プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

装甲の厚みを感じさせる部分C面処理


ガンプラはプラでできているので、製造上一定のプラの厚みが発生します。ただパチパチと組んだガンプラからはあちこちからそのプラの厚みが垣間見え、感覚的にプラっぽい=おもちゃっぽいと感じてしまいます。我々モデラーにとってはプラっぽさをいかになくすか、が大きなテーマであり、本来合金(?)でできている(はず)のMSを表現するためにいくつかの手法が編み出されています。端面の薄々処理もその一つですね。逆に厚みを感じさせたい場合は端面が厚くなっていれば装甲の厚さを感じさせることができます。共にプラ厚をそのまま見せずに厚みをコントロールし、さらにおもちゃっぽく見える課題も解決することができます。
しかし、端面がない立体の途中でその装甲の厚みを、堅牢さを表現したいときはどうすればいいのでしょうか?というのが今回のお話です。

バンダイエッジと言われるC面(エッジにできる小さな平面)ですが、モデラーの間ではシャープさを損なう、プラっぽく見えてしまうということからC面を削除しエッジをピンピンにした方が良いとされています。しかしポリゴンのようにピンピンなエッジで構成された立体より、C面でつながれた立体の方が堅牢に見える場合もありますが、実はこれ、結構曲者です。薄い装甲にも見えるし、分厚い装甲にも見えます。
どういうことか?
装甲におけるC面の内部構造を2通り想像して見ましょう

その1
zukai-02.jpg

これはプレスか、もっと薄い場合は板金の折り曲げ加工を想像したパターンです。非常に薄く、重厚さは感じられません

その2
zukai-01.jpg

これの場合は鋳造か、厚板の溶接で大きな2面が構成されており、角を削った結果のC面であることが想像できます。非常に堅牢に見えますね。

というわけでただのC面からはなかなか内部の状況までははっきりと想像するのは難しく、状況や思い込みでいかようにも取ることができてしまいます。

そこで装甲の厚みや堅牢さを感じさせるC面処理を部分に入れる手法をちょいちょい試していますが、結構うまくいってそうなので、紹介します
以下3つの画像の緑のサークルに囲まれた部分がその処理です

Zo-02.png

gz-07.png

DSC_0002_20140608182732380.png

プラ感をなくすためにエッジをピンピンにシャープにし、その一部分にC面を施すことで、上に説明したプレスや板金折り曲げ加工は想像しにくくなり、結果、薄さは感じさせず、「これは厚い装甲のエッジの一部を削って作られたものなのだ」と想像しやすい状況を作り、狙った重厚感、堅牢感がそこそこ表現できたと思うのですがどうでしょうか?

下の画像の↓この段付きの穴の周囲をさらう処理も装甲の厚さを感じさせる有効な処理なんですが、実際はプレスなどの処理で作られているのかも?という疑惑はちょっと残るような気もします

gz-weapons-1-01_20161211223053682.jpg
最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話>>

このように本物のMSがあったらどんな製法でこの部品は製造されているのだろうか?と考え、その製法を生かすようなディテールを入れることができると、ホント楽しいですし、模型が盛り上がるよという話でした。

こじ開けはパチ組み必需品です 


ここ数年来ガンプラは仮組みにマスキングテープを必要としません。
(何のこと?と思う方はなるべく古い旧キットを組んでみてください。すぐにはがせるテープなしでは組めないですよ)

それは言うまでもなくスナップフィットという構造によるものなのです。
こうパチパチと組んでいけば、ひとつの完成状態に至ります。(いわゆるパチ組というやつですね。)バンダイはエンターテイメントをこの段階でひとつ用意しているわけです。
しかしその先の改修や塗装といったエンターテイメントに進むためには何度も組んでばらさないといけません。

結構固くてダボを折ったり、関節軸を折ったり、すき間に突っ込んだアートナイフの歯を折ったりしてませんか?
 僕はかつてさんざんやらかしました。
そして15年前から「こじあけ」という腕時計の裏ぶたを開ける工具を使っています。

こじ開けはこんな工具

DSC_0002_20160731163906188.jpg 

DSC_0004_20160731163909ee6.jpg 
こじ開けの先端に薄い刃がついていて(でも厚みのテーパがグリップ方向についているので丈夫)パーツのどんなすき間にも差し込めます。そして軽くひねると部品同士を離すことができます。
これは裏技でもなんでもなく極小の隙間を広げる専門工具ですが、楽にできて破損も減るのでオススメです。
今は模型用の工具としてパーツセパレーターやパーツオープナーという名前でも流通していますね。
今僕は東京の新居ではパチ組みメインですが、やはりこの工具は必要です。
何せ組み間違いが多いので、重宝しています、、。

