プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-54.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-55.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-50.html http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

塗装直前の最終仮組み中

最近両腕に何かを持たせてばっかりです
MGフルアーマーユニコーンは塗装直前の最終仮組み中です
当然デストロイモードなわけですが、製作中の遊びということでユニコーンフェイスでパチリ。
これに大型プロペラントタンクやグレネードなんとかや、
ミサイルポッド大小などなどマウントされるわけで、今は70%装備というところです
肝心のサイコフレーム部分の塗装テストもいい感じにできてるので、
あとはさらにディティールを足して塗装にGoです。
長かった制作も終盤に入ってきました。ここからはイッキに行きます。
しかし、画像だとその迫力がぜんぜん伝わらないなあ、、

DSC_0007_20100522221645.jpg

DSC_0003_20100522221646.jpg

デストロイモードのヘルメット+ユニコーンフェイスって、シナンジュみたい

ユニコーン ミサイルポッド

ライブラリ - 0002

ライブラリ - 0001

この週末でミサイルポッドがここまで形になりましたよ
スタークジェガンのオリジナル画稿を参考に、少しだけ平たくアレンジしました。
これ、ユニコーンモードのときに付けたらいい感じになるのでは?
などと考えながらニマニマです。
1/144でも結構な迫力ですが、1/100でこれは、相当なもんです。
はやくフルアーマー状態に組み上げたい。

7/4 このミサイルポッドはGFFNの最新画稿では使われてなかったので、結局今回は採用には至らずです

ユニコーン再開

ライブラリ - 0002

Vガンのオークションも終わり、発送準備も終了という事で
次の製作に入っております。
今回のオークションは追加画像が表示出来なかったり、
それに気付いたのが最終日(トホホ)だったり
不手際ありまくりでしたね。これも徐々に、、。

さてさて、先週スタークジェガンが発売になったので、
肩のミサイルポッドの1/100化に取り組みます。
、、が、これ、想像以上にでかいです。
こんなのがフルアーマユニコーンのバズーカにマウントされたらと、
ワクワクしながら簡単に図面化したのですが、
まず1/144で図面化し、いざ1/100に拡大、としたところ、
ミサイル弾頭に使おうとしていた直径7mmの市販パーツと図面上の寸法がぴったりに!
なんだこりゃ?
何だか1/100ありきの設計のような気がしないでもない。

今回も軽さ重視のためプラ板箱組で2組作製します。
これが終わったら全体をくみ上げて、いよいよ塗装です。



徐々に進むよユニコーン

しばらく塗装してないので、ぺたぺたと塗りました。
余った塗料を使ってそのなりゆきを楽しむつもりが、ビール片手にどんどん進めてしまいました。
気が付いたらパステル駆使して、あー楽しい。
筆塗りって本能的に楽しい。

DSC_0003-2.jpg

さてさてユニコーンですが、今後の製作でも使えそうなディティールアップパーツを作って、
その複製に明け暮れました。
このような米粒のような部品を今回はいくつか使ってみる予定。

DSC_0004-3.jpg

ウェポン類のハードポイントなどに使うといい感じになるのではないかと想像。
ほかにも作りたいディティールアップパーツのアイデアはまだまある。
こういうのを使っていけば、市販パーツの既知感に気を使うことも少なくなるのではと。

さて、ユニコーンは今

DSC_0008-1.jpg

さてさて、今週末の成果、日曜朝編。
肩のダクトも他の箇所と同様に開口、プラ板でフィンを付けました。
やっぱり奥にはノズルを置くか、この大きな隙間をどうしてやろうかと思案中(楽しい!)
また、頭部も頬あての延長、あごの延長、アンテナ付け根の新造、アンテナ角度の調整
などなど試行。
ノーマルと比較しないと男前になったかどうかわからんねえ。

DSC_0012-1.jpg

これは謎部分、背面のウエポンユニットを一手に支えるフレームです。
手前がユニコーンのバックパック側で、バックパックにあいている穴に差し込む棒と、
エポパテでディティール反転したサポート部で支える構造です。
これをベースに削っていけば、確実なサポート部ができるはず。
左右のアーム先端にバズーカがマウントされます
これもまだまだ基本フォルムやディティールを考える余地有りで楽しみ。

