プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

妄想を刺激する、覗き込まなきゃわからないディテール


完全な自己満足ですが、僕は今回ご紹介するような、画像には映りにくい、実際に模型を手にとって覗き込まなきゃわからないようなディテールが大好物なのです。

どんなディテールのことなのか?
1DSC_0002.png
例えばこの最近完成したMGガンダムTHE ORIGINですが、矢印部分のダクトの中に覗き込まなきゃわからないディテールを仕込んでみました

1DSC_0002-01.png
拡大してみると、、まだ影になって暗いですね

1DSC_0002-02.png
さらに拡大して、画像処理で覆い焼きをして明るくしてみると、見えますか?
ハニカムメッシュを仕込んでみました。
覗き込まなきゃわからないディテールとはこんな感じの、手にとって、目を凝らして、角度を変えて外光を当てて初めて見えるようなディテールです

もう一つ例を挙げると
1DSC_0004.png
右腕のひじ下の穴に注目です。ここはシールドなどの接続につかうハードポイントなのですが、そのままだとおもちゃっぽく感じたので内部にちょっと手を入れました

1DSC_0004-01.png
拡大しましたが、またまた影になっていてわかりにくいですね

1DSC_0004-02.png
さらに拡大して、画像処理で覆い焼きをして明るくしてみましょう、見えますか?
穴の突き当たり部分にデカールを貼ってみました。
相当覗き込まなきゃわからないディテールですね。

これらのディテールは実際にはわずかしか見ることはできませんが、それを氷山の一角として実際は存在しないけど内部に広がるディテールを妄想することができます

一方でこのRGザクの場合は
DSC_0004_20110116202508_20160227112739f70.jpg
このRGザクのように、外装をかぶしてしまうと見えなくなってしまうフレームのディテールやマーキングに凝った時期がありました。これは「見えないけど内部に確実に隠されているディテール」で、完成後に外装を実際に外して中を見る楽しみがあります。今回紹介したのは「チラっと消え隠れするディテールが(実際には存在しないけど)内部にあるディテールを妄想する」、ということで、この違いは結構大きいと思います。
あ、どちらがいいのかという話ではないですよ。実際どちらも作ると楽しいですし。
ただ、模型は見る者の妄想を刺激する楽しみが確実にあるように思います。美少女フギュア(笑)はそんなんばっかりですが、ガンプラでもそれは結構重要な気がします。

mat modeling serviceはwebベースで作品の画像をアップすることを中心にした活動スタイルなので、今回ご紹介した「覗き込まなきゃわからないディテール」は向いていないかもしれませんが、悪巧みをしてる感じで実に楽しいんです。そして誰かのもとに渡っていき、実際に手にとって見てもらった時に発見してびっくりしてもらえれば、こんなに嬉しいことはないですね。これも模型の楽しみだと。

上記画像のRGザクのエントリーはこちらから>>