  

ミキシング始めるなら◯◯メカがオススメ

今回はミキシング編第3弾、始めるなら◯◯メカがオススメというお話です

その1>>楽しいミキシングを強く勧めるよ

CbJJgO0UMAAOBqw-1.jpg
ディナイアルガンダムにHG-Gガンダムをかぶせたミキシング

その2>>ミキシングで旧キットをアップデート

20160611175225092_20160718101305a4b.jpg
様々なキットを使ってアップデートした旧キットエルメス


で、今回は3回目ですが
実際キットを購入して、手を動かして検討してみるプロセスの中で、今回はいくつか気づきや発見がありましたのでそのお話を。

今回のベースはHGバルバトスです
このキットをベースに2つのキットをかぶせていこうと思います
なぜバルバトスにしたかと言いますと、今時の等身、プロポーションだということと、みなさまご存知の通りこのキットはフレームが全身にわたって存在するためパーツの換装がやりやすそうだからです
それより、ARUEさんから頂いたキット、このような感じで使っていいのか、、?

CmawMWGUcAAB-6y_201607180835078c9.jpg

じゃ、ミキシング検討1つ目
ガンダムローズ(!!)です。

先日相模原のTamTamに初訪問した時に積んでありました。
そこでバルバトスと組み合わせたら、ひょっとしてひょっとするぞ、、と売り場で一人興奮。その場でシミュレーションすることしばし、、腕や顔はGガン、脚はGP01、、などと妄想は膨らみますが、その日はローズのみ購入。(危ない危ない、、)
CmaBLbZUcAATwjk_20160718083505599.jpg組んでみると、いやいやなかなか、かっこいいんですよ、本当に!実物は!。正直、変なデザインのガンダムですが、ミキシングの力でぐいっと、、

CmaBKbZUEAAtzT3_201607180835228bb.jpg
古く、低価格なキットのため一体成型の部品が多く、頭とマント状のアーマーしか軽作業でつけることはできませんでしたが、どうでしょう、、ほら、なんとなくガンダムローズに見えませんか?等身も上がって、さらにあそことあそこをこうすれば、、、うん、いけそう。と感じてもらえれば成功。
そうなんです、今回はたまたまですが、頭とマントのようなキットの特徴的な部分を数カ所抑えれば、なんとなくそれっぽく見えてしまうんです。バルバトスとガンダムローズなんて一見混じり合わなく見えるキャラクタ−でもそう感じるからミキシングって面白い。


続いてミキシング検討2つ目
フォビドゥンガンダムです。


最近再販されたのか手に入りやすくなりましたね
ガンダムSEEDが最も熱かった時期のキットです

CmavVGLUsAE8w9f_20160718083506937.jpg
パッケージから画像を拝借しましたが、このようにこのキットも非常にいい感じです。
ではバルバトスにかぶせてみましょう。

CmawTjjUcAEQNQW_201607180835096d6.jpg
ガンダムローズに比べ部品分割が細かいので、ちょっとの加工でこれくらいのパーツは被せることができます、、がどうでしょう?こっちもなかなか、、というかかなり格好いいのではないでしょうか?

CmavUFPVMAERKeO_2016071808351069a.jpgこのフォビドゥンを組みながら、この格好よさはなんなのだろうと考えたのですが、バルバトスとフォビドゥンともに悪魔的な印象のMSなので、相性がすごくいいんですね。特にバルバトスのデザインの特徴でもある脇腹のシリンダーむき出しの部分なんて、フォビドゥンでもこのまま採用!って感じです。デザインが多少異なっていても、元のデザインのテーマ(この場合悪魔的など)が合ってると多少のデザインの違いは問題ない、むしろアレンジの幅が広がると捉えることができる、、ということがわかりました

あ、ちなみにTwitterでアップした時の感じですと、ガンダムローズよりフォビドゥンの方が評価してもらえたようです
で、ここまでやってみて、さらに大きな発見が!


大河原メカはミキシング向き!

