2016/10/10

ドムトグフ、仕上げ中


せっかく東京に越した事なので、今まで遠くて行くことのできなかった、東京の模型関係の展示会には積極的に行って勉強します。
今回はDORO OFFにお邪魔したのですが、僕はキャパ的に五つ以上は影響を受け入れないようで、1時間足らずで退席。早く帰って作りたい(もしくは模型屋に駆け込みたくなる)病発症。マーベリックさんに「もう帰るんですか?!」とびっくりされつつ、浅草橋を後に。今度ゆっくりと言いながらこんなチャンスもこんな感じで申し訳ない、、。今回はn兄さんと旧キット選手権の打ち合わせもでき、選手権に臨む重低音のプレッシャーと、いつものガンプラ系の展示会と違うDORO OFFクオリティーに当てられ(あ、どっちが上下という話ではないので、、)つつも少なくとも5つはアイデアをお持ち帰り、早速今回のドムトグフに生かそうにも、それらは全然「泣ける」アイデアではないので次回次回とな。

で、そのドムトグフ基本塗装もいつのまにか終わって、仕上げの工程に入りました。
ただし、どこで塗装するのか??というマンションに越してからの課題にここでも直面。
匂い、明るさ、汚した時のリカバリーともう、ここしかないです。

洗面所で、塗装と仕上げ
もう、洗面所しかないと思う。
昔、Papaさんも洗面所で塗装してたと思いますが、自分も洗面所デビューです。

IMG_0282.jpg

この洗面所のシンク部分に、一枚板を渡して、塗装&仕上げコーナーに!
(この板はクローゼットから持ってきました。)

IMG_0278.jpg

隣に浴室があるので、さすがの換気能力と、天井灯と洗面台備え付けの蛍光灯で、照度も十分。細かい部分もよく見えます。実はうっかり塗料のついた綿棒を床に落としてしまいましたが、ビニールっぽい床なので、リカバリーも簡単です。作業が終わるごとに片付けないと、生活に支障が出てしまいますが、家族の理解を計れば、それは大したことではありません。この制作環境へのトライアルも実は楽しいんですよね。冒頭の展示会や洗面台など環境の変化は作風も変えるのではないかと期待しています。とにかくなんとかこれで今回はフィニッシュまで行けそうですよ。よかった、、。