2007/09/14

首相辞任

おそらく日本にいたなら自己のなかで、もしくは周囲の人とこの出来事について批評していただろうが、ここイタリアでは日本人の僕はこの首相辞任というニュースを周囲のイタリア人に説明する義務のようなモノがある。(バカンスあけでツヤツヤのイタリア人に、、)

なぜこんな事になったのか?
この首相に何があったのか?
日本人は(自分は)どう考えているのか?

政治の話が大好きなイタリア人にとって興味は尽きない。
正直こんなに自国の政治について説明した事はいままでなかった。
しかし説明しながら気がついたのだが、この件についてどれだけ嘆いても、これは他人事ではない。
自分は選挙にも参加し、今回の出来事はその結果なのだ。
イタリア人と同じ立場で批評する事はできないのだ。
説明はするが、批評は身内の事として受け止めなければならないのがつらいところ、、。
しかし「キツくなったから一抜けしちゃったんだよ」という説明にはさすがのイタリア人もドン引きだ。

僕のイタリア語ではどんだけ伝わったか不安やけど。