今回の2つのMSは(遡るとG-ガンダムも!)デザイナーが大河原邦男氏だったことに今、気がつきました(遅)。
大河原氏のデザインの大きな特徴は「キャラクターをはっきりデザインで表現する」ということだと感じていますが、MSのデザインの特徴が強く明確だから今回のような荒技ができたのではないかと思います。


今回の発見ですが、、
・特徴がはっきりしているので、少ないパーツの換装でイメージできる
・キャラクターのテーマがデザインに出ているので、同じイメージのMSならよりミキシングしやすい

、、という感じですね。ミキシングをやってみようという方がいらっしゃったら、大河原メカからスタートするといいかもよ、、というお話でした。

  

いい道具はやはりいいのだ ヤスリの話


模型を再開して本格的に作るようになって早18年、何とかしたいなと思い続けていた工具の筆頭が5本組ヤスリ。
模型再開当時とりあえずというつもりで購入したミネシマのクラフト5本組ヤスリ(800円程度)ですが、スーパーの模型コーナーで「とりあえずこれくらいの工具があれば模型が作れますよ」というラインナップに良くある細身の鉄ヤスリの各種断面が揃ったセットです。(みなさま持ってるのではないでしょうか?)
しかしこれがなかなか使えるというか、制作しているとないと困る局面もあり、使い勝手も良く、壊れず、特に問題なかったため18年ずっと使い続けてきました。その間、バローベに憧れ、1本購入したこともありますが、セットとして更新しようとしてこなかったのは、コストパフォーマンスでミネシマ越えを果たせると感じなかったため。

しかしここに来て真打登場

スジボリ堂 微美(びび)鬼斬 >> リンク

IMG_0232_20160703081012fda.jpg

なぜ導入に至ったかというと、すでに導入済みの同じくスジボリ堂の薄刃鬼斬の使用感があります。

薄刃鬼斬のレビューはこちら>>新しいツールを手に入れた 最近のヤスリの話 

切削感の素晴らしさは薄刃鬼斬で体験済みなので、18年経ってのミネシマのクラフト5本組ヤスリからのリニューアルに至りました。

実際使ってみる
実際に導入したのは丸、三角、四角、平の4種。ラインナップは甲丸を含めた5種なんですが、甲丸はバローベがあるので様子見。
予想通り薄刃鬼斬同様の凄まじい切削感。これまで使っていた鉄ヤスリのように、プラの表面に引っかからずに滑ってしまう感覚はありません。
薄刃鬼斬同様MGユニコーンのビームマグナムの接合面及びパーティングラインの処理をしましたが、薄刃鬼斬では難しかったような入り組んだ角やC面の処理が楽々できてしまいます。この辺りはサイズが小さくなっていることと、各種断面のヤスリを使い分けることができる微美鬼斬の強みだと感じました。

IMG_0248.jpg

IMG_0250.jpg

厚みも若干薄刃鬼斬より厚いようで、薄刃鬼斬のしなりを感じることはありませんでした。この辺りの特性は薄刃鬼斬とちがい、細かい作業に向いていると言えます

また、このようにヤスリの目をこの方向で動かすと狭い面の整面も綺麗に行うことができます。

IMG_0247_20160703081013cd7.jpg

いい道具はやはりいいのだ
18年も模型をやってると、やり始めた当時に購入した工具のほとんどはさすがにリニューアルされて、より使い勝手の良いものになっています。今回はその数少ない当時の工具である5本組ヤスリのリニューアルができたわけですが、いい道具はやはりいい、という当たり前の印象を強く持ちました。
もし、これから模型を始めようという方がいらっしゃったら、遠回りをせず、最初からいい道具を揃えるのもいいでしょう。その方がストレスなく、使って楽しく、上達も早くなると思うからです。その際に問題なのは「数多くある工具の中で何を導入すればいいのか」ということですね。
それは今後、このガンプラのオススメHow toのエントリーで紹介していきたいと思います。
今回紹介した微美鬼斬はその候補になりますね。
前述の通りまだ甲丸はバローベがあるので、導入しませんでしたが、今後使用感を合わせるため甲丸も導入したいなと。

お手入れは
そうそう、Twitterで教えてもらったのですが、ヤスリの目詰まりは家庭用のスポンジでなぜると綺麗に取れますよ。おすすめ。(今回紹介したヤスリは単目のせいかあまり目詰まりしませんが。)

スジボリ堂 微美(びび)鬼斬 >> リンク


  

【更新】ガンプラのオススメHow to インデックス


IMG_1497.jpg

最近の更新分 new!

