2017/11/04

全日本ミキシングビルド選手権に!


昨年は僕も参加させていただきました千葉しぼり主催のの旧キット選手権。
それからはや1年がたち、シネマ選手権も無事終了、同時に次年度のテーマ「全日本ミキシングビルド選手権」が公表されましたね。
しかもGガンダムがメインテーマだと言うことで、今回のエントリは次回の選手権に向けてのエール!です。

zigen_G_02_201711040950305ed.jpg

旧キット選手権の隅っこで、ひっそり展示していた次元Gガンダムと、ARUEさんが旧キット選手権にエントリーしたガンダムマックスターです。

この2作品は、旧キット選手権で並べようとARUEさんと申し合わせて作ったもので、会場で見かけた方もいらっしゃるかもしれません。たまたま、次回の「全日本ミキシングビルド選手権」のテーマそのもの、「ミキシング」で、「Gガンダム」をちよこっと先取りしたものになっています。

ARUEさんのガンダムマックスターの詳細はこちらから>>

次元Gガンダムの詳細はこちらから>>

Gガンのミキシングが楽しいのは
Gガンダムのミキシングはとても楽しいんですよ。Gガンダムの世界観の懐が深く、多少の行き過ぎや間違いくらい「ええがな」とささっと許されてしまいます。
そもそも、各国代表がガンダムで戦うという構成が、メインデザイナーの大河原氏に国を代表とするデザインテーマによる超大胆なガンダムをデザインさせ、それに続くカトキ氏がセーラームーンとカトキガンダムをミックスした自由すぎる発想のノーベルガンダムをデザインするに至り、メカデザインの方向性がなんとなく定まり、現在もGガンダムのマインドを引き継いだ(ような気がする)ガンダムビルドファーターズで様々なメカデザインが試行されるようになった、、と。
大河原氏のデザインテーマのしっかりした揺るぎないキャラクター性、
カトキ氏の超自由な組み合わせからくるデザインの深さ、驚き、
ビルドファイターズのオリジナルデザインの塩梅や楽しさ、
Gガンダムのミキシングビルドはこれらが合わさった非常に楽しい実に模型向きなテーマだと感じます。

参加を考えているみなさんの健闘を祈っております!

ガンプラのオススメHow toの関連エントリ
これから製作を検討しようとしているみなさまに役に立つ(かもしれない)ミキシングのHow toまとめです

楽しいミキシングを強く勧めるよ>>
katei-0001_20171104094405888.png

ミキシングで旧キットをアップデート>>
20160611175225092_20171104094408ef0.jpg

ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ>>
CmaBKbZUEAAtzT3_201607180835228bb_20171104094408dc6.jpg

 



2017/09/03

夏休みは34年ぶり(!)にダッガータイプを作ったよ。


今年の夏休みは再販された1/144ダッガータイプを作ったという話。

今回の再販で購入したのは1/144ダッガータイプとガバメントタイプ。どちらも中学生の時に作った思い出深いキットです、、と言いたいのだけれど、作った記憶はあるけど、いまいち覚えていない。今回このキットを制作して思ったんですが、組んで、色塗って完成させるのがちょっと難しいんですよ。多分中学生の自分には完成させることができなかったんだろうなあ、、ということも思い出しつつ、リベンジも兼ねて!

DIOvE7NUQAA5daj.jpg
いきなり完成画像ですが、こんな感じの進軍中のWMでごちゃごちゃの絵を撮りたかったんですよ!(←撮影された絵をイメージして制作するタイプです)なのでダッガータイプとガバメントタイプのうちのダッガータイプをチョイス。(ガバメントは敵側のWMじゃなかったかという記憶から)色も派手に行きたかった。しかも他のWMと被らないような。アニメのWMのカラーイメージはサイケデリックな感じなんですが、当時のバンダイの販売戦略から比較的地味なリアルカラーが記憶に焼き付けられた印象ですね。今回は勇気を持って派手系に。
頭の中ではザブングルのBGMがなってますよ〜。

IMG_0793.jpg
夏休み二日目の夜に制作開始。今回はキットを生かすというか、目標はキットのボックス横の完成品画像のレベル。
この目標設定が、中学生(の自分)にはできなかったのが敗因の一つでしょうね。せっかく作るなら色々やりたくなるもんね。操縦席の再現とか、キャノピーの透明化とか。
さてさてスナップフィットではないので、どんどん組んで、流し込み接着剤で接着していきます。
ああ、この成形色と組み立て説明図(当時は設計図ってよんでたなあ、、)覚えてるわあ、、。

IMG_0794.jpg
次の日は早速整面と接着箇所の合わせ目消し。この合わせ目消しが曲者で、肩、ヒジ、ヒザの歯車ディテールの真ん中に合わせ目があります。これは中学生(の自分)には無理だなあ。
今の自分にはいい鉄ヤスリがあるので楽勝です。
微美鬼斬レビュー>>いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話

IMG_0797.jpg
一回サフを吹いて、その表面の仕上げの荒さにがっくりしながら、組み立ててみる。両手、両足、胴体、操縦席ユニットは分かれていますが、それぞれのユニットは接着、組み立て済み。あとはめ?なにそれ?
こうしてパッケージと並べると本当にボックスアートがかっこいい、、。しかも絵がキットに近いことがわかります。当時常態化していた「箱の絵とプラモ、全然違うやん!」がこのキットではない。

DSC00565.jpg
股関節の脚の取り付け角度を変更したのが今回唯一の改造箇所。エポパテをかまして、好みの角度に調節しました。実はボックスアートのダッガータイプはキットの通り両足揃っているのでむしろ改造前の方がボックスアートには近いのですが、現代のキットであるスーパーミニプラのザブングルや小型WMと合わせて撮影したいので、もう少し足に表情が欲しかったんですね。

DSC_0018_20170903070125292.jpg
さーってっ、だいたい工作は終了ですね。お疲れ様です。このキット、1/144なので大味かと思いきや脇腹のパイピングとか、腰正面のライトとか、道具箱とか細かいディテールが用意されていて、いい塩梅なんですよね。ディテールアップパーツ同梱という感じで嬉しくなってしまいます。でもスミ入れ時にエナメルシンナーで全部取れてしまったのにはがっくりしましたけど。

DIOvE7NUQAA5daj.jpg
で、完成ー!
デカールがコントラスト高すぎとかツヤの調整ができてないですが、それはおいおい。目標はボックス横の完成画像なので大丈夫。ちゃんと夏休み中に完成することができました。

DSC_0013-01.jpg
昨日、スーパーミニプラのギャリアも組んで、再撮影。 あー、夢のよう。この絵を中学生の自分に見せたい!
今年の夏休みに悔いなし!