プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

ヤマトとズール

DSC_0005_20131027210106364.jpg
コツコツ作ってたヤマトがようやく完成。初のディスプレーケース付きですよ。
コスモゼロやコスモタイガーも塗装済み。前回のエントリーのルーペが大活躍でした。
で、このヤマト、あそことあそことあそこがLEDで発光します。前述のディスプレーケース底部からオンオフ可能、、ってところで結構時間がかかりました。でもヤマトの電飾は泣けますね。特に後ろ姿は、、。あのBGMが頭の中で流れっぱなしです

DSC_0018_20131027210107d94.jpg
ズールはこんな感じ、そうです今回のズールはギルボア仕様。つまりフルアーマーユニコーンとアンジェロ仕様のギラズールを購入しました。はははー。この得体の知れない背面ユニットは手の入れがいがある感じですね。むずむずするー。そうそうズール本体はあまりにスマートすぎたので短足加工を施しました。こんな加工は初めて。弁天シンジケート!!さんのサイコ・ズールの記事の短足加工を参考に、、というか実はそもそも今回の制作のモチベーションがサイコ・ズールな訳なのです。かっこいいもんなあ

ついに導入


ヤマトの艦載機を塗装するのについにルーペを導入しました

ルーペ
倍率はそれほど高くありませんし、どうかなと思いながら筆塗りしましたが、一通り(まだまだはみ出しは多々あるものの)塗り終わって、全体を見渡した時に、その確かに感じる精密感に自ら驚くという効果っぷり。
これから修正を加えて行けば、(今の)肉眼では到達出来ない仕上がりになるのでは、、と期待大です。
しかし、ヤスリがけの後、ふっと息を吹きかけ、粉を飛ばす癖のある僕にはこういったスタンド型ではなく頭に直接取り付けるものにした方が工作時にはストレスなくていいかも。
とりあえずこれを使い込んでみて、自分にあったルーペを決めよう。これは絶対必要だ。
ちなみに購入したのはクレオスのMr.LUPE (Mr.ル-ペ)です、、、あれ?これLED内蔵やん?気がつかなかった、、。
Amazon>>

UC 量産機

これら量産機でずーっと気になってた部分を処理する

DSC_0052_201310201037159ce.jpg
ついにスカートのチョウバン的な部品の作製に成功!(画像ベージュ部分)これって、ずーっと気になってて作んなきゃと思ってた部分(同時にバンダイが無視し続けた部分)
それと「胸のジャンプ台みたいな逆Rはかっくんではない。あれではジャンプ出来ない」部分の改修も完了し、かなり気がすんできた状態です

DSC_0030_201310201037144fc.jpg
もう一方の量産機ズールですが、こっちも長年気になってた指揮官機の頭部アンテナ付け根の処理。
HGUCのキット的にはスナップフィットな勘合なんですが、好みでヘルメットとの一体感が出るように処理しました。
ザクもズールもやっとベーシックな改修が終わったのでこっからバランスを見つつのディティール追加作業に移ります。

白馬へ


この週末は義弟と白馬に100kmサイクリング。
この朝は白馬岳が初冠雪。道理で朝は少し寒かったものの実にいい天気でしたよ。
前日にギアのセッティングをしたり、注油したり、メカの調子も絶好調。

IMG_1052.jpg
いつも思うんだけど、こんな機材でエンジンなしで100kmも快適に走れるってすごいな。

IMG_1060.jpg
今回のサイクリングの目的の一つと言っても過言ではないです。ここ白馬のサウンズ・ライク・カフェ、ほんとオススメ!。朝8:00からやってる。
もっと近所にあればなあ
朝食はエッグベネディクト。
http://tabelog.com/nagano/A2005/A200503/20010948/

IMG_1063.jpg
で、折り返し地点に設定したのが白馬ジャンプ台。
写真じゃ伝わらないですが、すごく高いところから選手がばんばん飛んでる。シーズン前の追い込みという感じか?
白馬もいいとこだなあ。、、という訳でこの週末のプラモ分はほぼゼロ、でした

MG νガンダムアップします



Auctions >> 出品中 10/13(日)まで

お待たせしましたMGνガンダムVer.Ka完成しました。どうぞ~

MG-n_verKa_1.jpg
当時劇場版逆襲のシャアのラフイメージから。簡易セットでの撮影ですが、いつか撮ってみたかったシーンの一つです。ラフイメージにはサザビーのもあるのですが、きたるMGサザビーにロングライフルが付いてれば、、。
えーっと、この手前のフィギュアと、チューブは撮影用の小物ですが(オークションには含まれません)、今後の他の作品の撮影にも使えそうです

MG-n_verKa_2.jpg
実に立ちポーズが決まりやすいいいキットです。
より立ちコーズが決まるように、膝間接に手を加えて若干鳥足気味にできるようにしてあります
胸のダクト下の外装は白いものと紺色のものがキットには付属していました。
今回は両方とも仕上げて、気分によって付け替えて撮影しました。僕は白い方が好きですね

MG-n_verKa_3.jpg
はやりの白とライトグレーの外装の塗り分けも今回はあまり積極的にはやってません。やってる箇所もコントラストはかなり低いです。

MG-n_verKa_4.jpg
バックはバズーカをセットした状態で。
この状態が好きなんです。

MG-n_verKa_5-01.jpg
上半身アップ(実はこれが今回のベストショット)
胸の中央先端の細い極小フホログラムシートが今回のヒット。このように小さく浅い凹モールドに入れるとすごく映えます。でも写真にはわかりにくいです

