基材を組み合わせた表現、宇宙世紀っぽいヒンジを100個作る方法

現在制作中(2019年5月)の旧キット1/60ガンダム・フルハッチオープン仕様ですが、いろいろ表現手法をトライアンドエラーしながら進めています。

旧キット1/60ガンダム・フルハッチオープン>>

今回紹介したいのはパネル部分のヒンジパーツですが、いろいろ考えた上でのパーツなので、結構独自性が出たと思います。

DSC_0005_20190528205036514.jpg

今更ですが、今回のヒンジには回転軸はなく動きません。それっぽい場所にそれっぽいものがあり、宇宙世紀っぽい、現代とのつながりを少し感じられるテクノロジー感の塩梅がふんわり感じられるようなイメージでヒンジパーツを作成しました。
ハッチが全身で50個弱あり、それぞれ開閉するための構造があるテイなので、ハッチごとにヒンジが1個~2個付くと考えると、ヒンジは70~80個必要です。しかし、流用パーツには数が多すぎて頼れない。楽に同じものが作れるなど生産性も考慮しないといけない、これくらいの大きさではレジンで複製するも後加工が大変かも、これを機に3Dプリンターへ進出するか??と結構考えました。そこでいくつか試作した末、コの字断面とクランク断面の成型基材を組み合わせてそれっぽく作成することにしました。

IMG_0436.jpg
DSC_0006_20190528205038f26.jpg

こういう基材ですね
言葉で説明するのは難しいので、構成は以下のイラストを見てほしいのですが、

IMG_1048.jpg

計2パーツ構成、です。加工はそれぞれの基材をカッターで切りだして、それぞれの部品を接着する、という数工程で出来上がりです。すばらしい!
最初、サイズ違いのコの字断面のパーツの組み合わせで面白くならないかとあれこれ試作してたところ、クランク断面の成型基材の存在を知り、
大きさ、向き、角度を調整して今回のパーツに至りました。
この方法なら大量に同じものを作るのもさほど手間ではなく、100個くらいバーッて作って良品を選んでいくという余裕っぷりでした。

DSC_0005のコピー

実際は拡大すると、んん?ヒンジっぽい?という印象ですが、幅1.5mmくらいの小さいこちゃっとした部品が、それらしい、奥まったところにくっついている効果は相当なものです。
なんかロック機構を持ったヒンジに見えるんです。
今回のエントリーは「、、、っぽい」、とか「、、らしい」、、というふわっとした表現を多用していますが、模型ってそんなもんです。
そんな表現の部品の集合体で、総力をもって、受け手の感覚に攻め込むものです。

DSC_0009_20190526050532919.jpg

もひとつHow toめいたことを話しますと、
一見複雑に見えるものも、分解すれば単純形状の組み合わせだった、ということはよくあります。
今回のように単純ながら、面白い形状の、面白い組み合わせは、すごく面白いパーツに化ける可能性大です。
こういった分解と再構成は高校時代、芸美大受験で叩き込まれました。「そこを面白がれ」って。


[製作環境] 作業机周りをちょっと見直しました。

こんなものがHow toになるかどうかわかりませんが、制作環境を家庭内で移動しまして、製作卓上のレイアウトなども大幅に見直しました。
その際に前からやってみたかったことにもチャレンジしましたのでご紹介。

DSC01778_20190526084105b33.jpg

■細かい作業用に作業台を作った
1つ目は細かい作業用に作業台を作りました。
かねてから凄腕精密模型の作者の作業環境でこのような台の上に、目下の精密さを要する作業アイテムを載せて制作しているというのを見聞きしておりました。
今回作業台を作成して作業したところなかなか調子が良かったので紹介します。
これは目の衰えから来るのですが、細かい作業をなるべく手元に寄せて行いたいのです。精密機械時計の工房の机の作業面高さが一般の業務机よりも高いということもこれと同じ理由ですね。(作業の精密さは全く比較になりませんが)あとは僕のメイン照明はスタンドライト(ルーペ付き)なんですが、作業面が高いと、ルーペ部分が作業面に寄せやすく、ルーペ部分ものぞきやすいんです。

