2014/07/06

D40と生きてゆく

昨夜は楽しみにしていたTgTのオフ会でした。
半端ではないレベルの高い作品をこれほどかと拝見する事が出来ました。しかし、ホントこのオフ会は勉強+刺激になるので帰途の車中ではアドレナリンでまくり、アイデア出まくりですっかり充電されました。
僕が持ち込んだのはHGUCギラズールの完成品とPGストフリ(サフ)ですが、HGUCギラズールは「(実物は)こんなに小さいの?」PGストフリは「思ったよりデカ!」で対照的。つまり1/60なりの仕上がりに現時点ではなっていないという事でしょう。ある程度大きいものをそれ以上に見せる、これはなかなか難しい課題ですよー。いよいよ下向き面を部分つやあり仕上げにして反射の助けを借りでもしないといけないかも、、。あとは先端に向かって微妙にグラデをかけて強制空気遠近効果か?何れにしてもこれ以上ディテールの細かさ、多さ、疎密をいじってもごちゃごちゃになるだけ、、ですよね?

さてさて今回のTgTオフのもう一つのお楽しみだったARUEさん>>の新兵器NIKON D610と僕の7年前のエントリー機NIKON D40との同一被写体での撮り比べですよ。

DSC_0006_2014070609572236d.jpg
上の画像はNIKON D40でARUEさんに撮ってもらったもの。現場のPCで見比べたのですが、さすがのD610、、。猛烈に欲しくなったのですが、(⬅カメラに関するボキャブラリーとセンスの貧困さ!)一夜明けて、どうでしょう?この画像、全然いけてるじゃないですか?これは「よそんちで食べる料理がおいしい」「友人に自分の車を運転してもらい自分の車を再評価」的な感じ?ちがうの?

IMG_1519.jpg

そういうわけで、NIKON D40と生きてゆく!(もうしばらくは)