MG-n_verKa_6-01.jpg

MG-n_verKa_7.jpg
バズーカ持ち上半身アップ
バズーカといい、ライフルといい、腕からポロポロ取れるような事はない構造になっています。すごい。

MG-n_verKa_TWIN1_9_201310061631423c0.jpg
実は今回のMGνガンダムVer.KaはMG 1/100 ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット(プレミアムバンダイ扱い)のファンネルもセットしていますので、ダブルフィン・ファンネル状態でのディスプレイが可能です

MG-n_verKa_TWIN2_10.jpg
いやいや、すごい迫力ですよ、、。
製作も気が遠くなりそうでした、、。

DSC_0081_20131006231926cbc.jpg
今回のセカンドベストショット。ガンダムタイプは顔つきが優しく撮れるとうれしくなります。

MG-n_verKa_ac_11.jpg
ここからささやかですが、アクションポーズをいくつか。
おなじみのライフルビヨーン画像ですが、思ったようにパースが付かなかった(コンデジ時代はものすごくパースがついたけど)。このマクロレンズの特性ですね。フムフム。

MG-n_verKa_ac_12.jpg
シールドの塗り分けはモデグラリスペクトで!(岡氏の作例、かっこ良かった、、)

MG-n_verKa_ac_14.jpg
こういうシーンではこのキットの売りの一つ、指の間接の動きがホントさえるなあ。

MG-n_verKa_ac_15.jpg

MG-n_verKa_back_17.jpg
大好きな構図の一つ。足の裏からバックパックまでノズルが一同に!
ノズル内も部品が分割されてるんですよ、このキット。

MG-n_verKa_open_16.jpg
胴を延長して、胸上部を作り替えたものの、一応、コクピットハッチは開きます。(てっきり開かないと思ってた。コクピット内は仕上げてるのに)
そうそう、赤い部分のスライド機構はオミットしました。
へその部分のフレーム状ディティールを新造しました

MG-n_verKa_8.jpg
胸上部ディティール
首前の白い部品をなくしてしまったため、密度を上げる方向で新造しました。

MG-n_verKa_nude_18.jpg
胸上部ディティールつづき(自分を盛り上げる作戦)
胸の外装を取るとこんな感じ。隠れてしまう部分にもデカール貼って長く続く製作のなかで、自分を盛り上げる作戦。

MG-n_verKa_nude_17-leg-1.jpg
足のディティール(自分を盛り上げる作戦 その2)
ここも外装が取り付けられたら見えなくなるデカールたち。
ふくらはぎのRAマーキングはコントラストがきつかったのでベース色で軽くオーバーコート。

MG-n_verKa_Baz_19.jpg
バズーカはメタリックシートを使ってアクセントに、、はいつもの手ですが、今回は少し離れたところにつや消しメタリックの鈍い金属仕上げをほどこして2つの仕上げのコントラストを意識してみました。もっと位置が近いともっと効果があったかも

MG-n_verKa_sheld_18.jpg
シールドの表や裏にも前述の凹ディティールに細い極小フホログラムシートをセットしました(わかりにくー)

MG-n_verKa_armer_20.jpg
リアアーマー裏にはエッチングメッシュを貼って、どうぞメッシュ越しに見えるディティールをお楽しみ下さい、という感じで

MG-n_verKa_24.jpg
キット付属のディスプレースタンドがシンプルな構造ながら、実に本体をセットしやすい
ベースのアムロのパーソナルマークは白塗装仕上げです(これがヒケがすごくて、、)

DSC_0068_20130203092033_2013100616292226c.jpg

今回の大きなプロポーションの改修は胴の延長です。
上のように胴だけでなく、コクピットカバーも延長しました。
これで寸詰まり感が随分解消されました
また、フンドシ部分を前に突き出してS字立ちがより決まるようになっています

MG-n_verKa_hikaku.jpg
ノーマルとの比較画像
上記プロポーション改修の効果はこんな感じ
その他に首の取り付け角度の変更と、膝関節を加工して足をピンと伸ばせるようにした事も効果ありです。
あと、腰のフロントアーマー表面のキット独特のディティールは削除しました。ここだけは、、。
ふともも最下部の外装とふくらはぎ下の外装は外した状態の方が良かったので、今回の撮影は全て外した状態です。もちろん部品は仕上げてますので、気分によって付け替えが可能です

【Auctionの注意】
・フィンファンネルについて
今回のMGνガンダムVer.KaはMG 1/100 ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット(プレミアムバンダイ扱い)のファンネルもセットしていますので、ダブルフィン・ファンネル状態でのディスプレイが可能です
今回は2セットあるので1セットを本体に背負える状態でそれぞれのファンネルどうしを固定にして、もう1セットを分離、展開可能にしました。
実はこのフィンファンネルの接続構造は旧MGより改善されてはいるものの、それぞれがポロポロ外れたり、たわんだりしてストレスがたまります。今回は1セットを固定にしてディスプレイのストレスを軽減でき、もう1セットで展開状態を楽しむ事も出来ます。フィン・ファンネル拡張ユニットのファンネル支持アーム、エフェクトシートなど全て付属、使用可能です。
・今回は覚醒状態➡通常状態のギミックは構造上塗装はがれが避けられないため、腕(肘より手首側)の部分はオミットしました。よって覚醒状態基本の作品になっています。
・撮影用の器材や小物は付属しません(MGνガンダムVer.KaとMG 1/100 ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニットに付属しているものが全てです)キット付属のフィギュアは無加工で付属します。

IMG_0020-1.jpg
最後にこれも完成したら撮ってみたかった画像の一つ、、薬莢が飛びまくる画、、なつかしいなあ。

以上、いつも最後まで見ていただいて感謝です
>> mat modeling service