プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

カテゴリ

過去ログ

カウンター

検索フォーム

傑作キット HGUC Z

少なめに見積もっても傑作キット
完全新規でリニューアルされたHGUCゼータガンダムを発売日に購入して、早速組み立てました
発売日に購入したガンプラって、いつ以来だろう、、RGガンダム以来??
パチ組の印象はとにかくかっこいい。でもクセがない印象です。(つまり最高)
このキット、肩などの可動領域の広さがクローズアップされているような気がしますが、プロポーションが非常にいい感じなのです。そのバランスは、時代性を感じて(古く感じない)しかし、作り手の押し付けも感じない。カトキ氏が旧キットのリニューアルを一巡させた後に来る新世代としては、絶妙なバランスです。ここまでHGUCの二巡目のラインナップの完成度に不安を感じていましたが、その不安はこのキットで一掃された感があります。


組み立てたら早速整面スタート
(組み立て中に肘膝のメカ部は当然整面済み。)
画像にはないですが、武器類の合わせ目消しと整面は本体より先に済ませておくのもウチのやり方。

IMG_0667.jpg

最近整面がしたくて仕方がなかったのですが、このキットはそれにぴったりですね。
胸の青い部分なんて、胸上面のセンサーのような突起は削除して、面をしゃっきり出します。後からもっとかっこいいディテールを追加するので大丈夫。
途中、ああ、これが噂の軟プラか、とヤスリをかけながら思ったのですが、別に印象は悪くないかな?ポリキャップの整形より全然まし。(←基準そこ?)ヤスリをかけて毛羽立った部分は流し込み接着剤で消していきます。

整面やって、組み立てての繰り返しの中で、プロポーションの改修ポイントを探すのが、いつものやり方です。
このZも首、胴、足首はちょっと延長かな?

IMG_0668.png

つま先の形状もアニメっぽいのでちょっと改修したいかな?
頭部は顔の小型化、アンテナのシャープ化は終わっています。
あと、このキットのメカ部分、特に肩から脇腹にかけては複雑なギミックが集中していますが、丸軸が丸見えなのでなんとかしたいところ。
整面が一通り終わって、サフ吹いたら、ガレキに近い雰囲気が立ち上がって来るんじゃないかと予感します。
パチ組でも相当満足しましたが、この先もグングン魅力が増していきそうな、作り終えた時の満足度は相当高そうなキットです。おすすめ。

ここしばらく完成品の作成からは遠ざかっていたので、このZで感を取り戻すつもりです。完成まで一通りのプロセスをこなす、これ以上のリハビリはないのです。
とにかく楽しい!

こうやって画像をアップして、やっぱりiphoneじゃきついなあ、、カメラ買お。