プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

MGウイングプロトゼロ up


お待たせいたしました。MG WガンダムプロトゼロEW アップです。
今回はノーマル状態との比較画像多めですどうぞー。

MG_Wp0_ライフル素立-02
今回はウイングを思い切ってブルーグラデにしました。昔よくやったこれですね>>
もちろん元ネタはHi-νです>>

MG_Wp0_01.jpg
グラデは薄めた塗料で青と白双方から何度か様子を見ながら重ねて吹くと粒状感がなくなります

MG_Wp0_03.jpg
左端ウイングのみXXXGマーク付き(XX以降の文字は白と同化してると脳内で補完して下さいませ)

MG_Wp0_04.jpg

MG_Wp0_05.jpg
シールドにはブレードアンテナ?2枚追加しましたが、1枚はあえて造形の流れに逆らって取り付けました。他のディテールは造形やキャラクターに沿わせるけど一カ所だけちょっと違和感を持たせる試みです。「逆鱗」的な感じですが、少し悪魔的な印象になったかなと。

MG_Wp0_08.jpg
その造形やキャラクターに合わせたディテールの例ですが、胸の先端のセンサーに向かってディテールを徐々に集めて行く感じとか、

MG_Wp0_09.jpg
それぞれの部位の中心や先端に向かって行くスジ彫りとか、全体的に「翼」をイメージしました。

MG_Wp0_07.jpg
首回りや腰、肘付近のディテールの集合感はいつもの通りですが、今回は表面装甲からはみ出し気味にやってみましたが、どうでしょうか?もりもりっとした細マッチョ的な力強さを感じます?感じない?
この写真を見て首左右のマシンキャノンの展開ギミックそのものを忘れている事に気がつきました。確認しましたが、マシンキャノンはダークアイアンで仕上げられておりました(ほ、、)。

MG_Wp0_下から-011
各ノズル内部は金属部品(つや消し仕上げ)をセット
足の裏の仕上げはこんな感じ
肩のノズルの外側の3つの丸穴は何か良くわからなかったのですが、
模型の盛り上がり感重視で内部にホログラムシートをセットしました

MG_Wp0_010.jpg
もちろん肩の内部にビームサーベルを収納する事ができます
シールドの隙間から見えるシリンダー状ディテールは金属箔できらっと。

MG_Wp0_012.jpg
ウイング先端の黄色部品の裏側の仕上げをどうするかはこのキットの大きなテーマ(?)ですが、今回はメカ色(濃)に。
バンダイの肉抜き穴のディテール処理の巧みさにいつも悩まされます。

MG_Wp0_ACサーベル02
今回躍動感のあるポージングは控えめに、なぜかというと、、

MG_Wp0_ACサーベル

MG_Wp0_AC-ライフル01
何かこの片足上げるポージングが美少女アニメキャラ風でちょっと恥ずかしいなあと、、今更ながら感じているからです(笑)。

MG_Wp0_AC-ライフル02
かといって素立ちのバリエーションも限界があるし、これからどうしよ。
そういえばこの銃口アップ!の感じも少々、、


■ここから比較画像と主な改修箇所の説明です


MG_Wp0_全身斜め比較
キットノーマルと改修中の画像です。プロポーションの変更点は以下のとおり
・首の延長
・腰の延長
・フンドシの前へのシフト、角度変更
・つま先の延長

MG_Wp0_全身塗装後比較
完成品との比較、全体的に寸詰まり感がなくなりました
あと、⬇の肩の取り付け角度変更も効果的工作です

MG_Wp0_肩角度比較
実はこのキットは肩を後方にそらせる事が出来ません。なので間接を調整してふんっと肩をそらせ、胸を張る事が出来るようにしました

MG_Wp0_全身正面比較
各先端部分をシャープにしてとげとげ感を強調してます
各部の追加したスジ彫りはそれぞれの部位の中心や末端に向かうように。

MG_Wp0_全身背面比較
ブルーグラデ以前と以降。結構印象は変わりました

MG_Wp0_上から比較
模型的な細かな見所が集中したアングル。
今回は装甲からはみ出し気味にごちゃメカをアレンジしました

MG_Wp0_上半身斜め比較
腰を延長して空いた隙間(へその部分)におなじみのフレーム状のディテールを追加。この隙間分延長したということです。
胸先端のレンズ部品は好きな色に塗装したかったので、キットのものではなく市販のレンズ部品を使いました。内部はメカディテを入れてます。⬇こんな感じ
DSC_0001_20131223195107cb6_20140330104850c12.jpg

MG_Wp0_サイドアーマー拡大
サイドアーマーインテーク部分はハニカムメッシュをセット

MG_Wp0_腕周辺比較
腕付近のディテール
・上腕間接付近には「肘を曲げると引き込む系(実際は引き込まない)」ディテール追加
・下腕関節付近はノーマル状態ではちょっと寂しいのでWガンダムっぽい(?)ディテール追加
・下腕外側の穴は使わなさそうなのでフレーム状ディテールで埋めました(左腕はシールドの取り付け穴としてそのまま活用)

MG_Wp0_背面比較
・バックパック下方の中央ノズル内にシャッター状のディテール追加
・腰部リアアーマーにもいろいろと
・あと耳のアンテナ裏の肉抜き穴も埋めて、プラ板でディテールを追加してます

MG_Wp0_ウイング表比較
各部をシャープにしてスジ彫り追加。デカールはディテールに沿って、流れを止めないようにはりました

DSC_0036_2014033009440402c.jpg
ウイング裏、下方先端に肉抜き穴があるので埋めまして、その他もちょこちょこディテール追加
裏面のデカールはむしろ流れを止める感じで、対照的に。

MG_Wp0_シールド比較

MG_Wp0_シールド裏

MG_Wp0_ライフル
バスターライフルのセンサー部はレンズ部品+ホログラムシートでよく光を拾、、ってない、、(汗)。
請他画像参照!

MG_Wp0_ライフル裏
ライフルの側面(合わせ面)の仕上げはこんな感じ

MG_Wp0_スタンド全景
キット付属のディスプレースタンドは整面、塗装(つや消し黒)済み
ウイングG系キットにスタンド付属はやっぱり嬉しいですね
そうそう、バード形態への変形機構はそのままなので多分変形はできると思いますが、ノーマル状態からしてやった事がないので、変形機構はオミットということに。

ブルーグラデは派手かなと思ってましたが、撮影してみるとこれでもおとなしい印象。もっとトバしても行けますね。今年は思い切りよくいきたいなあ。

サフ画像や、改修中の画像、制作記はこちらから>>

いつも最後まで見ていただき感謝です。ではー。

V2工作終了

せっかくのHGUC V2ガンダム、隅から隅まで味わおう。
コアファイターですが、ちまちま手を入れて、結局2週末分まるまる楽しめてしまったです。
時間かけ過ぎだろう、、とも思いますが、趣味だから問題なし。

DSC_0002_2014030219491194e.jpg

DSC_0003_201403021949121b4.jpg

さーっと仕上げるつもりだったのでノーマル状態の画像は撮ってませんが、ダクトなどエッジワークを中心に手を入れました。
ディスプレースタンドも欲しくなってしまったので、何かのスタンドの接続部を調整してこのように。
ブレードアンテナやなど結構細かなディテールを加えてしまったので、制作面からもスタンドは必須です
さて、次週は塗装に突入予定。