30MM組んでみた

昨日発売した30MM組んでみた、、のつもりが
ゲート処理もスジ彫りの彫り直しなどもやってもた。

DSC_0029_20190630201654c9a.jpg

静岡ホビーショーのバンダイブースで見たかったのはこのシリーズ。
当日は激混みに負けて見れなかったので、発売を待っていた次第。
普通レビューっていう記事は成型色のままで書くものかもしれないですが、気がついたらサフまで吹いてた。
そこまで一気にしたくなるスピード感と密度感がこのキットにはあるのかも。
という30 MINUTES MISSIONS アルト [ホワイト]です。

DSC_0043_2019063020165895c.jpg

デザイナーつながりでレギンレイズの武装とバックパック、さらにオルフェンズつながり(そこからつながってない)でオルフェンズのMSのシールドをセットしてみました。

DSC_00292_20190630201700208.jpg

なるほど、組みやすいと評判だったリーオーはこんな感じだったのね。確かに組みやすい。
足や腕など左右パーツの番号が同じというだけでも安心してランナーから切り離せる。
画像では暗くってわからないけど、各部の3mmのダボ穴の底にはそれっぽくディテールがモールドされているのも進化を感じるなー。

DSC_00302.jpg

30MMですが、確かに組むだけなら30分で出来上がりそう。今回はゲート処理も、スジ彫りの彫り直しも、ちょっとした追加工作もして、サフも吹きました。しかもワイン飲みながらでトータル120MM(2時間)でした。早っや。しかし最新キットを組むのは楽しいですね。かっちりして、精密感もあって、組みあがりの存在感は小ぶりで、派手なオプションのない最小構成ながらなかなかのものです。僕のようにサフを吹くまでもなく、組んだ人はもれなく満足してるような気がします。
このシリーズはしっかりデザイナーを前面に出して、育っていって欲しいなと思いました。

DSC_0039_20190630201657dfe.jpg

いつでも塗装に行ける状態に足をかけた状態(?)です。
最新技術を楽しんだ後は、旧キット1/60ガンダム製作に戻ります。
プラモの雰囲気や、スケール感のギャップに戸惑うよー。今こそそこを楽しむよー。

DSC_0030_2019063020301798f.jpg

かっこいい。

DSC_0033_20190630201655489.jpg

ああ、かっこいい。
製作途中の画像って、完成状態に勝るとも劣らない迫力があるなー。
この状態を撮らないのは勿体無い、これはしっかり準備して撮るに足る対象だと最近思うなー。
さてさて。

DSC_00293.jpg