DSC_0016-1.jpg

最後の新造箇所とも言えるプロペラント先端のバーニア基部。
サークルカッターを駆使し、円盤状のプラ板を切り出し、積層、
旋盤で表面をなだらかに、、とこれもめどが立ちそう。
ここもディティールの造りこみが楽しみ。
バーニアはもう少し迫力のあるものを探そう

今のところ、フルアーマーも、ノーマル状態のデストロイユニコーンもどちらでも出来る仕様になっています。
あ、ユニコーンモードへの変形は出来ませんですので。

さー、けっこう見えてきたよー!
ただ、塗装後の仕上げに一ヶ月はかけたいから、どう考えても年内の完成は無理。
年内に塗装直前までいければ良いなあ、、ぐらいでいこう。

各ノズルをちまちま

まだまだ続くよユニコーン
土曜朝の成果はというと、、

DSC_0004_20091129090719.jpg

こんなのをちまちまとプラ版で作っとりました。
あー細かい。
あれ?これ、金太郎飴方式で作ったほうがよかった?

DSC_0002-1.jpg

何かというと、ふくらはぎのノズルです。
ノーマルでは右のように少々だるく、底面も抜けてません
これは仕上げが大変になりそうだったので、いっそ、、、
左は試しに置いてみたところ。
サイズも良好なので、このセンで行こう。
整形後の画像はこのエントリー最後に

DSC_0006_20091129090719.jpg

、、でそんなことをすると、腰サイドアーマーのダクトも気になる循環。
ええいやっとけ!(右改修後)

DSC_0007_20091129090718.jpg

、、で、そうなると腰リアアーマーのサブノズルも気になる、、。
ええい!
これは左側が改修後(そろえとけ!)

DSC_0004-1.jpg

集めるとこんな感じ。
効果はある、、よね?
肩のノズルもやっとかんとね。

ところで、HJや伝ホのMGユニコーン作例ってどんなものだったのだろうか?
必須改修箇所があったりして、
もっと簡単に改修できるノウハウがあったりして、
この辺も完成後のお楽しみにしよう。

ひとやま超えたか

DSC_0037_20091123180909.jpg

DSC_0001-1.jpg

バックパックにとりあえずフルにマウントしてみた。

設定画を見た限り、到底付かないだろうと思っていたプロペラントタンクもいい感じでマウントできた。
すべてバックパックに付いたサブフレームにマウントし、今のところ着脱もできる。
もともとあったバックパックのバーニア4個もすべて犠牲にすることもなくできた。
一枚目のプロペラントタンクの付き方は角度が大きくて、なつかしのZZ時代感があるので、二枚目のように修正。
グレネードランチャーは2個完成したし。
背中のウェポン類のマウントもできた。
しかもうれしいことに自立もできた。
各ユニットの干渉チェックがてらざっと組み立ててみると、、、

はじめてみたフルアーマーユニコーン、、、これがえらいかっこいい、、。
(あ、ミサイルランチャー8個つけるの忘れてた、、でもいいよこれは。)

やった!ひとやま超えたよー!

本体やウェポン類はすでに整面も終わってるし、本体のプロポーションの改修も終わっている。
さてと、ここからがお楽しみのディティール工程ですよ。
僕にとってこれは大作です(キットは3個必要だし、ガトリングガンも協力してくれる方を募らずには手に入れることはできなかったし)
急がば回れとはいいますが、今までイナクト、BD、スサノオ、GNアーチャーと寄り道してきたのは、
いきなりユニコーンでは4年のブランクもあり、少し100%作りきった完成経験を積まないとちと厳しいなあ、、と思ったから。(もちろん新しいキットに興味があったからですが)
絶対失敗するし、そのリカバリもこみこみで。

何はともあれ、あー!長かったー!
さらにここから楽しむよー!

あ、プロペラントタンク先端がまだやん、、。