この作業台はニトリのウオールシェルフ(400円くらい)にカッティングシート(100円)貼り付けたものですが、実にしっかりしています。そしてこのコの字の形状が実にいい感じで、作業台の下のスペースに工具や仕掛中のモノなど様々なモノを置くことができます。高さは10cmほどです。
また、製作中に散らかった卓上にこの作業台を後から設置するときも、この最小限の設置部分のおかげでやりやすいのです。
ただ、気を付けたいこともあって、うっかり作業を終えたタガネなどを作業台に置き、うっかり下の卓上に落として、そのまま床に落下しそうになったり、細かな部品の切り出しで「ピン」と飛んで行ったときに、高い位置から飛んでしまうと、これまでより広い範囲に飛んで行ってしまうようで、詮索が困難になってしまいがち、などなど、もっと手を加えて改良していく必要がありそうですね。

作業台を含む全景はこんな感じ
DSC01796.jpg

■卓上のカラーマネジメントで視認性アップ
2つ目は机の上にあるもののカラーをコントロールしたことです。
卓上にあるモノの色を木目、緑、白に収まるようにコントロールしました。たとえば工具スタンドを赤から透明にしたり、ウエットティッシュのパッケージを真っ白なものに変更したり、ティッシュの箱を机天板裏面に隠したり、その他のモノも置き場所を変えたり、いろいろと変更して色をまとめていきました。
なぜこんなことをするのかというと、これも年には勝てないというか、性格というか、卓上が制作中に散らかった時に工具や制作中のモノがどこにあるのかよくわからないことがあるからです。それを卓上を含む作業エリアから工具や制作中のモノの色を目立たせることで認知度を上げてやろうということです。その際には工具や製作途中のモノの色を木目、緑、白以外にすることがポイントなんですが、いまのところ結構調子がいいようです。今後工具を購入するときは極力木目、緑、白以外のカラーを選びます。

卓上の大きな面積を占めるカッティングマットの色ありきがバレバレ。

見直し前はこんな感じ。
色がコントロールされてなくってモヤモヤしてました。
スッキリした!
IMG_1497_20190526090120887.jpg

今回のエントリーのおすすめ具合は
作業台は目の衰えを感じてる方には大いにおすすめ。
色のコントロールは自分がスッキリ(←え?)かな?


ハッチ部分ほぼ完成

旧キット1/60ガンダムフルハッチオープンですが、工作工程も終盤、相変わらずハッチ部分を作成しています。二次曲面が多い足首周りのハッチ作成もクリアして、いよいよ三次曲面の胸のハッチにチャレンジです。
、、ここは似た曲面を探して、型にしてヒートプレスか?ドライヤーであぶるか?などと考えていましたら、二次曲面と同じ制作手段でできちゃいました。
具体的には、切ったプラバンをしごいて1方向に曲面を付け、指でもうひと方向に曲げて、三次曲面化し、プラバンを2枚重ねて接着して形状を固定する方法です。
一方向多く曲げるだけでできてしまいました。よっしゃコラ!

DSC_0006のコピー

あとは、静岡ホビーショーで見たすごい完成品に当てられ、ここにきてもう一つ解像度を上げようと思いました。
具体的にはハッチ(フタ)とハッチ内部のメカに手すりを追加してます。
手すりは今回コクピット出入口(?)内側に極細真鍮線をコの字に加工してつけてみたのですが、人が絡んだストーリーが「ぶわっ」と想像できる効果があるんですね。

こんな感じ>>巨大感を演出する工夫のお話 -製作編-
MG_Tallgeese_up-14_201702111743052ec_20190526053610fc2.jpg

例えば、宇宙空間でコクピットにとりつく際に、その手すりめがけて無重力空間を飛んでいくみたいな。
今回はフルハッチオープンモデルなので、これらのディテールをハッチや内部メカに生かしても面白いのではとやってみます。

で、計47枚のハッチが、ようやく、ようやく、完成ですよ、、。

DSC_0005のコピー

そこで、我慢できずちょっと本体につけはじめたんですが、、

DSC_0009_20190526050532919.jpg

きやあああああああ!きたきた!

あー!胸のハッチにゆるい三次曲面つけてよかった!微妙な陰影のグラデを見よ!
まだまだ表面荒いけど今は全然気にならん!
間違いなく今回の制作のハイライトのひとつ!

