プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

効果的なメタリック塗装仕上げについての話


今回も前回に続き、小ネタのHow toを、
メタリックカラーの使い方ですが、自分も皆様もこの数年で随分変わってきたなと感じます。かつては「金属質感をアピールする」ギラギラ仕上げが多かったのですが現在は「形状をより際立たせる」などメタリック塗装の効果に多様性が出てきたように感じます。
メタリック塗装仕上げは光を反射する特性から曲面の立体感や角度のついた面の立体感をより強調する効果があります
そんな例ですぐに思いつくのがバーニアなどのメタリック塗装ですね

MG_Tallgeese_Backpack_12_20170205202912aed.jpg
こんな感じバーニアにメタリック塗装は本当によく似合う、欠かせない。

今回はその他にメタリックの塗装仕上げをこんな効果を出すのに使っているという例をいくつかご紹介します

1.奥まったディテールの存在感UP
奥まった部分でもちらっと、でも存在感を伝えるメタリック仕上げの例です
こんなに↓鈍いメタリック仕上げですが、曲面に塗装することで、そのハイライト部分が暗い部分でも主張します

MG_Delta-004_20170205202909f85.jpg
デルタガンダムの脇腹のシリンダー状ディテールも

Bya_02_201702052028315a7.jpg
バイアランの足の付け根の球状の関節部分も

MG-n_verKa_3_20170205203642010.jpg
バイアラン同様のνガンダムの球状パーツや手首のリング状の部品など、影になってしまう部分でも部品の存在感を伝えることができます。

2.シャープな形状をより強調
ゾゴックの頭部のブレードなど
Zo-04_2017020520290633d.jpg
浅い角度のついた面で構成された部品の立体感を、その立体だけで表現するのは難しいのですが、メタリック塗装をすることでシャープに見せたいディテールの立体感を強調することができます。シャープな造形をよりシャープに見せることができます

バズーカなどの筒部分
DSC_0171.jpg
綺麗に成形された筒の製造精度感を強調することができます。この精度感表現を積み重ねることでプラで構成されているように見えなくなってくるのではないかと期待しているのですが、まだまだですねー、、w。

3.一体成型品の立体感UP
動力パイプの立体感
F2_05_20170205202835051.jpg

gz-norm-3_201702052029083d3.jpg
パイプが別部品ではなく一体成型のため、一般的な塗装だと立体感が乏しくなってしまいがちです
こんな時にメタリック仕上げは立体感を強調し、パイプ部分がマスターグレードのように別部品で構成されているかのような効果が期待できます
また、最低限のスミ入れ以外汚してないのに汚れた感が感じられたのは収穫。

4.擦れる部分に
部品同士が大きなエネルギーで擦れる部分
DSC_0245_2017020520283460d.png
こんなカタパルトデッキのレール部分などにメタリック仕上げを施すと、自然な感じに仕上がりますね。下地はあえてカタパルトデッキが射出される方向にヤスリ目を残したヘアライン仕上げにしたのですが、いまいち伝わらなかった、、(アイデアとしては面白いんですが改善の余地大アリです)

5.ツヤ感のコントロールは効果大
最近はメタリックカラーの使い方も多様で、特に作品全体のバランスを考えて、メッキ調のギラッとした仕上げは減ってきているように感じます。フラットコートで金属光沢のギラつきをコントロールすることが一般的でしょうか。そのコントロール加減でも面白い表現ができるという例を紹介します。

メタリック塗装の艶違い仕上げ
MG_Tallgeese_Action-1-08_20170205202912db1.jpg
フラットコートを軽く吹くとメタリックの粒子感が少なくなり、若干シルキーな印象になります
メタリック吹きっぱなし部分とフラットコート仕上げ部分のコントラストを意図的につけてみると、立体的な仕上がりになり、高級感が出ます(腕時計などの金属部品の表面仕上げによく使う手法です)。トールギスのような高級感のあるキャラクターなどに効果的ですね。

6.いつも使っている色は

メタリック系でいつも使っている色は大体決まっています
もうこの↓組み合わせばっかり

メタリックグレー:クレオス スーパーアイアン
フラットコート:フィニッシャーズ スパーフラットコート
*ギラズールの動力パイプのみクレオス スーパーアイアントスーパーゴールドの混色です

 

その他のいつも使ってるカラーはこちらから
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-826.html

今回はここまで。ではではー。