[改修] ミキシングで旧キットをアップデート
[仕上げ] 極薄シールで作るディテール表現
[仕上げ] リカバリーはカラを破るチャンス(かも)
[撮影] 画像は光の当て方で雰囲気が変わるよ
[もう一度初心者] 模型ライフリスタート



バックナンバー

[塗装] スミ入れ色の話  
[塗装] ブルーグラデ塗装のちょっとしたコツ
[塗装] 色味のコントロールの話
[塗装] いつも使っている色は
[素材] 溶きパテの話
[素材] 夏休みっぽく今回は虫ピンのお話です
[素材] パイピングについての話
[仕上げ]妄想を刺激する、覗き込まなきゃわからないディテール
[仕上げ]最も簡単なディテール工作 穴あけディテールの話
[仕上げ] 影部分の処理の話 
[仕上げ]影部分処理の話 その2 穴の表現
[仕上げ] プラ板ディテールのひと手間 段オチフレーム
[仕上げ] アクセントの手段としての光沢
[仕上げ] デカールの段差処理のひと手間
[仕上げ] 伏線の回収 デカールの段差
[仕上げ] レッドポイントの作り方と貼り方の話 
[改修]C面はサフを吹くとチェックや面出しがしやすい
[改修]楽しいミキシングを強く勧めるよ 
[撮影]ガンプラのオススメ撮影 How to まとめ
[撮影] なぜ白背景なのか?その作り方は?
[撮影]カメラ周辺の機材や小道具の話
[撮影]レフ板を使って目を光らせよう 
[撮影] 自作のグラペでコンバージを撮ろう
[撮影] 撮影環境についてー
[撮影] 新・撮影環境についてー
[撮影] ポージングと画像についてちょっとしたこと
[撮影] PGストフリをどう撮るか?
[構想] PCでプロポーション検討の話
[構想]カラーリングの変更は急がば回れ
[工具] 精度なディテールが簡単に スプリングコンパス ディバイダー 
[工具] マスク使ってる?
[工具] タガネの切れ味を復活
[工具] 新しいツールを手にいれた 最近のヤスリの話
[工具] 研げるのはタガネだけじゃない
[工具] ドレン&ダストキャッチャーII 使ってみた
[工具] 塗装の水対策
[工具] エアブラシから水がー!
[工具] 工具購入
[工具] 新兵器到着 塗装環境
[工具] 製作環境ーよく使う道具は
[工具] 製作環境ー小物入れ
[改修] FW GUNDAM CONVERGEの改修の話
[改修] 手は口ほどにモノを言うの話
[改修] 異次元の精密さ エッチングパーツを使おう
[その他] iPadでモデグラ150冊 iPadのモデラー的活用
[その他] 完成癖の話
[その他] 作業スペース
[その他] モデグラを150冊自炊した
[その他] 椅子が来た

ミキシングで旧キットをアップデート


今回はミキシングのエントリー第二弾です。
前回はディナイアルガンダムをベースにしたGガンダムの紹介でしたが、
今回はいまだリニューアルされていない旧キット(という呼び名はふさわしいかは置いといて)エルメスのミキシングの内容を詳しく紹介します。

前回のエントリー「楽しいミキシングを強く勧めるよ」>>

エルメスのミキシングの狙い
なるべく元キットのパーツを生かし、バランスを変更、ディテールを追加し、現代版のエルメスを作成します。元のキットが結構おおらかな作りなので、製作者が手を入れれば入れるだけ、その効果を感じることができます。最近の新製品にはキットの状態でいい感じのモールドが入っていて、そのまま作れば誰でもかっこいい完成品を作ることができるのですが、ある意味正反対の面白さが旧キットの製作にはありますね。

元キットとアップデート版の比較
いきなりですが、今回のミキシングによるアップデート版エルメスの完成品と元キットの比較がこちらです

el-comp-01_20160611180005352.jpg
印象的には50%くらいは元のキットの部品を使っています
特に大きな面積を占めるフロントカウル(?)部分はエッジの薄々処理とコクピット周りの改修くらいでほとんどキットのままです。

el-comp-04_201606111800060df.jpg
しかし、裏側から下面にかけては集中的に他のキットを流用しながらミキシング工作しました。密度感が上がって、いい感じになったかなと、、

どんな部品を使ったの?
ではどんなキットからどんな部品を流用したのか詳しく説明します
エルメスミキシング内容-line
使用したキットは
・HGセラヴィーガンダムのダブルバズーカ部分
・MGフォースインパルスガンダムのバックパックのダクト
・HGUCシナンジュのプロペラントタンク

DSC_0003_20140720215218582-1のコピー
・RGストライクガンダムのビームライフル
・HGUCシナンジュのバックパックのフレームとノズル周辺
・MGフォースインパルスガンダムのコアスプレンダーの主翼
・MGフォースインパルスガンダムのバックパックの主翼
・?部分は多分MGユニコーンのどこかから

