2015/07/22

エアブラシから水がー!

最近のエアブラシ環境は以下の通り
ハンドピース:アネスト岩田 HPプラス エアーブラシ HP-CP
コンプレッサー:アネスト岩田 IS-800J

その前はというとタミヤのレボとタミヤのシングルを15年ほど使っておりました(全然壊れないのでまだ使えそう)。当然パワーもエアブラシの使い勝手もダンチにアップしてるのですが、今週末はとにかく水をブラシ先から吹きまくるわけですよ。
今V2ABの塗装中なんですが、メタリックの下地をグロスの黒で塗る時もブシュ!肝心のメタリックを塗る時もブシュ!、、でそのリカバーに行って戻っての作業を強いられております。

201406080926090e3_2015072220025192f.jpg

確か記憶を辿ると、10年以上前に住んでいた神奈川の湘南では、家が海に近く湿気がものすごく、当時使っていたレボはその辺りノーケアだった事もあり、水を吹きまくり、透明なホースを定期的にブンブン振り回して水気を切りつつの塗装でした。おおらかだったなー。
で、長野に越してからは「さすが長野、カラッとしてるのレボでも水が吹かないなあ!」と雨でも構わずに塗装していたん、今回なぜかブシュ!。どうなっているのか??? アネスト岩田 IS-800Jにはブシュ!を防止しそうな透明タンクが付いているのに。パワーアップして空気を多く取り込むため湿度も多めにキャッチ、で、水を拭くということなのでしょうか。対策をとるか、レボに戻るか(←えー?)。

IMG_2199 (1)
、、なので晴れた日に塗装をしたいわけですが、自転車は雨が降ってては乗れないということで、塗装できず。