How to build GundamのHow to buildを描いてみました






少し進んだ1/60ガンダム


徐々にいい感じになってきていると思える旧キットの1/60ガンダムです
現在どこに手を入れて、今後何を心配しているか、様子見のラフドローイング含めて以下の手書きテキストを見てもらうとして(読みにくい文字でごめん!)
IMG_0088書き込み

ここまで工作してみて、旧キットの1/60ガンダムのポテンシャルに驚いております。
胴の延長と、胸パーツの幅詰めでかなりいい感じになるんですよ。
下半身なんかは各関節の角度を変更しただけですよ。
それで、まだ道半ばですが、PGでは到達できない雰囲気になるんじゃないかと期待感が止まりません。

60ガンダムプロポーション検討-3矢印

左がパチ組み状態、中央が先週までで胴を延長した状態。右が胸部を幅詰めし、肩アーマーを小型化、腕を延長した今週末の工作後の状態です。

DSC_0194_201809301744544c1.jpg

How to build2の表紙のようなアングルでもチェック。昔っぽい味は薄れて、少し今っぽいプロポーションですが、この線で行こうと思います。
まずはフルハッチオープン部分の工作を始める前に、整面など表面処理などベーシック部分をしっかり終わらせるのが、ウチのやり方です。あとの改修でまた手を入れる部分は当然でてくること承知の鉄板の工作手順です。

目の部分はこの場合ブラックアウトが作法でしょう。

201610302132155da_20170520091356f3d_20180916095927c67.jpg

ではでは。





RE/100ビギナ・ギナ公開

RE/100ビギナギナ完成しました
ヤフオク >> 出品中 9/29(土)まで
クロスボーンガンダムの意匠を入れながら、ビギナ・ギナの女性らしい姿を意識してベラ・ロナ専用機としてのスペシャル感を強調して仕上げました。
ではどうぞー!
Vigna-ghina-01.jpg
今回もっとも特徴的な頭部意匠の変更ですが、額のドクロレリーフとアンテナを追加し、RX78系のフェースを移植しました。これで雰囲気が劇的に変わったはず。(後述しますが劇場版デザインのビギナギナの塗装済み頭部も作製しました、、。)
Vigna-ghina-02.jpg

その他クロスボーンガンダムの特徴的な部分意匠をMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植し、取り入れてます。
例えば肩や胸部のフック状のディテール
Vigna-ghina-03.jpg
例えばショットランサー!
DSC_0052-s.jpg
DSC_0057-s.jpg
DSC_0009_201809221448159fc.jpg
例えばザンバスター!
Vigna-ghina-04.jpg
Vigna-ghina-05.jpg
ザンバスターはビームサーベルへの展開もできます。
DSC_0611-s.jpg
もう一つの特徴はカラーリングです
特に右足側面のグラフィックは「クロス」をモチーフとしています。
女性型のMSということで華やかさを演出したいという狙いもあります。
Vigna-ghina-06.jpg
このようにショットランサーは背面のバックパック内蔵のネオジム磁石でマウントできます

Vigna-ghina-07.jpg
こんな感じで、ショットランサーをいろんな角度でマウントできます
■Before-After比較画像

Vigna-ghina-08comp.jpg
プロポーションについては首を短縮、胴を延長して寸詰まり感を解消しています
背面のスラスターの位置は下すぎるように感じたのでバックパックごと上方にシフト
曲面の多いデザインなので、なるべく凹凸をつけるディテールは施さず、ユニット間のつながりや流れを重視しました
Vigna-ghina-09-comp.jpg
女性型のMSであるビギナギナは曲線を生かしたシルエットが特徴的ですが、今回はモモを視覚的に延長、ボリュームアップし、腰からのつながりを強調しました。キットのままだと横ロール可動の関係でホットパンツのようにも見えてしまいますのでなんとか改修したかった部分です
また、胴からモモに繋がる部分にアーマーを新造して、モモと腰の断絶感を解消し、なだらかなつながりを表現。(←モモモモうるさい)

うるさいついでに、曲線のつながりで最も好きな部分が↑のオレンジライン。その他にもおおっていう発見がこのMSのデザインにはあって楽しい
Vigna-ghina-10-comp.jpg
頭部から胸、胴にかけては見所が多いのです。
フェースの変更の他、襟の新造、胸上部のブレードアンテナ、センサーを新造、クロスボーンガンダムからフック状のディテール移植、胴のフレーム新造、脇腹のアーマーを分割などなど
Vigna-ghina-11-mark.jpg

今回は市販のエッチングパーツをスラスターノズル先端部分に使ってみました


Vigna-ghina-12-mark_2018092214513575f.jpg
ふくらはぎのスラスター内部や、、
(そうそう、足の小さい黄色の丸ノズルはキットでは一体整形だったので、切り離して、市販パーツをセットしました)
Vigna-ghina-13-mark.jpg
肩のノズル部分にも
(そうそう、画像の下部分のビームシールド発生ユニット基部にもエッチングではないですがディテールを)
Vigna-ghina-14.jpg
背面スラスターのノズル内部にもエッチングパーツをセットしています
つや消しでオーバーコートしているものの硬質なキラリ感がたまらん、、。