さーって、1/60という大スケールモデルなのでまだまだディテールは詰め込むことはできますが、今後の工程(色分け、マーキング、汚し、質感分けなどなど)でもいろいろやってみたいことがあるので後工程の余地を残しておき、ほどほどにしておきたいなと。最終的にすべての工程が終わった時に、全体の雰囲気が「がっ」と(今回擬音多いな)あふれ出てくればOKなのです。足りない分は後工程で何とでも積めますが、過剰になってしまうと「うえ、、」(←また)ってなってしまうので注意です。あ、好みで言ってます。
塗装は超長年温め続けた、(たぶん)誰もやったことがない大ネタがあるのでお楽しみに。(←うまくできなかったら忘れてね。)

今月号のモデグラ面白かったな。

足首部分のハッチ完成

土曜は静岡ホビーショーとテケフェスに寄って、やる気チャージ!
旧キット1/60ガンダムフルハッチオープンですが、前回のエントリーで作ったハッチに加えて、今回は足首部分のハッチに取り組みました。
今回のチャレンジは二次局面のハッチ、および鈍角の二面構成です。
実はハッチ部分にプラ板を二枚貼って端面を段差処理する手法は曲面の固定にも貢献する手法です。

DSC_0012_201905121958292dc.jpg
画像下二段分が今回作成したハッチですが、いづれも緩やかなカーブがついています。
このカーブはプラ板をデザインナイフの軸に押し当てて作ったものですが、プラ板はもともと平らに成型されているので、カーブをつけても元に戻ろうとします。そこで同じようにカーブの癖をつけたプラ板を重ねて接着することでカーブを固定することができるのです。
これで一方向のカーブの二次曲面はクリア、次は膝や胸、頭部側面の三次曲面のハッチへのチャレンジですねー。

DSC_0005_20190512204519132.jpg
あとハッチ11枚!
早く本体にくっつけたいのですが、今くっつくていいのかどうかよく分からない。
でも早くハッチがついた状態を見たい!

DSC_0010_201905121958306a4.jpg
そうそう、作業部屋は今こんな感じです。だいぶまとまってきました。
右側のガンプラのパッケージの無秩序っぷりがどうも気になるので、なんとかしたいなと。



腰回りと平たいハッチができました。


旧キット1/60ガンダムフルハッチオープンですが、GWあたりは作業環境の整備と、息子の大学入学に伴う生活環境の追加整備でなかなか製作が進みませんでしたが、ハッチ部分の製作はゆっくりですが進んでいまして、


D5pu8s5UIAA3vv1.jpg
この通り、腰回りのハッチは完成しております。
特に新しいのはヘリウムコア部分とフンドシ中央の部分の大気圏突入フィルム(、、というものかどうかわかりませんが、あれです。)格納部分です。


D5pu8s8UEAEzeDz.jpg
特にヘリウムコア部分は今後のハッチの開閉ヒンジ部分の造形の基準になるので、今までその表現方法を検討しておりましたが、ようやく目処がたったと思います。
実際開閉するわけではないので、その回転軌跡や強度はそれほど気にする必要はないのですが、開きそう、宇宙世紀っぽい、兵器である、などなどの雰囲気は逆に気になるところですが、どうでしょうか?

D53D0VQU0AA9JrI.jpg
そうして作ったヒンジ表現を他のハッチ部分にも水平展開します。
これからハッチを全身で40枚弱(くら、、)作成するわけですが、比較的簡単な、平面ハッチと鈍角の折れの入った二面構成のハッチから作成していきます。次は二次曲面ハッチ、最後に三次曲面ハッチというように進めていきます。いつもそうなのですが、製作過程で習熟する前提で難易度を上げていくやり方です。
今回作成した平面ハッチと二面構成平面ハッチでヒンジに続く、平面ハッチの造形の展開を検討します。
今回は端面に段をつけて、裏面中央に補強凸リブをつけることにしました。いうまでもなくHow to build GUNDAM2の雰囲気を重視しつつアップデート感を感じる方向です。
この画像はランドセルとモモと腕部分のハッチ部品です
ちなみにヒンジはびっくりするくらいシンプルな構成で、市販プラ材たったの2部品でできています。ちょっと色々展開できそうなのでまた紹介しますね。

DSC01778.jpg
製作環境を整備したついでに作業台を導入しました。
目の衰えを結構感じるので、細かな作業を手前に持ってくるのが狙いです。
ブリッジ形状になっており、作業台下にも工具や素材を置いておけるのがポイントです。
ニトリで購入した壁につける棚にカッティングマットを貼り付けて、手軽に作成しました。
しばらく試用して、調子が良さそうなら詳しく紹介しますね。
ではではー。