などなどです。いやいや、、結構いろんなキットを使ってますね、、
このどこをどのキットのどのパーツで表現するかを考えるのが実に楽しいですよね。うまくはまった時の感慨たるや、、。これもミキシングの醍醐味です。
僕はもう組み立てないであろうキットの素性の良さそうなパーツは一箇所に集めておいて、必要な時にそれを主に探っていきます。カトキ氏デザインモノのキットは使いやすいものが多いような気がします。特にMGユニコーンのフレーム部品は1/100キットの流用パーツとして非常に重宝します。

元キットになじませる工夫
流用部品をただ組み合わせただけではいかにもつけた感が出てしまい、統一感のないものになってしまいがちです。今回のエルメスも00、UC、SEEDと世界観が違う流用部品を使ったので。そのリスクは大きいです。
そこでさらに一手間を加えて、全体的な世界観の統一を図ります
具体的には以下のような加工を施してイメージをまとめていきます
DSC_0001_20140809224426878_20150430091123555_20160611190008943.jpg

各ディテールの作り方は以下のエントリーからどうぞー
パイピング>>
エッチング>>
穴あけ>>
段付きフレーム>>
その他にマイナスモールドの追加など有効ですね。(というかそれが一番有効ですよね)

まとめ
今回は具体的な流用部品の事例と、その馴染ませ方の紹介でした。
現代のキットではキットの出来があまりにもよく、自分の色を出すのは難しくなってきていますが、旧キットを使ったミキシングにはまだまだ大きな可能性があると思います。今後もう製作しないかもしれないキットの活かす方法としても有効なのではないかと。
いろいろ書きましたが、何より作ってて楽しいんですよねー。
ではでは。

エルメスの完成と製作過程のエントリーはこちらから
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html



 

極薄シールで作るディテール表現


前回のガンプラのオススメHow to「リカバリーはカラを破るチャンス(かも)」で紹介しました、リカバリーを新しい表現を得る機会とする考え方ですが、その続編として、今回はスジ彫りなどの立体的な重めのミスをリカバリーするときに思いついた方法をご紹介します。

前回のエントリーはこちらから
「リカバリーはカラを破るチャンス(かも)」
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-885.html

じゃ、リカバリー事例を
仕上げ時にはみ出したスジボリを発見
、、という下の図のような事例がありまして、さてどうしようかと、、
しかも結構目立つ部分だったのです。
setumei-1.jpg

で、思いついたのがこの極薄シール(つや消し黒)を使ってリカバリーする方法です
ハセガワの曲面追従シート >> Yodobashi
DSC_0015_20151025091244880_20160604152210545.jpg

このようにはみ出したスジ彫りの上に貼って隠すのですが、
setumei-2.jpg

ポイントはあたかももともとそれ狙いでデザインされていたかのようなデザインにすることです
setumei-3.jpg

ほら、よく見かけるスジ彫りの線の強弱をつけたような表現になりました
このようにとりあえずはみ出したスジボリのリカバリーは成功したのですが、思った以上にいい感じ。

まてまて、これは使えるぞ、

ということでMGトールギスではリカバーリー目的ではなく、「極薄シートを使った新しいディテール表現」として積極的に色んな箇所で試してみました

MG_Tallgeese_Action-3-01_20160604152215bf6.jpg

実は上の緑の丸部分は極薄シートを貼ったディテール表現です
シャープな彫刻表現にも見えますし、新しいグラフィック処理にも見えます。
これは以前紹介した 影部分処理の話 のノズルやダクト内に同じ極薄シートを使って表現する手法の応用ですね。http://http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-entry-858.html

Gself-03_20150329003327ab2_2016060415221274d.jpg

さらに小さいスケールでも試してみました。
スジ彫りに隣接した部分だけでなく装甲の断面にも試みてみましたが、いい感じになりました。彫り込みを入れることが難しい場所にもシャープな表現を入れることができます。

DSC_0005_20160604152209187.png

ビルドバーニングの太もも部分には段付きのデザインにしてみました。こんなディテール、仮に掘って表現しようにも僕にはこんなにシャープに綺麗に掘れない。

極薄シートディテール表現のまとめ
スジ彫り失敗箇所のリカバリーから始まった表現ですが、いろいろ試して相当応用が利く手法だと感じました。その特徴や注意点など

・仕上げが一通り終わってからでもシートを貼るだけなのでディテールを追加できることができる。
・クリアコートをすればもともと非常に薄いシートなのでシート自身の厚みを感じることはなくなります。
・既存のスジ彫りに沿わせると彫刻表現に見える
・カーボンパターンのシートを使うと極小のダクトに見える
・白ベースに白シートを貼って段差を埋める処理をしないと極小の段差を伴ったディテールになる

手元にある完成品にもパチ組にも簡単に試してみることができるので、よかったらやってみてくださいね。ウチのもっともオススメHow toの一つです。