとかデスティニーガンダム系の)え?プリウスも?
しかしホンダのシビック(日本では一部を除き発売されなかったハッチバック)の影響がすごいな。

IMG_0252.jpg
で、帰りに梅田のヨドバシで息子の誕生日プレゼントを買って帰りました。
勉強⇔段戦ですね。