プロフィール

mat

Author:mat
1999年 ~ mat modeling service
デザイナー
>>matmat825◎gmail.com

Twitter

 

ガンプラのオススメHow to

How to サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-37.html
   

Past works

完成品サムネイル http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-45.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-47.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-52.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html
http://matmat825.blog69.fc2.com/blog-category-48.html

029-mat.jpg
028-1-mat.jpg
027-mat.jpg
026-mat.jpg
025-mat.jpg
024-mat.jpg
022-mat.jpg
021-mat.jpg
019-1-mat.jpg
018-mat.jpg
017-mat.jpg
016-mat.jpg
015-1-mat.jpg
014-mat.jpg
013-mat.jpg
012-mat.jpg
011-mat.jpg
010-mat.jpg
09-mat.jpg
08-mat.jpg
07-mat.jpg
06-mat.jpg
05-mat.jpg
04-mat.jpg
03-1-mat.jpg
02-mat.jpg
01-mat.jpg


さ らに過去の作品
image-past2.jpg   

過去ログ

カウンター

検索フォーム

休み突入。そしてユニコーン

IMG_0179.jpg

さてさて、休み突入。
明日は千葉の友人宅へ、明後日は湘南の妹夫婦宅へ行ってきます。
ETCはないけどな。
道中模型の材料も買えたらと思ってる。
で、帰って来たらプロポの改修に取りかかります。
まずは長過ぎる足から。
やはりどう見てもズボンの裾に竹馬を仕込んでいるように見えるので。
HJなどを見れば簡単に短くできる方法が載ってるのかもしれないが、
自分で考えた方法もなかなかのものなのでここは勝負!(何の?)
後は断面がやたらと多い機体にもかかわらず、
その断面厚がどこ見慣れたプラ厚なところも非常に気になる。
気になると言えば明日の渋滞も心配やなあ。
こうなったら逆に通常料金レーンを作って欲しいような気もする。
お?それ、ええんとちゃう?

整面完了そして肉抜き穴処理

photo_20090429123052.jpg

おっしゃ、整面完了。
もうシャキシャキのキトキト(?)ですよ。
今回はほぼ4年振りのMGでしかも何を間違えたかこのアイテムで、
相当量のパーツにやれやれでしたが、実はこのキット、
面は多いのですが壁にぶち当たる系の面は少なく、結構ヤスリが抜ける
整面しやすいキットのようです。
ver.kaって結構こう感じる事が多いのです。
で、僕は仕上げ、塗装の次に整面工程が好きな変なやつなので、この工程だけで
えらい楽しめました。
そして、スジ彫りの掘り起こし、逆エッジの強調などを済ませ、
今は整面工程で見つけた肉抜き穴をエポパテで埋めています。
最近のキットはこの肉抜き穴がメカディティールに見えなくもない巧みな処理が
施されていますが、肉抜き穴は肉抜き穴。パーツの製造工程を想像すると
それ以上でもそれ以下でもないのでやはり埋めます。
これが終われば、塗装工程に進めなくもないのですが、
ミラノから塗装道具一式が入った船便が着くまでは、お楽しみタイムが続くということで。
いきなり改修工程にいかず、このように全ての基本工作を済ませ、
「いつでも塗装に進めますねん」
という余裕が制作を楽にする→楽しめる自分なりのコツだということは
古い読者の方ならご存知でしょう。
急がば回れではないんですが、実は早いんですよ。これが。

それにしても、やっぱりiPhoneで制作画像を撮るのはきついか、、。
でもデジカメも船便やしなあ。(今頃インド沖くらい?)

さてさて。

息子勉強中、父親製作中

photo_20090426201353.jpg

変なレイアウトだが、奥のテーブルでユニコーン、鋭意整面中。
昨日ご近所在住の凄腕モデラーさんとお会いしてから俄然制作意欲アップ!
昨夜はほぼ徹で制作ですよ。
モデグラ最新号(編集方針が変わったのでしょうか?こりゃまずいなあ)やZガンダム3劇場版(キャッチアップのためとはいえ、、これは)やマスターピース、ダブルゼータガンダム(←買って損した今年度no.1!表紙カバー以上のページは中には存在しない。怒)を見て一時的にテンションは猛烈に下がったものの
たいしたことはない。
まずは整面して中途半端なエッジをしゃっきりさせる。
改造するパーツも全部やるのがかつてのスタイル。
300番台のペーパーでガリガリと。
すでにインジェクションキットくささはだいぶなくなったと思います。
ただ、この作業が終わったら、やはりちょっと道具がたりないなあ。

今ある工具
•ニッパー
•カッター
•ヤスリほうだい+ペーパー各種
•接着剤各種
•こじ開け
•エポパテ
•ピンセット
•エッチングソー

以上。

これだけでも結構なことはできるもんだが、
ピンバイスがないのがかなり痛い。
船便荷物、、早く着かないかなあ。

さてさて、MGユニコーン

photo_20090422212553.jpg

さてさてカテゴリーも新規に作って、3年半ぶりに制作再開、本気度をアピール、、
と行きたいところですが、
もう少し軽めのものからはじめても良かったかも、とか
小説に追加武装がセットされていたことがわかり、あぜん、、とか
さてさて。
何故ユニコーンかというと、在庫無しモデラーの気軽さで
実は何を作ろうかは模型店で決めよう的な感じだったのですが、
MGユニコーンの箱を見て、
「ここはこうなってるんやろなあ、、」と思っていた部分が
実はそうなっておらず、「じゃそう(改修)しちゃえ」
、、と勢いで。
ただうまくいけば、ちょっと見たことのない、結構いい感じになりそうなので、
がんばってみる。
ブランクも顧みず。
(模型誌も、制作サイトもほとんど見てないので、とっくにやってるそんなこと、、
みたいなことになりましたら笑って下さいませ)

さすがに今回は途中で何かつまむかもですが。