DSC_0176-s.jpg
足裏などはこんな感じで仕上げわけ。
市販のアクションベースが使えるキット同梱のジョイントが付属します。
(アクションベースは付属しません、すみません、、)
■武器類について
Vigna-ghina-15.jpg
ビームライフルは短く感じたので、長さを延長、センサーディテール追加
握り手は市販パーツを固定。キットの握り手は単なるグーですが、しっかりトリガーに指をかけています
(画像上がキットパチ組み、下が改修完成品)
Vigna-ghina-16-comp.jpg
ビームランチャーの握り手は市販パーツを固定。

Vigna-ghina-17-comp.jpg
ショットランサーをMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植
バックパックへのマウントはネオジム磁石によるものなので角度を変えて背負わすことができます
握り手はキット付属のものを使用。グリップから取り外し可能

Vigna-ghina-18.jpg
ザンバスターもMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植
握り手は市販パーツを固定。
■付属品について

Vigna-ghina-19.jpg
高級感のあるアクリル製のディスプレースタンド付属
女性型MSなのでメカっぽいディスプレースタンドよりこちらの方が引き立つ(ような気がすごくする)
詳しくは>>ガンプラのオススメHow to
Vigna-ghina-20.jpg
その他の付属品は上記の通りです
キットのビームサーベルは2本付属します。(腰にマウントしているので写ってないですね、、)
撮影用のアクリルブロックや透明アーム、アクションスタンド、比較画像の同キットは付属しません(ごめんなさい)
ビームサーベルのピンクのブレード部分、ビームシールドは塗装済みです
ビームサーベルの塗装について詳しくは>>ガンプラのオススメHow to
DSC_0170-s.jpg
ビームシールドの塗装はこんな感じ。透明部分を生かした仕上げです
■制作途中はこんな感じ
Vigna-ghina-21-mark.jpg
各部の肉抜き穴をパテ埋めしています(オレンジ丸部分)
パテによる胸やモモのボリュームアップや、ひさしの角度変更、胴の延長といった改修は真っ先に行いました

Vigna-ghina-22.jpg
恐る恐るクロスボーンガンダムの意匠を紛れ込ませている段階
Vigna-ghina-23.jpg

腹をくくって細部を詰めている段階
ショットランサーにぐるっとブレードアンテナを植えているのは女性型MSとしては手元に華やかさがちょっと欲しいなと思ったから
IMG_0036.jpg
カラーリングを検討している段階
ラフですが色彩設計書をプリントして塗装します
カラーリングの検討方法の詳細についてはこちらを>>カラーリングの変更は急がば回れ
■劇場版ビギナギナも作った
設定通り、キット状態の劇場版デザインのビギナギナの頭部と胸部上部の部品も作成しました
Vigna-ghina-24.jpg
目のバイザー部分と頭頂部前後のセンサー部にはホログラムシートをセット
額のマークはMGクロスボーンガンダムX2Ver.Ka付属の水転写デカールです
今回各部のマーキングは仕上げ屋さんのSystemMarkingN2を中心に使用しました。
発色良くって貼りやすいいいデカールです。センス、性能、安心感があります。
仕上げ屋>>

Vigna-ghina-25.jpg
キット付属のビームライフルとビームランチャーはこちら劇場版の方が合いますね
Vigna-ghina-26.jpg
で、ド直球のお約束のポージング、ガンダムフェースじゃない方も当然撮りますよ
シンメトリーポージング、頑張りました。

Vigna-ghina-27.jpg
もうこのパッケージのポージングで撮りたい、ガンダムフェースにしたい、ショットランサー持たせたい、というモチベーションで制作していたので、もうお腹いっぱいと言いますか、やりきった感はすごいです。
元画像は言わずと知れた旧1/100ビギナギナのキット、開田裕治氏による超傑作パッケージ。
一連のMSVキットのパッケージアートと同様長年胸に刺さっておりました。
で、これで、自分なりのやり方で、またひとつ昔刺さったトゲを抜くことができたんだよ。
それにしてもこのパッケージアート、ほんとにかっこいい、、。
DSC_0160-s_2018092309265060e.jpg

いつも最後まで見ていただいて感謝です!またね。 >>mat

DSC_0187_201809241929564ac.jpg

【追記】その後梱包しました
今回もいい感じに梱包できました。スッキリ気持ちいい!
取り出したら今回の撮影のポージングで取り出せます(はずです)。
キットを買って開けるところから始まった制作ですが、完成して撮影して、パッキングして一連の制作が終わる。箱から出して同じ箱に完成品として収まるのがこの上なく面白いなーっと。
最近の梱包はこんな感じ>>最近のパッキングについて