2007/09/09

捨てサフ?

IMG_0117.jpg

最近よく聞く「捨てサフ」とは?いったい?
んん?
サフってそんなに積極的に吹きたいモノではないというのが自分の感覚。
塗膜は確実に厚くなるし、時間も取られるし、傷が埋まる訳でもないし。
しかもスプレー缶直吹きだとえらいことになってしまいそうですが、、
そうそう、今制作中の1/48スピットファイアですが組み立ても終わって、がらがらと缶サフを吹いてみました。
ただ手軽にバルコニーで一発吹いて全部を一色にして、仕上がりを軽く想像してみたかったのですが、なんかちょっと完成に近づいた気がして楽しいんですよね。

これか!(あほか!)

このスピットファイアはこの後オール筆塗りで仕上げようかと準備中。
カラーも日本のファイナルラップさんで調達済み(こちらではラッカー系が手に入りづらいのです)
これもスケールアヴィエーション誌最新号の影響。
ガンプラのみならず模型全般に興味のある方は必見ですよ。
その仕上がりの解像度たるや、
清潔にピシッと作ったエアブラシ駆使のガンプラ作品→コンデジ画像
清潔にピシッと作った筆塗り駆使の戦闘機作品→デジ一画像
誤解を恐れずに書くとこんな感じ。
塗装面の眼によるピントの合い方が実にいい感じで、雰囲気があるのです。
横山宏氏著Ma.Kモデリングブックもいいのですが、こっちはさらに精度感がプラスされて恐ろしいことになっています。(このスケールアヴィエーション内特集でも横山氏は登場+作例も発表されています)この2冊は兄弟誌として読めますね。
sa57.jpg

↑この夏帰省時に買った夏の本の中でベストでした